大怪鳥テロチルスの謎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放映No.16

脚本 上原正三
監督 山際永三?
特殊技術 高野宏一?

始祖怪鳥テロチルス登場

放映年月日 1971年7月16日

内容
 怪獣事件に、本来怪獣とは無関係な大人同士の愛憎劇を加えた本作ならではの力作前後編。
 都会の生活に挫折した青年が、富豪と婚約した元恋人を恨んで起こした爆弾事件が、偶然飛来したテロチルスによって複雑化した。
 ドラマ前半は、東映映画や『特別機動捜査隊』などで刑事役を多く演じた南川直を刑事役に迎え、通常の犯罪ドラマに近いテイストで演出されている。
 また、他人(特に女性)の心情に疎いというの設定が前面に出て、郷、アキ由起子の関係を揺さぶることによりドラマを進めている。
 その一方で、様々な手がかりからテロチルスの謎に迫っていく郷とMATの捜査や、超生物として描かれるテロチルスの生態など、怪獣ドラマとしての基本もしっかりとおさえられている。
 火山島におけるウルトラマンとテロチルスの緊迫した戦いのまま、物語は後編へ続いていく。