※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出雲川水系の流域解析を行う

まず最初に左側一番上のアイコンをクリックし、
Gisbase C:GRASS
位置 Mie_central_plane
Mapset 自分の名前
となっているかどうかを確認し、「了解」をクリック。
次にslopeとaspectの地図を表示させる。
(10月16日の授業Wiki-2008-10-16:Q-GISで三重県の地図を作る参照)

範囲を表示する

出雲川水系の範囲を表示させる。
左側一番下のアイコンをクリックして、
N -134000
W 17000 E 50000
S -173000
と設定し、幅も2を選択して「了解」をクリック。
(枠の色は自分の好きな色に設定できる)
左側下から2番目のアイコンをクリックすると先ほど指定した範囲が表示される。

流域解析の地図を作成

左側下から3番目のアイコンをクリックしてGrassShellを開いて、下のコマンドーを入力する。

r.watershed el=dem thresh=10000 accum=accum_10k drain=drain_10k basin=basin_10k stream=streams

+ エラーが出る場合

これらの作成した地図を表示するには、左側上から5番目のアイコンをクリックし、地図名のbasin_10k,drain_10k,stream,accum_10kを選択し「了解」をクリックする。
basin_10kは透明度を50%にすると見やすい。

streamsの地図を見やすくする

streamsの地図は地図上に表示されていない部分が多い。
accum_10kの地図を用いて、ある値より大きければ表示され、小さい場合は表示されない地図を作成する。
GrassShellを開いて以下のコマンドーを入力する。

r.mapcalc (q)stream_dtl=if(abs(accum_10k)>100,1,null())(q)
(q)はWikiの仕様上表示されなかった記号(ダブルクォーテーションマーク)です。
shiftと7の同時押しを2回入力するか、shiftと2の同時押しを1回入力してください。

この地図も今までと同様に、左側上から5番目のアイコンをクリックして地図名をstream_dtlを選択して「了解」をクリックすると表示される。


名前:
コメント: