※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

撃毬

撃毬
韓国語 격구
キョック
漢字表記 撃毬
分類 スポーツ
撃毬(キョック) とは、朝鮮半島に古くから伝わるスポーツ。
馬に乗って、毬杖(구장=クヂャン)という杖の先についているスプーン状の部分で毬(구=ク)を掬い上げ、毬門(구문=クムン)というゲートに入れれば得点が入る。
いわゆる“ポロ”の様なもので、騎馬撃毬とも言う。
朝鮮時代には武官の登用試験の科目にもなっていたらしい。

「宮」では撃棒と共に、宮中競技として登場する。


登場

  • 第6話
約束していた、と呼びに来たユルシンが教えていた。
  • 第8話
撃毬をしていた二人が落馬するという事件が起こった。


Trivia

撃毬シーンの撮影が行われた場所は、慶熙宮(キョンヒグン)。
朝鮮時代後期には「西殿」と呼ばれ、王室の離宮として使用されていた。