第2話

最優秀2歳牡馬にはダイシュンブレイヴ、牝馬にはキムヨナが選出された。


肝心のナリタトッシロードはというと


クラシックへ出るためには賞金が必要なため、休まずきさらぎ賞へ出走することとなった。


雹豪「調子はどうや」


ポンコツ「手応えがありすぎるくらいですね」


雹豪「ここはさすがに勝っておかんとな。クラシックを目指すならなおさらや」


ポンコツ「馬の力は確かですよ。馬の力はね」


吉田孝一「こんにちは」


雹豪「お、オーナー。今からもう一本調教を行おうと思ってたところですが、見ていきますか」




吉田孝一「見事な走りだ。素晴らしいね」


ポンコツ「この馬のことは自分が一番よくわかっています。毎日調教につきっきりで乗っているのは自分ですから」


雹豪「なんのアピールだかしらんがこの調子だと期待できそうだな」




きさらぎ賞。


仮にもG1で3着という実績のあるナリタトッシロードは、キャリアのない周りの馬たちの中で押し出されるように一番人気に支持された。


実況「最終コーナーを回って先頭はアーネストシー!アーネストシーがまだ逃げている!ナリタトッシロードはまだ後方!淑之がゲボを吐いている!!」


淑之「うぉぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」


雹豪「レース中にゲボ吐くとかマジかよこんなことがあり得るのか」


吉田孝一「負けたら乗り代わりや」


実況「残り200をきったがまだアーネストシー!このまま逃げ切ってしまうのか!ようやくナリタトッシロードが突っ込んできた!並ぶか並ぶか並ぶか並んでわずかに交わしたところがゴールイン!人気に応えたナリタトッシロード!!」


淑之「っしゃぁ!!!!」


実況「豪快なガッツポーズは淑之!淑之にとっても初の重賞勝利となりました!」


雹豪「あの内容でよくガッツポーズできるな」


吉田孝一「これで3勝。皐月賞にでられそうだね」


雹豪「出るだけじゃ意味ないけどな。勝たないと出る意味がない」


どんどん「淑之死ねえええええ!!!!」


勝利騎手インタビュー


アナウンサー「きさらぎ賞を勝ちました、ナリタトッシロードの淑之騎手です。おめでとうございます」


淑之「当然の結果だがな」


アナウンサー「後方からの競馬。最後は見事な差しきりでした」


淑之「最後は騎手の力で勝てたかなと思いました」


アナウンサー「直線では淑之騎手がゲボを吐くアクシデントもありましたが」


淑之「ゲボは我慢しようと思ったが我慢できなかった」


アナウンサー「これでクラシックも期待できそうですね」


淑之「俺が乗るからな」


アナウンサー「淑之騎手にとっても初の重賞勝利」


淑之「これが俺の実力だ」


アナウンサー「最後にファンへメッセージ」


淑之「おい愚民ども、皐月賞はこのナリタトッシロードと淑之が勝利する。ぜひとも応援よろしうぉぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇげろげろ」


アナウンサー「ゲボを吐くな」




吉田孝一「淑之くん、君の騎乗は最低だったがさすが馬は強いね」


淑之「俺はこのあとウマズキに出るから。イケメン騎手は困るぜ」


雹豪「死んで来い」


吉田孝一「ともかく私も馬主として初の重賞。ナリタトッシロードで飾れたことは嬉しいね」


雹豪「馬の力を考えたらまだまだこれから先も重賞のチャンスはある。G1も狙える素質を持っている。だが騎手が」




その後フジテレビでは


おぎ「今日のゲストは淑之騎手!」


淑之「イケメンすぎてすいません」


やはぎ「どうですか、こじはるとまいやん」


小嶋陽菜「死ねばいいんじゃないですか」


白石麻衣「出来ればもう競馬から引退して欲しいですね」


おぎ「以上淑之騎手でした」


淑之「もう終わりかよ」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。