岸田文夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 MAT隊員No.3。
 旧日本軍の技術士官を父に、地球防衛庁の岸田長官を叔父に持つ軍人家庭の出身で、任務と規律に忠実なタカ派のエリート隊員。
 と並ぶ射撃の名手である。
 技術者の一面もあり、新兵器や新型レーダーの開発にも手腕を発揮する。

 自分にも他人にも常に厳しい態度で接するため誤解されやすいが、根は繊細な神経を持つ好青年である。
 その常識的な自信ゆえに怪獣事件については判断を誤る場合もあったが、表面上はその自信が揺らぐことはなかった。

 その性格ゆえに郷との対立も多かったが、亡父と因縁のある毒ガス怪獣モグネズンとの戦い(11話)をきっかけに次第に打ち解けていった。その後は戦いの中で人間的成長を遂げ、人間らしいユーモラスな一面も見せるようになる。
 44話ではケンタウルス星人・あかねと恋に落ちるが悲しい結末を迎えている。
 家庭では母・清子?と二人暮しで、兄が一人いたが亡父が日本軍の毒ガス製造に関与したスキャンダルを苦に自殺している。

 初期設定では大工の息子で、その職人気質が頑固さにつながっているとされていたが、変更されている。趣味は釣りで好物はコーヒーだが、劇中には残念ながら描写がない。(主役話 11話、28話、44話)