松本三郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 16話「大怪鳥テロチルスの謎」
 17話「怪鳥テロチルス・東京大空爆」に登場
 演者は石橋正次

 アキの友人小野由起子の幼なじみで元恋人。
 由起子と共に秋田県から上京し働いていたが、由起子が経営者の息子横川浩と婚約したことから自暴自棄になり、由起子と浩が乗るヨットを爆破しようとして逮捕される。しかし、ヨットは爆弾の爆発前にテロチルスに破壊されていたことが、後に判明した。
 浩と由起子の生存を知って、自分の潔白を主張し警察から脱走した。
 テロチルスの毒ガスで失明していた由起子を拉致してオートバイで逃亡し、そのテロチルスが巣を作っていたマンションの一室に立て籠もる。
 由起子の気持ちが自分に戻ったことから自首を決意するが、警官の発砲によって重傷を負ってしまう。そして、暴れ出したテロチルスから由起子を救うため手持ちのダイナマイトで奮戦し、事件解決後に由起子の無事を見届けて息を引き取った。

 水中からアクアラングを用いてのヨット爆破、オートバイによる警官隊からの逃亡、ダイナマイトでのテロチルスとの戦いなど、高い能力を見せつけており、道を誤らなければと惜しまれる。

 演じる石橋正次は、本作出演の頃から人気が上昇し、翌年『飛び出せ青春』でブレーク。'73年には『アイアンキング』で主人公・静弦太郎を演じている。