※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データの取り込み

1.データの取得

今回新しく使用するデータが2008-01-24にUPされていますので,ダウンロードしてください.
また,同じ名前のデータなどもありますので,これを期にデータの整理もしておいた方が良いと思います.
Networkというフォルダを新規作成してそこに今日のデータを格納してください.

2.ロケーションの作成

今回は新しくNetworkというロケーションを作成します.

まず,[New Mapset]をクリックし,Create new locationを選択,名前を[Network]として入力してください.
続いて,投影法を選択します.
真ん中にある[Project Coordinate System]の左にある+マークをクリックします.
続いて,[Tranverse Mercator]の中にある[Tokyo / Japan Plane Rectangular CS VI]を選択し,NEXTをクリックしてください.

すると,コーディネートの選択画面が出てきますので,そこに東西南北の座標値を入力します.
N:-197150
S:-198650
W:36600
E:37600
NEXTをクリックしたら,続いてマップセット名(自分のユーザー名です)を入力しFinish!

以上でロケーションの設定は終わりです.

3.シェイプファイルの取り込み

GRASS Tools>GRASS shell
まず,[cd]を使って,データの保存したディレクトリを選択します.
私の場合はドライブCの[GRASS\Data\Network]にデータを収納していますので,
c:\GRASS\Data\Network
と入力します.

続いて[v.in.ogr]でデータを取り込みます.
v.in.ogr -o dsn=. layer=road out=road
v.in.ogr -o dsn=. layer=house out=house
v.in.ogr -o dsn=. layer=coast out=coast
v.in.ogr -o dsn=. layer=evac out=evac

データの入力が終わったら表示させてみましょう.
[Add GRASS vecter layer]をクリックして表示させてください.

ネットワーク解析

1.避難所と道路をつなぐ

ネットワーク解析をするために,道路と避難所をつなぐ必要があります.
道路と避難所がつながってないと,解析ができないからです.


まず,どの避難所が何番の避難所であるのかを見てみましょう.
凡例の[evac]を右クリックして,プロパティを開き,ラベルを表示させてみましょう.
どうやら番号は下の方から順に振られているようです.

道路と避難所をつなぐために,この2つのレイヤーを1つのレイヤーにします(現在の状態は[evac],[road]という2つのレイヤーに分かれています).

まず,避難所のレイヤーのコピーを作成します.
v.category evac out=evac2 layer=2 op=add

作成したevac2には2つのレイヤーがあります(layer=2なので).
しかし,カテゴリー番号は1つ目のレイヤーにしかコピーされていません.
そこで,2つ目のレイヤーにもカテゴリー番号をコピーします.
v.category evac2 layer=1,2 op=print
#ref error : ファイルが見つかりません (cp_category.jpg)
では,roadとevac2を1つのレイヤーにします.
v.patch in=road,evac2 out=road_evac
一度表示させてみましょう.
[Add GRASS vecter layer]でroad_evacを選択します.
このとき,レイヤが3つあることを確認してください.
これは,
layer
road 1
house 1
coast 1
evac 1
evac2 1 2

ところで,ここで一度,エクスプローラを使ってドライブCにあるGRASS\Network\vecter\dbfを見てましょう.
実は,先程作ったroad_evacはdbfに名前がありません.
これから行っていく解析にはデータベースが必要なので,v.db.connectを使ってデータベースをつなぎます.
v.db.connect road_evac table=road layer=1 key=cat
v.db.connect road_evac table=evac2 layer=2 key=cat

今日はこれでおしまいです。