中華人民共和国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中華人民共和国の档案館について


档案館とは、行政文書をはじめとする档案(トウアン)を
保存・管理する行政機関であり、大小をあわせて4000弱の施設があるとされる。
ここで日々扱われている行政文書は、基本的に「解放」後のものであるが
中には、それ以前の歴史的文書(歴史档案)を扱う档案館もある。

中華人民共和国内で、主として歴史档案が保存されているのは

  • 中央档案館
  • 第一歴史档案館
  • 第二歴史档案館

の3つの施設である。

中央档案館は北京にあり、非公開である。

第一歴史档案館は北京の故宮にあり、主に清代までの档案を扱っている。
http://www.lsdag.com/

第二歴史档案館は南京の国民党党史委員会跡にあり、主に民国期の档案を扱っている。
http://www.shac.net.cn/

中央档案館の早期公開が望まれるが、現時点では原則として
史料を公開している2つの歴史档案館が、研究者の利用に適している。
申請によって複写が可能であり、簡易目録も公開されている。

しかし歴史的経緯にともなう政府の移動などによって
行政関係の史料の相当量が、各地に分散していることから、
地方の省・市・県などの档案館(北京市/上海市档案館など)でも
中央政府関係の史料が所蔵されていることがある。

また、東北部の黒龍江省・吉林省・遼寧省の各档案館などでは
満鉄・軍関係や、満洲國時代の档案などが所蔵されている。

その他に、北京の外交部档案館などにも歴史档案の所蔵がある。
ここでは1940年代後半~1955年にかけての外交関係档案の公開が始まっており、注目される。
http://www.fmprc.gov.cn/chn/wjb/zzjg/dag/default.htm

また国家図書館などの図書館施設や、博物館にも史料の所蔵がある。