坂田自動車修理工場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 郷秀樹MAT入隊前に勤務していた自動車修理工場。

 海に近い下町にあり、坂田家の住居を兼ねている。

 事務所と作業場があるだけの小さな工場で、裏手の埋め立て地に古タイヤなどが置かれている。
 郷が退社してからは坂田健一人で切り回しているが、その後も郷がしばしば訪れて、本業の傍らでレーシングカー流星2号の組み立てを行っている。

 本業についての描写は少ないが、坂田健が忙しそうに作業しているシーンが散見され、MATからマットビハイクルに装着するスタビライザーの製作を依頼されていることなどから、技術的な信頼は得ていると思われる。
 また、自動車修理だけではなく、34話では水野一郎から研究機材を支えるスタンドの製作を依頼され、数時間で完成させている。

 郷をレーサーとして、自動車レース出場を目指していたが、37話で坂田がナックル星人に暗殺されて以降、閉鎖されたか人手に渡ったものと思われる。

 制作上、工場のシーンは世田谷区内の塗装工場で撮影され、近所のシーンのロケは世田谷区内、佃島、新宿などで行うことにより、東京全体を象徴する場所として演出されている。そのため、設定上はこの工場周辺で事件が発生することが多い。

坂田自動車修理工場跡(2000年撮影 画像処理を行っております)











添付ファイル