※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

孝女「沈清」

孝女「沈清」
韓国語 효녀 심청
ヒョニョ シムチョン
漢字表記 孝女 沈清
分類 物語
孝女「沈清」 とは、韓国の古典文学『沈清伝』に登場する主人公のこと。

沈清は盲目の父親の目を治すお金を作るために、人身御供となって海へ身を投げる。
しかし、海の深くへ沈んで行く沈清の孝行心に感動した天帝は彼女を助け、地上に戻すよう龍王に命じる。
やがて龍王に見初められた沈清は王妃となり、無事父と再会し、天帝によって父親の目も開く。

パンソリ(판소리)では、お金を作って沈清が海へ身を投げた後、そのお金を狙って父の元に悪い後妻がやって来て、お金を持って情夫と逃げてしまう、というエピソードが追加されているらしい。


登場

  • 第2話
の借金のせいで政略結婚をすることになったチェギョンが、自分の境遇を「沈清」に例える。