20090628w

貯水タンク

約76リットルの容量がある、段ボール箱式貯水タンクの風呂場テストを行いました。

底上げ用の発泡スチロールの土台。

最初は調子よかったのですが、水を2/3くらい入れた時点でこんな膨らみ。

半分くらいがいいところかもしれません(35リットル程度)。
それ以上では段ボール箱が変形、崩壊する可能性があります。
そもそも、縦長の段ボール箱っていう選択が間違いですね。

全システムの概要。
(いい大人が何やってるんだか・・・)

ホースの最高点を約100cmに設置し、流水量を計測してみた。

45秒で3リットル。つまり、4リットル/分。

ダイオードが熱い!

給水ポンプの電源に使用しているダイオードが触れないくらい熱くなっていた。規格不明品を使って、しかも流れている電流も不明、っていういい加減な状況。このダイオードが壊れると、自動給水システムが止まってしまうので、実はかなり重要な部品だったりする。信頼性を上げねば。。

サブタンク

早速、別の段ボール箱を用意して実験。

これは箱が丈夫で、中は二重になっている。
(しかも名前が「サーバ」なんてしゃれている)
寸法:37x52x20=28リットル

給水したところ、水漏れが!!

段ボール箱の底にある金具が120リットルのゴミ袋に穴を空けてしまったようです。。

この箱は使えそうなので、これとあともう一つ用意し、

35+35+35=105リットル体制でいこうかと思います。

まとめ

  • ポンプの給水量は4リットル/分を目安にする。
  • 貯水タンクは複数に分け、なるべく横広の箱を使用する。
  • 段ボール箱の底には注意!
  • 給水ポンプの電源のダイオードが触れないくらい熱い!代替の部品を探す必要有り。





end
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。