ウルトラマン夕陽に死す


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放映No.37

脚本 上原正三
監督 富田義治?
特殊技術 大木淳?

用心棒怪獣 ブラックキング
暗殺宇宙人 ナックル星人
竜巻怪獣  シーゴラス
宇宙大怪獣 ベムスター 登場

放映年月日 1971年12月17日

内容
 本シリーズ最大のクライマックスになった2部作の前編。
 地球侵略を狙うナックル星人によるウルトラマン暗殺計画を主軸に、再生怪獣の登場、強豪怪獣ブラックキングの挑戦、そして坂田健アキの暗殺と盛り沢山の要素が詰め込まれている。坂田兄妹の殺害については、その生々しい殺害描写や、第1話以来の郷秀樹の成長ドラマを悲劇で終わらせたこと等、シリーズ全体への影響が大きくファンの間でも賛否両論がある。
 坂田兄妹を奪われた郷は、ビルから飛び降りることで無理に変身し、ブラックキングとナックル星人に挑む。しかし、怒りで冷静さを欠いたウルトラマンと、再生怪獣の戦いで得られたデータを元に対ウルトラマン用に訓練されたブラックキングでは勝負にならず、惨敗したウルトラマンがナックル星に運ばれるショッキングなシーンで物語は後編に続くことになる。