コダイゴン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

43話「魔神 月に咆える?」に登場。

別名:魔神怪獣
身長:50m
体重:38000t
出身地:蓮根湖
弱点:グロテス星人の死亡と共に元の御神体に戻る

 伊吹隊長を暗殺する目的で蓮根湖畔の村に潜入していたグロテス星人が、神社の御神体を巨大化させたもの。
 低温で湖面に大きなひび割れができる「御神渡り」現象に乗っかって、氷の下から出現した。
 御神体のままの鎧武者の姿で、腰の宝剣と両腕から放つ高熱火炎を武器にしている。
 グロテス星人の盾になってウルトラマンと戦うが、グロテス星人が倒されると、元の御神体に戻った。
 神社に戻った御神体は、怪獣として利用されていたことを恥じるように、後ろ向きになっていた。

 『ウルトラマンメビウス?』12話において、コダイゴンを怪獣化させていた超物質グロテスセルの存在が明らかになり、それを吸収した恵比寿像がコダイゴンジアザーになる事件が発生している。


添付ファイル