※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

避難所のデータ(CSVファイル)と道路のデータ(平面直角座標系)を用いる


避難所.csvと道路.zipをダウンロードする

授業中に津市内の避難所のデータ(避難所.csv)と道路のデータ(道路.zip)を配布しました。今回はそれを使って解析していきます。
ここで出て来るCSVとは、comma separated valueの略称で、コンマ(,)で区切られたデータのことです。

CSVファイルをQGISで表示する

  1. 上方のメニューの「レイヤ」をクリックする。
  2. 「デリミティッドテキストレイヤの追加」を選択する。
  3. 上の方にある、ファイル名の欄の「参照」をクリックして、「避難所.csv」を選択する。
  4. 「選択されたデリミタ」で「カンマ」にチェックを入れる。
  5. Xフィールドが「Longitude」、Yフィールドが「Latitude」になっていることを確認する。
  6. OKをクリックすると避難所.csvが地図上に示される。

道路の表示

  1. 道路.zipを解凍する。
  2. QGISに戻り、ベクタレイヤの追加をクリックする。
  3. 「ブラウズ」をクリックし、「道路」のフォルダ内の道路_面.shpを開く。
上記の作業では、「道路_面」は地図上に表示されません。なぜでしょう。
それは、座標系が関係しています。「道路_面」以外のデータは緯度経度座標系で示されています。それに対して、「道路_面」は平面直角座標系が用いられています。この座標系の違いにより、「道路_面」が表示されません。
では、「道路_面」の表示は諦めなければならないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。QGISには、座標系の異なるデータを表示する機能がちゃんと備わっています。次の方法を採ると、緯度経度座標系の地図上に平面直角座標系のデータを表示することができます。
  1. 上方メニューの「設定」から「プロジェクトのプロパティ」を選択する。
  2. 「座標参照系(CRS)」のタブを選択する。
  3. もしくは、画面の一番右下にあるをクリックすると同様の画面が現れる。
  4. 「'オンザフライ'CRS変換を有効にする」のチェックボックスにチェックする。
  5. JGD2000の座標系を選択する。
  6. OKをクリックする。
  7. QGISの左の方の、レイヤパネル中の道路_面をダブルクリックし、レイヤプロパティを出す。
  8. 「一般情報」のタブをクリックする。
  9. をクリックする。
  10. JGD2000 / Japan Plane Rectangular CS VIを選択する(平面直角座標系を選択する)。
  11. OKをクリックする。
  12. 道路が表示される。

この状態でQGISを保存する。名前は「20111117.qgs」にしました。

今日はここまでです。お疲れ様でした。