ウルトラファイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 1970年9月28日から1971年9月24日まで、放映された円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。毎週月曜日から金曜日の午後5時30分から放映された5分間の帯番組である。

 円谷プロの主だった番組制作が途絶える中、廉価な制作費での制作を目指して、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の映像や怪獣スーツを利用した番組だった。当初は『ウルトラセブン』から流用したセブンの戦闘シーンに、アナウンサーの山田二郎が実況風ナレーションを加えた名場面集であったが、流用できる映像が見込みより少なかったため、途中から在庫の怪獣スーツを利用した新規撮影も行われるようになった。初期に『ウルトラマン』の映像が放映されなかったのは、当時『ウルトラマン』の放映権がTBSからフジテレビに移っていたためと思われるが、公式には語られていない。

 新規撮影は、特撮らしい特撮を使わず、セブンを中心にバルタン、ウー、テレスドン、エレキング、イカルスなどの怪獣たちが登場し、造成地や海岸で行う格闘に実況風ナレーションを加えるだけのものであった。しかし、過去の番組では見られなかった怪獣たちの共演と対決は人気を得た。
 番組途中からは『ウルトラマン』の映像も解禁になり、新規撮影も格闘のみではなくコミカルな寸劇が加えられるようになった。

 当時は「出がらし商法」と報道されたように、過去の番組の映像や怪獣スーツを利用したリサイクル番組ではあったが、本作のヒットが怪獣人気を再燃させるきっかけになったことは間違いなく、『帰ってきたウルトラマン』制作決定の追い風にもなっていた。

 本作の新作パートに登場する怪獣たちは、アトラクション用であったり経年劣化が目立ったりして、過去のドラマに登場したものとはイメージが異なっている。しかし、本作の人気故に別物としての愛着を寄せるファンも多く、DVD発売時には本作での姿の怪獣たちが特典のフィギュアとして添付された。

 本作に登場するテレスドンは、劣化のために大きく変形している。『帰ってきたウルトラマン』にも登場する予定であったが、変形が著しいため、若干の改造が行われデットンとして第3話に登場した。

怪獣倉庫で休むテレスドン


添付ファイル