※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 食物アレルギーというのは厄介なものだ。
 たとえばうちの母は牡蠣アレルギーなのだが、牡蠣を食べるとおえぇ、と吐き出してしまう上に、しばらくの間蕁麻疹に悩まされる事になる。
 で、だ。自分もアレルギーがある。
 まず卵。魚介類。果物。牛乳。
 ほとんどの美味いものがこれでは食えない。
 食ったことがないので本当にうまいのかどうかは知らないが。
 そういった理由で、普段学校で自分が摂る食事は弁当だ。
 だが、今日はそういうわけにはいかない理由があった。
 弁当をいつも作ってくれる母がダウンしたのだ。インフルエンザだった。
 看病で徹夜した。起きたら朝の8時。
 遅刻しなかったのが奇跡だ。
 なので今日は、自分で弁当を作るという選択肢すらなく、購買を使う事になる。
 何を売ってるかは、入学時に確認したんで大丈夫。
 が。自分が食べられるものが一つしかない。焼きそばパン。それだけだ。
 唯一それだけが、ミルクも魚介類も卵も果物も利用していない食べ物なのだった。
 これを確保できるかどうかで、自分の運命が変わる。
 さて。間もなくチャイムが鳴り、昼休みに突入する。
 
 ……きーんこーん……
 
 挨拶が終わる寸前、幾人もの猛者たちがすでにドアへ殺到した。
 しまった、出遅れた!
 普段購買での食料争奪戦に参加しないが故の失策だ。
 慌てて廊下に飛び出ると、人の流れがまるで洪水のよう。
 何とかかき分けて先に進むと……
 DOOOOOOOOOOOON!
 爆風。見よ、人がゴミのようだ!
 ……って何があった!?
「ふわぁはははははっ!見たか!私の前を遮るからこのような目に遭うのだ!!今の私は機嫌が悪いぞ。腹が減っているからな!!」
 白衣を着た女の子の後ろ姿が!
 あれは……マッドサイエンティスト部の部長!?
 チャンス!!
 勝ち誇った彼女の真横を走り抜ける!
 10m先は購買だ!!
「ぬ?こらぁ!待てぇぇぇっ!!」
 ひゅっ!
 なんかかすめた!?
 と思う間もなく、爆発。
 DOOOOOOOOOOOOOOOM!
「……購買が……!?」
 ない。
 購買が……ない!!
 これじゃ……これじゃ焼きそばパンが食えないじゃないか!?
 朝から何も食ってないのに!!
 許さん……断じて許さん!!
「あー……まぁこういうこともある。な?許せ先輩」
 女部長の弁解するかのような発言。だが許さん!!
「こうなれば……」
「む?」
「こうなればお前をバラして食う!!」
 だがその時。
 ガタッ
 背後で何か音がした。
 振り返るとそこには……
 購買のおばちゃん!生きてた!!
 ……おお、おお!!
 その手には焼きそばパンが!!
「あれが最後のようだな、先輩よ」
「よし。あの焼きそばパンをかけて勝負だ!」
「いいだろう、来るがいい!!」
 そして、激突。