怪獣総進撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放映No.1

脚本 上原正三
監督 本多猪四郎?
特殊技術 高野宏一?

オイル怪獣 タッコング
ヘドロ怪獣 ザザーン
凶暴怪獣  アーストロン 登場

放映年月日 1971年4月2日


内容
 本作の第1話であり、新生ウルトラシリーズの記念すべき第一歩である。
 正味20分余りのドラマに、怪獣の復活とウルトラマンの誕生、郷秀樹と彼を取り巻く人々の紹介が過不足なく織り込まれている。
 また、実在する勝鬨橋?近辺をリアルなミニチュアセットと人間目線のカメラワーク、そして本編との連携にドキュメンタリー風に描いた前半は、「怪獣が実在する日常」という旧作には希薄だった新たな世界観を表現している。そして、郷秀樹の死と再生を経て展開された朝霧火山麓での決戦は、MATの活躍、そしてウルトラマン対怪獣というウルトラシリーズ本来のクライマックスをスタンダードに描いて、ウルトラ本来の魅力をアピールしている。

 ウルトラマンの登場について誰も語ることがなく、このヒーローが初代ウルトラマンが帰ってきたのかどうか説明を濁している点が、その後のシリーズに功罪両面での影響を与えているが、シリーズの復活と新作の魅力を十全にアピールした秀作であることは間違いない。


添付ファイル