フーバー研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アメリカ合衆国、スタンフォード大学のフーバー研究所は、中国コレクションでも有名である。
その近代中国アーカイブには、3種類ある。

  1. T. V. Soong (Soong Tse-ven)(宋子文?)の1928-1949などの、寄贈された私文書。
  2. Chiang Kai-shek(蒋介石)やChang Ching-kuo(蒋経国)などの私文書を借り受けて所蔵しているもの。
  3. 米国外と保存協力をしているもの。台北の党文書館にある国民党=フーバー合意文書など。
2004年に宋子文の家族が一般公開許可を出した。宋子文とワシントンとの交渉などが見られる。
同じく2004年に、Elizabeth Chiangが、2番目の文書を委託した。チェックのうえ閲覧ができる。