ムルチ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

33話「怪獣使いと少年
ウルトラマンA
7話「怪獣対超獣対宇宙人」
8話「太陽の命! エースの命!」に登場。

別名:巨大魚怪獣
身長:48m
体重:10000t
出身地:多摩川流域
弱点:スペシウム光線

 多摩川の河原に突如出現した怪獣。環境汚染による魚の突然変異体との設定があるが、劇中では描かれなかった。
 メイツ星人が地球人少年・佐久間良を助けるために、念動力で地底に封印していた。
 しかし、メイツ星人が地球人に殺害されたために、念動力が消えて活動を再開した。
 メイツ星人の怨念が乗り移ったかのように、口から赤色破壊光線を吐いて町を破壊して暴れ回った。
 最期はウルトラマンとの格闘戦の末に、炎の中にたたき込まれたところを、とどめのスペシウム光線で絶命した。

 『ウルトラマンA』7話で同族が突如地中から出現し、メトロン星人Jr.、超獣ドラゴリーと共にAを攻撃した。しかし、8話冒頭で戦闘中にドラゴリーに衝突し、逆上したドラゴリーの怪力で、バラバラに引き裂かれてしまった。

 『ウルトラマンメビウス』32話では、同族がメイツ星人に改造されたゾアムルチが登場し、メビウスに倒されている。