※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は,
  1. リスケールしたaspectのデータの色の変更
  2. マスクのかけ方はずし方
  3. データの情報の見方
をします.

まず,Q-GISを起動させて,前回セーブしたプロジェクトを開いてください.
「Open mapset」をクリックし,自分のマップセットを選択してください.

1. GRASSのファイル構造について

Windowsでc:\GRASSを開いてください.
GRASSのフォルダは
ロケーション>マップセット>ラスターやベクター
の順にできます.
データベース ロケーション マップセット ラスターベクターなど
GRASS
Data
Mie
PERMANENT
mapset
.tmp
cats
cell
cell_misc
cellhd
colr
dbf
fcell
hist
vecter
では,c:\GRASS\Mie\mapset\colrを開いてください

フォルダcolrにはラスターデータの色が記入されています.
これを変更して,データの色を変えてみましょう.

2. フォルダ表示のカスタマイズ

初期状態では,ファイルの拡張子が表示しないようになっています.
この状態では,どんなデータを作ったのか確認することが難しいので,全ての拡張子を表示するように変えます.
  1. 今開いているフォルダのツールバーにある「ツール」をクリック
  2. 「フォルダオプション」をクリック
  3. 「表示」をクリック
  4. 詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずす
これで,拡張子が見れるようになります.

3. 色の変更の仕方

  1. 「Add GRASS raster layer」をクリックし,「aspect_north」を開いてください.
    初めの状態では,モノクロになっていると思います.
  2. 凡例に「aspect_north」以外のレイヤーを削除してください
    削除の仕方:右クリック>削除をクリック
    削除は画面に表示させないと言う意味なので,データが消えることはありません.
  3. メモ帳を開いて,下のように記入してください
    % 1 1
    1:255:255:0 1:255:255:0
  4. 記入したら,フォルダ「colr」に「aspect_north」の名前で保存してください
    ここで注意! 「aspect_north」の拡張子(.txtとか)は付けません.
    メモ帳を使っている場合は,名前を付けて保存するときに,ファイルの種類を「テキスト文章(.txt)」から 「全てのファイル」 に変更すると,自分で拡張子を付けることができます.
  5. Q-GISに戻って,色が変わっているかどうかを確認してください.
    黄色に変更していればOKです.

4. 色データ「aspect_north」の意味

先ほど作成した色データ「aspect_north」の意味について説明します.
まず,1行目についてです.
% 1 1
UNIXの世界では,多くの場合,「%」は「これ以降の文字はコメントです」と言う意味を持っています.
コメントはコンピュータに無視されるので,主に人間のメモ書きのために使われます.
「%」の後の「1 1」はラスターの値が1~1であると言うこと,つまり,ラスターマップ「aspect_north」の値は「1」しかないと言う意味です.

続いて,2行目についてです.
1:255:255:0 1:255:255:0
まず,スペースを挟んだ左側と右側に分けて見ましょう.
それぞれの一番左がラスターデータの値です.
コロン(:)の後の3つの数字(255:255:0)は色を示しています.
この色はそれぞれRGBに対応しています.

今回の場合はデータの値が「1」なので分かり難いので,データが「1~5」という例を挙げます.
例えば,
1:255:255:0 5:255:255:0
となっている場合,「データの1~5は黄色で塗りなさい」という意味になります.
また,
1:255:255:0 5:0:255:0
となっている場合は,「データの1~5を黄色から緑のグラデーションで塗りなさい」という意味になります.
参照:Wikipedia

では,色データ「aspect_north」と同じようにして,「aspect_west」,「aspect_south」,「aspect_east」についても色を変えてみましょう.
データ名 R G B
aspect_north 255 255 0
aspect_west 0 0 255
aspect_south 0 255 0
aspect_east 255 0 0
4つのラスターマップを重ねて表示させると,下のような絵になります.

5. マスクを作る

「Add GRASS raster layer」をクリックし,「dem」を開いてください.
「dem」は標高のデータですが,海の深さは計測されておらず0となっています.
また,解析によっては陸の部分だけを行う場合,海の部分が必要ありません.
そこで,ここでは陸の部分のデータだけを取り出して解析をしていくことにします.
そのように,ある部分を見ないようにすると言うことを「マスクをかける」と言います.
今回は,海の部分に「マスクをかける」ことにします.
  1. 「GRASS Tools」の「r.mask」をクリック
  2. 「Raster map to use as MASK」に「dem」を選択
  3. 「Category values to use for MASK」に
    1 thru 3000
    と入力
  4. 実行をクリック
これで,マスクをかけることができました.
海の部分が白く表示されていればOKです.
新しく,「MASK」というラスターマップができます.
マスクをはずす場合は,ラスターデータ「MASK」を削除するか名前を変更してください.

6. 作成したデータの確認

今まで作成したラスターマップやベクターデータにはどんなものがあるのか確認してみましょう.
  1. 「GRASS Tools」の「GRASS shell」をクリック
  2. g.list rast
    と入力
    このコマンドは「ラスターデータを表示しなさい」と言う意味です.
では,先ほど作成した「MASK」を削除してみましょう
  1. g.remove MASK
    すると,「dem」の海の部分が青色に戻ったと思います.

再び,海の部分にマスクをかけます.
そのために,「dem」のきちんとしたデータを見てみましょう
まず,「GRASS shell」で
r.info dem
と入力します.
すると,下のように詳細な「dem」の情報が表示されます.

ここで,データのN(North)やS(South)の情報を見てみると,少しずれているのがわかります.
これは,ラスターのセルとデータの位置の問題なのです.
セルは大きさを持っています.
この場合,解像度が縦横1秒なので,縦横の長さが1秒の正方形だと考えます.
しかし,実際のデータがあるのはセルの中央です.
つまり,データはロケーションの端っこから縦横0.5秒ずつずれているということになります.
だから,北が北緯35度0.5秒から,南が北緯33度59分59.5秒までになっているのです.

位置情報の下に,「Range of data」の欄があります.
Range of data: min=0 max=1676
このminとmaxが「dem」のデータの値の最小値と最大値を示しています.
つまり,このあたりでは標高0m~1676mまでであるということがわかります.

今回はここで終わります.
皆さんお疲れ様でした^^

名前:
コメント: