怪獣使いと少年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放映No.33

脚本 上原正三
監督 東條昭平?
特殊技術 大木淳?

巨大魚怪獣 ムルチ
宇宙調査員 メイツ星人 登場

放映年月日 1971年11月19日

視聴率 24.0%

内容
 『帰ってきたウルトラマン』全51話中最大の異色作であり話題作。
 地球調査のために来訪し地球人少年・佐久間良と共に暮らしていたメイツ星人が、地球の市民から迫害を受けて殺され、ウルトラマンはその悲劇に対して全く無力であるという絶望的なストーリー。
 メイツ星人と少年が迫害される様子のリアルな映像や、郷と伊吹隊長以外のMAT隊員たちが声のみでしか出演していないなどの異色の演出が、ファンに衝撃を与え多くの話題を提供した。