※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■パーソナルデータ
    名前:珠瀬 博美
    種族:人間
    性別:女性……?
    年齢:16



    出自:あやしい家系
    特徴:秘密の力/命中+1 回避―1
    生活:神の恩恵/美形
  ワークス:高校生
コネクション:掃除屋 桂木祐太郎 秘密
    備考:宿命表7番


■基本データ
ウィザードクラス:転生者
 スタイルクラス:アタッカー
       属性:火/風
   総合レベル1
   CF修正値2
 プラーナ
     内包値8
     解放力2
■基本能力値
  • 筋力 13
  • 起用 11
  • 敏捷 7
  • 精神 7
  • 知力 5
  • 信仰 5
  • 知覚 9
  • 幸運 6

■所持品
幸運の宝石       100,000
[参照]0-Phone<自動/0>(ウィザード用携帯電話。機能はいろいろ)
[参照]Mugen-Kun<自動/0>(ウィザード用クレジットカード。使いすぎに注意)



■戦闘値/ベース/クラス修正/特殊能力/総合レベル/未装備戦闘値/装備/最終戦闘値 
  •  命中:10+1/  3 2   /2   /      / 18(+1)   /-5 /14
  •  回避:8-1 /2 1    /    /      /11      /1  /11
  •  攻撃:12  /4  2   /3    /     /21      /25 /46
  •  防御:9   /2 2    /   /      /13      /3  /16
  •  魔道:6  /0 1     /   /      /7       /  /7
  •  抵抗:6  /0 1     /   /      /7       /-2 /5
  •  魔攻:6  /0 2     /   /      /8       /  /8
  •  魔防:5  /0 2     /   /      /7       /  /7
  • 耐久力:20  /5 4    /   /       /29      /  /29
  • 魔法力:12  /2 3    /   /       /17      /  /12
  • 行動値:10  /2 0    /   /       /12      /  /12

      ベース/特殊能力/未装備状態/装備/最終値
  • 移動力:  2              2          2   

■特殊能力
名称       /SL    /タイミング/判定値/難易度/対象/射程/代償/効果
月衣       /自動取得/常時  /自動    /なし  /自身/なし/なし/
月匣       /自動取得/常時  /自動    /なし  /自身/なし/なし/
物理攻撃力UP/自動取得/常時  /自動    /なし  /自身/なし/なし/ダメージCL+3
遺産所持    /―    /常時  /自動    /なし  /自身/なし/なし/遺産をひとつ入手
転生知識    /―    /オート /自動    /なし  /自身/なし/2C/判定を振りなおす。1ラウンド一回。Fでは不可
リジェネレーション/―   /クリンナップ/自動  /なし  /自身/なし/1P/治癒力0でジャッジできる。
ウエポンマスタリー(剣)/1/常時  /自動    /なし  /自身/なし/なし/攻撃の命中に+(SL+1)
フォトンコート  /―    /マイナー/自動    /なし  /自身/なし/3C/ダメージを+2し《天》属性の魔法攻撃に変更する。

■魔法
名称/魔法L/種別/タイミング/判定値/難易度/対象/射程/代償/効果

■武装・魔装
名称/種別/重量・魔L/命中/回避/攻撃/防御/魔導/抵抗/魔攻/魔防/耐久/魔法/行動/移動/射程/備考
グラム/武器(剣)/7 /-5  /0  /25  /0  /0 /-2  /0 /   /   /  /0  /   /0Sq /《ファーブニルの呪い》
 ・20以上のダメージを与えた場合2D6のダメージを受ける。ジャッジとして扱う。           
絶滅社製特殊戦闘服/防具/1//1  /3  /0  /0  /        /1 /        /装備中命中+1  400,000



何の変哲もない女子高生?
にはとても見えない性格破綻者。
魔法を心底信じておらず、エミュレイターやウィザード、月衣に月匣も全部トリックと信じきっている。
幼少期、転生者として覚醒したことに対して両親が奔走して「治療」を施した成果である。
自分の魔法も実は高度な手品だと思い込んでいるあたり重症な気がしないでもない。