東三郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第27話に登場。野口ジム所属のキックボクサー。同じジムに沢村忠?も所属している。
 故郷・松本市に母親のキヨを残している。

 キックボクサーとしては限界を感じる歳にになり、最後の試合に向けて練習を続けていたところ、ランニング中にと出会う。そして、偶然、郷がウルトラキックを使うところを目撃し、郷に頼み込んで特訓を受ける。
 毎朝通勤時に出会う名も知らない女性に恋心を抱き、最後の試合に勝った時にプロポーズすると決めていたが、その女性アキに恋人がいることを知って、一時は意気消沈するも郷の励ましで再び試合に臨む。
 しかし、アキの恋人が郷であることを知った時、郷に対する意地からウルトラキックを封印して試合に臨み敗北した。

 郷にはウルトラキックを使わなかった理由を語らず、世話になった礼だけ述べて「あばよ」と去っていった。