戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU-乱&大乱@まとめwiki
メニューページで#nomenu2()プラグインはご利用できません。3カラムでなく、2カラムのデザインテンプレートをご利用ください。

不如帰 大乱







不如帰 乱

メニュー



カードリスト



その他




更新履歴

取得中です。


現在の知行高は - 石です
今日は - 石増加しました
昨日は - 石増加しました


武将カード:西日本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No.091
武将名 うきた なおいえ 能力 知行 3 武力 1 弓兵
宇喜多 直家 行動 5 兵力 5
所属 宇喜多家 大名 値段 60金
水鏡
自身の「武力」と「行動」を、敵軍武将の「武力」と「行動」と同等に変化させる。
出現 - Illustration 正子公也
暗殺・謀殺に長けていたため中国三大謀将と称された大名。

「水鏡」は「見様見真似」などと同じ効果を持つ特技だが
こちらは100%発動するため、使う局面を見極めることができれば強力。



No.092
武将名 あかし たけのり 能力 知行 2 武力 2 僧兵
明石 全登 行動 4 兵力 3
所属 宇喜多家 家臣 値段 65金
神の業
戦闘終了時、自身の「兵力」が回復(+2)する。
出現 - Illustration 正子公也
宣教師を自らの屋敷に住まわせるほどの熱烈なキリシタンで、洗礼名はジョアン・ジュスト。
一方で武勇にも優れ、全登の武勇を恐れた家康が「明石狩り」を行ったという逸話も残っている。

自身の兵力が3、「神の業」の回復量が2であるため、生き残りさえすれば実質全回復である。
相手を倒すよりも、自身が倒されない運用を心掛けると地味ながら良い働きをする。



No.093
武将名 はなぶさ すけのひょうえ 能力 知行 2 武力 3 槍兵
花房 助兵衛 行動 1 兵力 3
所属 宇喜多家 家臣 値段 35金
一糸乱れぬ用兵
先制攻撃を受けた場合、自身の「武力」が大幅に増加(+2)する。
出現 - Illustration 正子公也
宇喜多家の侍大将で武勇に優れていた。なぜか通称である助兵衛でカードにされてしまった人。

「一糸乱れぬ用兵」により後攻時は知行2にして破格の武力5となる
…のだが兵力3では一気に倒されることも多く、行動1では伝令も使いにくい。
地形・陣形でフォローすればなんとかなる事もあるが、そこまでして使う価値があるかどうか…。



No.094
武将名 あまご はるひさ 能力 知行 2 武力 3 槍兵
尼子 晴久 行動 3 兵力 4
所属 尼子家 大名 値段 65金
大軍の油断
敵軍武将より「兵力」が大きい場合、自身の「武力」を大幅に減少(-2)する。
出現 - Illustration 有藤せな
尼子家を中国の大大名に押し上げて、最盛期を築き上げた。

知行の割にはなかなかの能力を持つ。
が、自身より強い武将を相手にするには頼りないし、自身より弱い相手には武力1で戦力にならないとも言える。



No.095
武将名 あまご よしひさ 能力 知行 3 武力 3 弓兵
尼子 義久 行動 2 兵力 5
所属 尼子家 家臣 値段 23金
なみだ雨
捨て札される場合、天候を「雷雨」に変化させる。
出現 - Illustration 有藤せな
父晴久の築いた尼子最盛期を僅か6年で崩壊させた大名。

「なみだ雨」が目的なら、知行1兵力3の徳姫の方がデッキを圧迫しない分だけ優秀であるが
こちらは地味にスペックが高いため、戦闘要員としても期待できる。
デッキ構成に合わせて徳姫と使い分けることになるだろう。



No.096
武将名 うやま ひさかね 能力 知行 1 武力 2 弓兵
宇山 久兼 行動 2 兵力 3
所属 尼子家 家臣 値段 25金
心眼
自身の索敵範囲は、時間や天候による影響を受けない。
出現 - Illustration 有藤せな
尼子氏の筆頭家臣であったが、讒言により義久に殺されてしまう悲運の武将。

「心眼」は自身の兵種である弓と非常にマッチした特技であり
夜だろうが雷雨だろうが常に遠距離攻撃を狙っていけるのは大きな強み。



No.097
武将名 もうり もとなり 能力 知行 5 武力 2 弓兵
毛利 元就 行動 6 兵力 6
所属 毛利家 大名 値段 100金
三本の矢
戦闘での攻撃時、一定確率(50%)で3回の攻撃を行う。
出現 - Illustration 風間雷太
三本の矢の逸話があまりにも有名な、中国地方最大の勢力を築いた大名。

知行5で武力2は一見すると弱そうだが、「三本の矢」により3回攻撃が可能なので意外と火力は高い。
3回攻撃ということは、伝令などで上がる武力も実質的に3倍ということになる。
逆に言えば、相手の防御効果も3回適用されてしまうということなので、安定した活躍は難しいか。



No.098
武将名 きっかわ もとはる 能力 知行 3 武力 3 槍兵
吉川 元春 行動 4 兵力 4
所属 毛利家 家臣 値段 50金
千里眼
自身の索敵範囲を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 風間雷太
元就の次男。合戦の通算戦績76戦64勝12分を誇る文字通り不敗の猛将。

能力に目立つ所はなく、特技も地味な「千里眼」
剛勇ぶりの目立つ史実とは裏腹に、非常に地味なカードとなっている。
主君である元就の弓攻撃ために視界を広げる役割といったところだろうか。



No.099
武将名 こばやかわ たかかげ 能力 知行 3 武力 2 鉄砲
小早川 隆景 行動 5 兵力 4
所属 毛利家 家臣 値段 50金
鎧袖一触
敵軍武将が「伝令」を使用した場合、敵軍武将を捨て札にさせる。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration 風間雷太
元就の三男。兄元春とは対照的に謀略に優れた智将であったといわれる。

武力以外の能力はかなり優秀であり、特技の「鎧袖一触」も極めて強力。
同じく「鎧袖一触」を持つ北畠具教に比べて、行動値が高い点と兵種が鉄砲である点でこちらの方が優れていると言えるだろう



No.100
武将名 もうり たかもと 能力 知行 3 武力 2 騎兵
毛利 隆元 行動 3 兵力 6
所属 毛利家 家臣 値段 70金
道連れ
自身が捨て札された場合、敵軍武将も捨て札させる。但し、総大将は効果の対象にならない。
出現 - Illustration 風間雷太
元就の嫡男。合戦においては弟達に劣ったが、内政面、とりわけ財政において多大な才能を発揮した。

素の能力は低いので「道連れ」を狙いたくなるが、兵力が6と高いため狙った武将を道連れにするのは難しい。
場面によっては兵力をあえて回復したり、逆に減らしたりする事も求められるだろう。
一方で相手側から見ると、雑魚武将では兵力6を削りきれないし、高武力で倒せば道連れにされてしまうため非常に対処に困る武将となっている。
自分では使いにくく、相手に使われると嫌らしいという武将の典型。



No.101
武将名 おおうち よしなが 能力 知行 1 武力 3 槍兵
大内 義長 行動 3 兵力 4
所属 大内家 大名 値段 55金
家臣の暴走
敵軍武将より「兵力」が少ない場合、自身の「武力」が大幅に減少(-2)する。
出現 - Illustration 成瀬ちさと
大内家最後の当主。陶晴賢の傀儡であったため、晴賢の死後は求心力が大幅に低下する事となってしまう。

能力は非常に優秀で、知行1では最高クラスである。
が、兵力5以上の相手には「家臣の暴走」が発動してしまい、戦力にならなくなるので注意。
低知行の掃討には向いているかもしれない。



No.102
武将名 すえ はるかた 能力 知行 4 武力 3 弓兵
陶 晴賢 行動 4 兵力 4
所属 大内家 家臣 値段 30金
西国無双
自身が使用した「伝令」は消費されず、装備されたままになる。
出現 - Illustration 成瀬ちさと
大内家の家臣であり、冷酷な人物であったと言われる。武勇に優れ「西国無双の侍大将」と称された。

知行値4にしては弱く見えるが、能力が低めな傾向にある弓兵としては十分な数値を持っている。
「西国無双」によって伝令を無限に使えるようなものなので、
弓兵の遠距離攻撃と組み合わせれば一方的に相手を倒す事も可能だろう。



No.103
武将名 ひろなか たかかね 能力 知行 1 武力 2 鉄砲
弘中 隆包 行動 2 兵力 2
所属 大内家 家臣 値段 45金
最後の兵
兵力が0になる攻撃を受けた場合、一定確率(30%)で兵力が1残った状態となる。
出現 - Illustration 成瀬ちさと
智勇兼備の名将と名高く、毛利元就、隆元らとも親交があった。

能力値は平凡だが、知行1で武力2の鉄砲なら戦力にはなる。
自身が鉄砲であることと、「最後の兵」の効果から、時にかなりのしぶとさを見せる事も。



No.104
武将名 そごう かずまさ 能力 知行 3 武力 4 槍兵
十河 一存 行動 1 兵力 4
所属 十河家 大名 値段 40金
鬼十河
敵軍武将は自動的に使用される「伝令」以外の「伝令」を使用することはできない。
出現 - Illustration F.S
合戦において負傷しながらも猛然と戦った逸話から「鬼十河」と恐れられた猛将。

「鬼十河」の効果で相手は装備品以外の伝令を使えなくすることができ、
自身は武力4兵力4となかなか優秀な能力を持つため、適当に使ってもそれなりの戦果を期待できる。
手間のかからなさが最大の特徴だが、懐の浅いカードと言い換えることもできる。



No.105
武将名 そごう まさやす 能力 知行 1 武力 1 槍兵
十河 存保 行動 1 兵力 4
所属 十河家 家臣 値段 40金
大器晩成
3ターンごとに自身の「武力」を増加(+1)させる。この効果はゲーム終了時まで継続する。
出現 - Illustration F.S
十河家の養子。一存の急死により、わずか7歳で家督を継ぐ事となった。

能力値は最低クラスだが、「大器晩成」の効果で長期戦になるほど強くなる。
しかし元の能力が低く、6ターンかかってようやく戦力になるレベルであり
行動値が低いため伝令の使用もままならない点で、他の「大器晩成」持ちに比べて一歩劣る。



No.106
武将名 ちょうそがべ もとちか 能力 知行 3 武力 2 騎兵
長宗我部 元親 行動 3 兵力 5
所属 長宗我部家 大名 値段 60金
一領具足
敵軍武将が減少する「兵力」と同等の自身の「兵力」を回復させる。
出現 - Illustration せんのあき
四国を統一した大大名であり、家臣思いであったとされる逸話が数多く残っている。

高い兵力と「一領具足」が非常に相性が良く
兵力が高く倒されにくい上に、「一領具足」の効果でどんどん回復することができる。
低めの武力を伝令で補えば、弱点らしい弱点がなくなる優秀な武将。



No.107
武将名 きら ちかさだ 能力 知行 2 武力 2 弓兵
吉良親貞 行動 5 兵力 4
所属 長宗我部家 家臣 値段 45金
手練手管
戦闘開始時、自身と敵軍武将の持つ「伝令」を1枚入れ替える。
出現 - Illustration せんのあき
元親の弟。元親を差し置いて長宗我部の総大将に選ばれるほどだったが、病死してしまう。

知行2の弓兵としては最上級の能力を誇り、特に行動と兵力に優れる。
「手練手管」もマイナス能力ではないのだが、運次第で相手を強化してしまう事も。
「神算鬼謀」を使う、自身にマイナス伝令のみを装備する、行動の低い武将を狙うなどすれば存分に活躍できるだろう。



No.108
武将名 ふくどめ ちかまさ 能力 知行 1 武力 2 騎兵
福留 親政 行動 2 兵力 3
所属 長宗我部家 家臣 値段 45金
勇猛果敢
敵軍武将より「兵力」が少ない場合、自身の「武力」を増加(+1)させる。
出現 - Illustration せんのあき
合戦において37人斬りをおこない、「福留の荒斬り」と称された勇将。

知行1としては平凡な能力だが、それ故に「勇猛果敢」の発動する場面は多い。
とはいえ、強化されても武力3なので過信は禁物。



No.109
武将名 こうの みちのぶ 能力 知行 2 武力 2 鉄砲
河野 通宣 行動 3 兵力 1
所属 河野家 大名 値段 45金
霧隠れ
自身を中心とした3×3のエリアの視界を遮断する。
出現 - Illustration 添田一平
長宗我部の侵攻や家臣団の離反など、波乱に満ちた生涯を送った大名。

「霧隠れ」は非常に強力かつ希少な特技で、この特技のためだけにデッキに入れるだけの価値がある。
とはいえ、同様の特技を持つ木造具政に比べて知行が高く兵力が低いため、こちらが優先されることは少ないか。



No.110
武将名 くるしま みちふさ 能力 知行 2 武力 2 弓兵
来島 通総 行動 3 兵力 3
所属 河野家 家臣 値段 30金
熟練の漕手
「弓兵」から受ける攻撃をすべて無効化する。
出現 - Illustration 添田一平
河野氏の家臣であったが後に離反し豊臣方に付き、大名にまで上り詰めた武将。

「熟練の漕手」により弓兵からは一切攻撃を受けないので、弓同士の射撃戦においては最強とも言える。
スペックは平凡なので、鉄砲武将や騎兵の突撃にだけは注意。



No.111
武将名 おおとも そうりん 能力 知行 2 武力 2 僧兵
大友 宗麟 行動 2 兵力 5
所属 大友家 大名 値段 85金
好色家
自身に「腰元」が隣接して配置されている場合、「武力」と「行動」を増加(+1)させる。この効果は重複して発揮される。
出現 - Illustration 末弥純
戦国時代における九州最大の勢力を誇った大名。キリシタン大名としても有名。
一方で、美人を求めて京都に繰り出しては略奪婚を行っていたとも言われた。

知行2にしては最高クラスの兵力を持ち、武力と行動も「好色家」で強化できるため意外なほど強くなることもある。
ただし、戦闘マップに配置されている腰元しか判定対象にならないので
相手との位置関係によっては「好色家」がうまく機能しない事も多いので注意。



No.112
武将名 おの しげゆき 能力 知行 3 武力 3 槍兵
小野 鎮幸 行動 3 兵力 3
所属 大友家 家臣 値段 50金
九死に一生
兵力が0になる攻撃を受けた場合、一定確率(30%)で兵力が1残った状態となる。
出現 - Illustration 末弥純
日本七槍の1人。かの有名なオノ・ヨーコのご先祖様。

スペックは平凡、「九死に一生」も他の死亡回避系と同じ効果で確率も変わらない。
兵種や知行値に応じて馬場信春らと使い分けることになるだろう。



No.113
武将名 たちばな どうせつ 能力 知行 3 武力 3 僧兵
立花 道雪 行動 5 兵力 3
所属 大友家 家臣 値段 75金
鬼出電入
戦闘時に先制攻撃を得る。
出現 - Illustration 末弥純
落雷で半身不随となるも御輿に乗って合戦に勝ち続けたため、「雷神」と称された勇将。

行動値が高く、「鬼出電入」も強力なため活躍が期待できる。
僧兵デッキにおいてはエースアタッカーの筆頭候補だろう。



No.114
武将名 ゆふ これのぶ 能力 知行 3 武力 3 槍兵
由布 惟信 行動 3 兵力 4
所属 大友家 家臣 値段 45金
一騎当千
戦闘エリアに味方武将が1体も配置されていない場合、自身の「武力」を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 末弥純
65回の合戦に参戦し、全身65箇所の傷を受けたといわれる立花家の忠臣。

同様の特技を持つ長野業正と比べて、知行と武力が1づつ下がっている。
兵力と行動は同じなので、コストの軽さを取るか素武力の高さを取るかで使い分けになる。



No.115
武将名 りゅうぞうじ たかのぶ 能力 知行 3 武力 3 僧兵
龍造寺 隆信 行動 3 兵力 6
所属 龍造寺家 大名 値段 60金
鈍重
戦闘時に先制攻撃を受ける。
出現 - Illustration 伊藤サトシ
龍造寺家を一国人から九州三強までに押し上げ、最盛期を築き上げた大名。

素の能力値が優秀な武将の例に漏れず、「鈍重」はマイナス効果となっている。
能力がいくら優秀でも特技がこれでは使われることはまず無いだろう。

余談だが、龍造寺はあまりにも太っていたために馬に乗れず、戦場では輿に乗っていたという逸話がある。
そのためイラストでも輿に乗っており、特技も「鈍重」とされているが
同じく輿に乗って戦場に出ていたとされる立花道雪や今川義元に比べるとあまりにも酷いカード性能である。



No.116
武将名 なべしま なおしげ 能力 知行 3 武力 4 槍兵
鍋島 直茂 行動 3 兵力 3
所属 龍造寺家 家臣 値段 40金
水軍の将
「河川」を移動できる。自身は「水攻の計」の効果を無効化する。
出現 - Illustration 伊藤サトシ
隆信の義兄弟であり、のちに龍造寺家の実権を握り佐賀藩の藩祖となる武将。

知行3にしては武力が高く、「水軍の将」により河川を無視して移動できるため
強行軍などと組み合わせて奇襲役とするのが向いている武将。



No.117
武将名 ひゃくたけ ともかね 能力 知行 2 武力 3 槍兵
百武 賢兼 行動 1 兵力 2
所属 龍造寺家 家臣 値段 45金
不屈の忠誠心
敵軍武将からの攻撃を減少(-1)させる。
出現 - Illustration 伊藤サトシ
主君である隆信に「百人分に匹敵する武勇」と賞され、百武の姓を賜った猛将。

「不屈の忠誠心」はどんな場面でも効果を見込める便利な特技であるが
兵力が2しかないため有り難味が薄いのが難点。
それでも武力3あるので、1ターンでも長生きできればしめたものだろう。



No.118
武将名 あそ これまさ 能力 知行 2 武力 3 弓兵
阿蘇 惟将 行動 4 兵力 4
所属 阿蘇家 大名 値段 55金
臆病風
戦闘時に一定確率(50%)で敵軍武将に攻撃を行わない。
出現 - Illustration 緒方剛志
島津・龍造寺に挟まれ、両勢力から圧力を受けながらも巧みな政治手腕で終生独立を守り通した大名。

弓兵としては知行3~4に匹敵するほどの高能力だが、例に漏れずマイナス特技「臆病風」を持つ。
とはいえ、弓の遠距離攻撃ならば「臆病風」の影響を受けても被害は無いため、そこまでマイナスという訳でもない。

独立を貫くために様々な勢力と手を結んでいた行為が、このゲームにおいては「臆病」とされている。
本多正信といい阿蘇といい、「臆病風」持ちの武将は酷い扱いである。



No.119
武将名 かい そううん 能力 知行 1 武力 2 僧兵
甲斐 宗運 行動 3 兵力 2
所属 阿蘇家 家臣 値段 50金
外交交渉
自身と隣接している敵軍武将を移動不可の状態にする。
出現 - Illustration 緒方剛志
戦においては生涯不敗だったといわれる阿蘇家の筆頭家老。

「外交交渉」により相手の動きを止められるのだが、自身の兵力がたったの2なので
高い確率で1ターンで相手に撃破されてしまう。
動きを止める特技を持つ武将は他にもいるので、このカードを使う理由はあまりないだろう。



No.120
武将名 さがら よしはる 能力 知行 1 武力 2 騎兵
相良 義陽 行動 3 兵力 2
所属 阿蘇家 家臣 値段 45金
不屈の忠誠心
敵軍武将からの攻撃を減少(-1)させる。
出現 - Illustration 緒方剛志
宗運とは親友であったが、島津家の命により敵対することになってしまい、最期は自ら宗運に討たれた悲運の大名。

知行1としてはそれなりの能力を持ち、「不屈の忠誠心」で相手の攻撃を軽減できる。
が、兵力2では粘れないし、仮に生き残っても武力2では戦力にもなりにくいのがネック。



No.121
武将名 しまづ たかひさ 能力 知行 3 武力 3 鉄砲
島津 貴久 行動 3 兵力 3
所属 島津家 大名 値段 110金
韋駄天
移動範囲を増加(+1)させる。
出現 - Illustration 添田一平
南九州を支配していた大大名、島津家の第15代当主。

日本で最初に鉄砲を合戦に用いただけあって兵種は鉄砲で、能力値も(鉄砲としては)なかなかの高さ。
「韋駄天」により騎兵を超える移動範囲を持つのでポジション取りも楽だろう。



No.122
武将名 いじゅういん ただむね 能力 知行 1 武力 3 槍兵
伊集院 忠棟 行動 2 兵力 5
所属 島津家 家臣 値段 45金
烏合の衆
戦闘時に先制攻撃を受ける。
出現 - Illustration 添田一平
早々と秀吉に降伏したため、薩摩藩の記録においては「家臣」ではなく「国賊」とされている武将。

素の能力は高いが、「烏合の衆」があまりにも痛すぎるため実用性は低い。
とはいえ、龍造寺と比べると知行が2低く、行動と兵力が1低いだけなので、向こうよりは使いやすいかもしれない。



No.123
武将名 しまづ よしひさ 能力 知行 2 武力 1 鉄砲
島津 義久 行動 2 兵力 3
所属 島津家 家臣 値段 105金
大器晩成
3ターンごとに自身の「武力」を増加(+1)させる。この効果はゲーム終了時まで継続する。
出現 - Illustration 添田一平
島津家第16代当主。戦国最強とも称された島津軍団を率いて九州制覇を成し遂げた。

初期能力は低いが、「大器晩成」の効果で長期戦になるほど強くなる。
同様の特技を持つ北条氏康を一回り小さくした知行と能力なので、デッキに合わせて使い分けよう。



No.124
武将名 しまづ よしひろ 能力 知行 4 武力 3 鉄砲
島津 義弘 行動 4 兵力 4
所属 島津家 家臣 値段 85金
捨てがまり
兵力が0になる攻撃を受けた場合、一定確率(20%)で兵力が1残った状態となる。
出現 - Illustration 添田一平
島津家第17代当主。関ヶ原の合戦で退却する際に、敵陣中央突破をした逸話が有名。

能力は知行4にしては高いとはいえず、「捨てがまり」も発動確率が低くアテにできない。
とはいえ鉄砲武将としては最高クラスの能力を持っており、運が良ければ倒されないと考えればそれなりか。