※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Apex Administrative Agencyは、歴史上最も早く結成された同盟
加盟島は盟主N島ラ・マジョルカ島クレタ・モラッタ島及び、後に加盟した竜宮島の4島。当時最大の勢力を有していたが、T.640に解散した。
略称はAAA。

同盟旗 none
マーク Θ
盟主島 N島
加盟島 ラ・マジョルカ島&br;クレタ・モラッタ島&br;竜宮島
本部 ラ・マジョルカ島
設立 T.531
解散 T.640
ターン杯獲得回数 1

盟約 [#lacf6b1c]

箱庭の平和及び安全を維持すること。そのために、平和に対する脅威の防止及び除去と侵略行為その他の平和の破壊の鎮圧とのため有効な集団的措置をとること並びに平和を破壊するに至る虞のある各島間の紛争又は事態の調整または解決を平和的手段によって且つ正義及び当箱庭ルールに従って実現することを目的に設立された同盟である。

概要 [#z5030a5b]

そもそもAAAという名称は、箱庭諸島S.E.A.(当時箱庭諸島S.E)が設置されている親サイトであるN[エヌ]の運営執行役員で構成される最高決定機関を指すものであるが、本箱庭においてはそのような責務は負っていない、ゆえに管理権を行使できるのは管理人(ラ・マジョルカ島)のみであり、AAAにはそのような運営権限は有していない。しかし内部における会合では、しばしば初期の箱庭における制度を議論することもあり、運営に一部貢献したこともある。
加盟には承認制を取っていて、自由に加盟することは認められていない。
本部はラ・マジョルカ島に置かれていた。
解散後もAAA本部は残るが、名称だけであり、同盟としての活動は行われることはない。国際連合発足に伴い、本部は撤去され、完全撤退した。

歴史 [#y0ea0c16]

結成の経緯 [#v9be0e73]

箱庭における国際機構の先駆けとして、N島、ラ・マジョルカ島、クレタ・モラッタ島の3島によって正式な同盟としてT.531に結成された。盟主をN島とし、議長国にラ・マジョルカ島が選定された。

軍事的示威と他同盟との対立 [#be51856a]

AAAが掲げる平和理念においては集団的自衛権を認め、世界にて紛争が生じたときに解決の手段として介入をすることも想定されていた。その為、極めて強大な軍事力をも兼ね備えており、軍拡化の加速に対し同盟内外からも議論を呼んでいた。
その中でT.574に設立されたMonster Bustersとは対立関係にあり、両同盟の間では一度武力衝突に対する緊張状態となる事態も発生した。それが600[[ターン杯]]争いである。
T.600時の首位に与えられるターン杯を争っていたAAA加盟島のクレタ・モラッタ島と、当時MB所属の宝島のポイント争いが激化する中で、これらを支援する立場にある各々の同盟が武力による実力行使によってその目的を達成する、という想定に基づくシナリオが示唆されたことにより、両者間の緊張は一時的に高まった。しかし、このシナリオに対して、AAAとMBとの首脳会談によって、両島に対して実質的援助を行わない紳士協定が締結され、この衝突は事前に回避されることとなった。

解散とその後 [#re762066]

T.590に竜宮島が正式にAAAに加盟し、AAAはさらなる勢力拡大を図っていたが、グローバル化が進むに従って、他の島の間においても同盟結成の流れへと徐々に変化していくと、AAAでは唯一の管理権限を持つラ・マジョルカ島の永世中立義務が要求されていき、さらに平和の維持を掲げるAAA同盟内部においても軍拡化が加速するという矛盾に内外からの不満が溜まっていくこととなった。
そしてT.640にAAAは内部分裂し、電撃解散となる。
前述のように解散に至る要因は様々あったが、解散の直接的な原因は現在も分かっていない。

AAAの解散後盟主であったN島は新たに同盟Super N Hakoniwa Teamの設立を宣言し、ラ・マジョルカ島は永世中立国を正式に宣言した。残されたクレタ・モラッタ島及び、竜宮島は後にSOS団を結成するが、AAAとは関係がない組織である。

なお、解散後に行われた、第2回 全島サッカートーナメント700での団体戦では、AAA加盟島のうちN島を除く3島が旧AAA連合として臨時結成し、出場をしている。

AAA解散後もラ・マジョルカ島に本部は残り、そこで当箱庭の運営政策決定の議会として機能していたが、T.1950の国際連合発足に伴い、AAA本部は廃止され、完全撤退した。