上原正三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 脚本家
 1937年2月6日生まれ 沖縄県出身

 1964年、沖縄のローカル番組『郷土劇場』中のドラマ「しみるするぬーが」で脚本家デビュー。
 金城哲夫を手伝うため円谷プロダクションに入社し、『ウルトラQ』「宇宙指令M774」で全国デビューした。
 その後、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』など円谷プロ作品を手がけ、1969年にフリーになる。

 1971年に『帰ってきたウルトラマン』のメインライターを務め、第1話より主要なエピソードを執筆する。
ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』にも参加するが、その後は東映作品に活躍の場を移し、戦隊シリーズやメタルヒーローシリーズの主力を担った。

 子ども番組から大人向け番組に移行する脚本家が多い中、子ども番組にこだわりアニメ、特撮を問わず多くの番組を手がけた。