タッコング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1話「怪獣総進撃
2話「タッコング大逆襲
映画「ウルトラマン物語?」に登場

別名:オイル怪獣
身長:45m
体重:23000t
出現地:東京湾隅田川河口付近
弱点:スペシウム光線


 世界的な異常気象と地殻変動のために復活した怪獣たちの中で、最初にウルトラマンと対戦した。
 全身にタコのような吸盤を持つ球状の姿が特徴。
 石油を主食としていて、炎を吐く設定もあったが、劇中では確認されていない。全身を使った突進、金属製のオイルパイプを噛み破る牙、口から吐くオイルなどが戦力である。

 隅田川河口付近からザザーンと共に出現し、戦い合いながら勝鬨橋や江東区湾岸の町を破壊して回った。突進攻撃でザザーンを倒すが、突然謎の光を受けて全身に小爆発を起こし、海中へ逃亡した。
 実は、この光は地球に来たばかりで透明化していたウルトラマンのスペシウム光線で、この後ウルトラマンはタッコングの犠牲になった郷秀樹と合体することになる。

 その後、再び東京湾海底に出現する。この時には、2隻のマットサブの攻撃を受けそうになるが、郷秀樹の無謀な攻撃で挟撃作戦は失敗し、手負いのまま海上オイルプラントや湾岸の石油コンビナートを荒らして回った。
 炎上する石油コンビナートでウルトラマンと対戦し、口から吐くオイルでウルトラマンを牽制するが、右腕をもがれて逃亡しようとしたところをスペシウム光線の直撃を受け大爆発した。

 この戦いの記録映像は、映画「ウルトラマン物語」で、ウルトラマンタロウが炎の中での戦いを学ぶためのシミュレーション映像として使用された。