※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドゥイノの悲歌

ドゥイノの悲歌
韓国語
原題 Duineser Elegien
分類 書籍
ドゥイノの悲歌 』とは、オーストリアの詩人、リルケ(Rainer Maria Rilke)の詩集。
リルケが晩年に書いた代表作。
10編の悲歌(エレジー)からなる詩集で、完成までに10年もの歳月が費やされた。

Wer, wenn ich schriee, hörte mich denn aus der Engel Ordnungen?

ああ、たとえ私が叫ぼうとも、天使の序列の誰がそれを聞いてくれよう?

 -第1歌 冒頭-


Werbung nicht mehr, nicht Werbung, entwachsene Stimme,sei deines Schreies Natur;

もはや求愛ではない,求愛ではなくとも,それを超えて沸き起こる声,これこそお前の叫びの本性であれ;

 -第7歌 冒頭-


登場

  • 第19話
シンは、茗禪堂にあったこの本から父イ・ヒョンファヨンに宛てたラブレターを見つけた。