※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地図に線情報を加える



今回もUSBでデータを配りました.
欲しい方は環境解析学研究室まで.


線情報の挿入

  1. まずUSBから取ってきたファイルを全て解凍してください.
  2. 次にQGISで[new_tsu]を開いて、解凍したシェープファイルの鉄道・海岸線・河川をドラッグしてレイヤまで持って行ってください.
  3. 属性テーブルを開くとデータの内容を見ることができます.
  4. この作業については、今回はひとまずここまでです.


POIのアイコンを増やす

  1. 前回出した点情報のマークのアイコンを増やしましょう.
  2. アイコンは前回のwikiにも書いてありますが、「レイヤプロパティ」→「シンボル」→「点シンボル」で変更できます.
  3. アイコンを増やすには、先程解凍した[svg_ICON]を使用します.
  4. 「設定」→「オプション」→「レンダリング&SVG」→「SVGパス」→「追加」を押す.
  5. [svg_ICON]を選択してOKボタンを押す.
  6. OKを押したら一旦保存して、QGISを終了します.
  7. もう一度QGISを立ち上げ、[new_tsu]を起動させてください.
  8. そうすると、「高齢者」の「点シンボル」に13個の新たなアイコン(地図記号)が表示されています.
今回はこれで終了です、お疲れ様でした