5月20日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出欠席管理システム

【改善案】
  • 講義開始前に教員が携帯もしくはPCでシステムにログインして、チェックボックス等に出席か欠席にチェックをつける。
  • 入力したデータは一週間ほど仮登録しておいて、変更がなければ本登録する。

【ユースケース図】
【ユースケース記述】
ユースケース名 出欠をつける
概要 講義開始時に呼び出される
アクター 生徒、教員
メインフロー 1.教員はシステムにログインする
2.システムは生徒のリストを返す
3.教員は生徒の名前を読み上げる
4.生徒は呼ばれたら返事をする
5.教員は返事をした生徒に出席を、返事をしなかった生徒に欠席をシステム入力する

ユースケース名 修正をする
概要 講義終了後に欠席届等提出された場合に呼び出される
アクター 教員
メインフロー 1.教員はシステムにログインする
2.システムは生徒のリストを返す
3.教員は修正したい生徒を選択する
4.システムは生徒の出欠席状況を返す
5.教員は出欠席を修正する
添付ファイル