岸田長官


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 5話、6話、14話に登場。
 MAT日本支部に対して指揮権を持つ地球防衛庁の責任者。
 岸田隊員の叔父でもある。
 MATに対しては高圧的な態度で臨み、MN爆弾作戦やスパイナー作戦など周囲へのリスクが高い作戦を採用する傾向がある。また、MAT本来の使命よりも組織の対面を重視するような言動も見られる。そのため、MATのメンバーからはあまり良い印象を持たれていない。

 しかし、グドンツインテールとの戦いでは最終的にMATの熱心な提案を認めて麻酔弾作戦を採用し、シーモンスシーゴラスとの戦いでは東京都民の立場に言及してMATを叱咤するなど、MATの使命を理解している一面も垣間見せている。