メイツ星人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

別名:宇宙調査員
身長:2.1メートル
体重:68キログラム
地球名:金山十郎(演:植村謙次郎)

 地球を調査のために訪れた宇宙人で侵略意図はない。
 人間型宇宙人であるが、その風貌は地球人とは大きく異なっている。(撮影時はゼラン星人?のマスクを流用)
 宇宙船を多摩川沿いの地底に隠し、地球環境の調査に当たっていた。
 強力な念動力を持ち、怪獣ムルチに襲われてた少年・佐久間良を、ムルチを地底に念動力で封印することにより救っている。

 地球人・金山十郎に変身し、良とともに河原の廃屋で暮らしていたが、汚染された地球の大気のため体を壊していた。
 自分に代わって宇宙船を発掘していた良の行動は住民の疑惑を招き、その良を金山が超能力で守っていたことが、住民の疑惑をさらに深めることになる。

 事情を把握したMATは金山と良を保護しようとするが、良を宇宙侵略者と誤解した住民が廃屋を襲撃し、金山はパニックに陥った警官によって射殺された。金山の死によって、封印の解けたムルチが復活し、皮肉にも町に大きな被害をもたらした。

 『ウルトラマンメビウス?』で、息子・ビオが父の復讐のために地球を訪れている。