ウルトラQ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 1966年1月2日から7月3日まで、全27話(当時1本未放映のため、現在では全28話)放映された円谷プロダクション制作の空想特撮ドラマ。
 星川航空のセスナ機パイロットでSF作家でもある万城目淳(佐原健二)、その助手の戸川一平(西条康彦)、新聞記者の江戸川由利子(桜井浩子)の三人が、取材先で超常現象や怪獣に遭遇するというストーリーである。
 当初は怪獣にこだわらないSFアンソロジー形式のドラマとして制作が開始されたが、初期に怪獣路線へと変更され、人間が持てる知恵で怪獣に立ち向かうという基本線が確立した。また、制作初期にはレギュラーであった一の谷博士は、演じる江川宇礼雄がスポンサーの同業他社のCMに出演するために降板し、その点も番組の雰囲気に影響している。
 しかし、ほぼ全話の制作が終了してから放映ローテーションを組んで放送されたため、中途の路線変更を感じさせることなく、怪獣事件あり、超常現象ありのバラエティに富んだシリーズになっている。

 怪獣映画を毎週連作でテレビ放映したことは好評を博し、平均視聴率が30%を超えるヒット作となった。
 本作の成功に基づいて、続編の「ウルトラマン」が企画され、本作はウルトラシリーズの第1作としてその名を残すことになる。

二度にわたって地球を襲った
遊星人のロボット怪獣 ガラモン
添付ファイル