ロシア国家軍事文書館


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつてのソ連軍隊中央国家文書館であるこの文書館には、1920年代から40年代にかけての中国の政治・軍事情勢に関する文書がある。主に最前線及び軍隊司令部の指令、戦報及び通報などで、その中には中国の文治・政治情勢に関する諜報・報告が含まれる。

  • 赤軍及び海軍指導機構文書
 ロシア連邦及びソ連革命軍事委員会主席・副主席文書
 軍隊司令部及び指導部文書

  • 1920年代中期の政治局中国委員会(ソビエト共産党中央委員会)の文書(備忘録)

➢この文書館の文書の多くはマイクロ化され、1992年に出版された『ロシア国家軍事文書館指南』では公開されている主要史料の解説がされている。

[典拠:アレキサンダー・M・グリゴリエフ(川島真訳)「ロシア国内各文書館所蔵 中国関係史料」『中国研究月報』(1995年、Vol.49, No.3, pp.23-31)]