戦国絵札遊戯 不如帰-HOTOTOGISU-乱&大乱@まとめwiki
メニューページで#nomenu2()プラグインはご利用できません。3カラムでなく、2カラムのデザインテンプレートをご利用ください。

不如帰 大乱







不如帰 乱

メニュー



カードリスト



その他




更新履歴

取得中です。


現在の知行高は - 石です
今日は - 石増加しました
昨日は - 石増加しました


カードリスト:計略


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

No.001
計略名 晴天の祈祷 天候を「晴れ」に変更させる
値段 80金
wait 2
やけに気合入った老婆が祈祷しているカード

文字どおりの分かりやすい能力で、天候を強制的に晴れにする。天候変化系の能力を持つ武将を使う際に、デッキに入っているとなにかと便利。鉄砲の武将をよく使う際は入れておくべきだろう。


No.002
計略名 雨乞いの儀式 天候を「雨」に変化させる
値段 80金
wait 4
天候操作の雨バージョン。

鉄砲の武将は無力化されるので、相手によっては使えるかもしれない。ただし視界は狭まるので注意すること。
逆に言えば視界の悪さを利用した戦術も可能。使い方によっては鉄砲のみならず弓封じにも利用可能。
ただ、雷雨と違い、1マス先は見通せるので注意。


No.003
計略名 濃霧の発生 天候を「霧」に変更させる
値段 120金
wait 6
天候操作の霧バージョン。

視界の狭さを利用し、夜目の策敵などで優位に立てるかも。
こちらは雨と違い鉄砲が使用可能なので注意。

wait値の関係上、天候操作系は 霧>雨>晴 という優先順位となる。
つまり、どうしても鉄砲で攻撃したい場面なら「晴天の祈祷」よりも「濃霧の発生」の方が確実ということである。
当然「夜目の索敵」などで視界を確保することが前提となるため実用性は低いが、ここ一番という場面では役に立つかもしれない。


No.004
計略名 帝の勅命 自軍の「士気」を回復させる。回復量は0~3の中から無作為に決定される
値段 120金
wait 8
どんなデッキにも組み込める優良カード。

士気が多くて困るといった事はまったくないので、どんどん使っていこう。自分が相手の士気切れを狙う際にも役立つ。
ただ回復量0ということもよくあるので過信だけはしないように。


No.005
計略名 土竜攻め 敵軍の「士気」を減少させる。減少量は0~3の中から無作為に決定される
値段 120金
wait 10
相手の士気切れを狙う際には必須なカード。

減少量こそ豪姫に劣るがチリも積もればなんとやら、看破だけには注意して使っていこう。再軍議と一緒に出せると効率が良い。


No.006
計略名 配置変更 対象の自軍武将を2対選び、その位置を入れ替える。このターンにこれらの武将を対象として使用された計略カードは入れ替えられたあとの自軍武将に対して発動する
値段 110金
wait 12
色々と狙っていけるカード。

偵察に行かせた武将と主力を入れ替えたり、撃破されたくない武将を退避させたり……。プレイヤー次第で様々な使い方ができるだろう。
運が良かったら神算鬼謀や暗殺の劇毒などを避けれるかも。


No.007
計略名 更迭の偽報 対象の敵軍武将と無作為に選択された敵軍武将の位置を入れ替える。このターンにこれらの武将を対象として使用された計略カードは入れ替えられたあとの敵軍武将に対して発動する
値段 120金
wait 14
相手の武将を入れ替えるカードだが、片方はランダムで決定されるため確実性に欠ける。
近づいてくる武将とどうしてもぶつかりたくない時等に使えるだろうか。
城篭りの総大将を燻り出すのにも使えないことも無いか?


No.008
計略名 野伏の計 対象に地形に伏兵を配置する
値段 150金
wait 16
平たく言うと地雷みたいな効果のカードである。

火牛の計とは状況やデッキにあわせて使い分けていこう。


No.009
計略名 誘導の偽報 対象の武将を無作為に選ばれた隣接する地形に移動させる。但し、他の武将が配置されている地形や対象の武将が進入できない地形には移動できない
値段 100金
wait 18
武将を強制移動させる事が出来るが、やはりというか確実性はない。使いどころに困るカードである。


No.010
計略名 影武者戦法 対象の自軍武将の外見を任意の自軍武将の外見に変更する。但し、戦闘に突入すると元の外見に戻る
値段 100金
wait 20
相手を惑わすのに非常に適したカード。

偵察用の武将を道連れの能力を持った武将に偽装させたり、いやらしい使い方を心がけていこう。
ただし、相手の視界範囲内で使ってもバレバレなので注意すること。


No.011
計略名 鉄砲の調達 ターン終了時まで、対象の武将の兵種を「鉄砲」に変更する
値段 80金
wait 22
1ターンだけどんな武将でも鉄砲の兵種になれる。

宮本武蔵などの強力な特技を遠距離から当てる、反撃を受けたくない時に使うだけでなく
移動範囲まで変化させるので、腰元や僧兵に使って本来ありえない移動をする、騎兵に使って段差を登らせる等も出来る。


No.012
計略名 篭絡の奸計 ターン終了時まで、対象の武将は移動することができない
値段 80金
wait 24
相手の移動が封印できるが、攻撃はできるので注意すること。ダメージ計略を確実に当てたい時や、奇襲戦を確実に行いたい時は是非。


No.013
計略名 強行軍 ターン終了時まで、対象の武将の移動範囲を増加させる。また、対象の武将にかけられている「篭絡の奸計」の効果を無効化する
値段 100金
wait 26
特攻隊長にうってつけの計略、開始早々から敵陣の奥まで突っ込みかき回してやろう。
移動範囲の増加は「 本来自分が進める方向に更に1マス進めるようになる 」ものなので
腰元が前後に進めるようにはならないし、騎兵が段差を登れるようにもならない事に注意。
騎兵に使って敵の索敵範囲外から一気に奇襲を仕掛けていけると効果的。


No.014
計略名 神算鬼謀 対象の武将が装備している伝令カードを全て捨て札する
値段 150金
wait 28
単純かつ強力、かつ対人では必須と言っていい重要なカード。

真田幸村のような対処の難しい武将に好き勝手させないように、デッキに一枚は入れておこう。装備型伝令を持っている自軍武将が小早川隆景などを相手にしなければいけない時も使えるが、もったいないだろう。


No.015
計略名 再補充 対象の武将の兵力を回復させる。回復量は1~3の中から無作為に決定される
値段 100金
wait 30
特に何も考えなくても使える優良カード。
徳川家康のような兵力が重要な武将には中々必要なカードだろう。


No.016
計略名 一揆の煽動 合戦場に存在する「僧兵」を除く全ての武将の兵力を減少させる
値段 200金
wait 32
僧兵デッキを組む場合のキーカード。

視界範囲にかかわらず、僧兵以外の全ての武将の兵力を-1する強力な計略。
もちろん3枚同時に使えば全武将に3ダメージなので、兵力3以下の武将は即死してしまう。
総大将だろうと問答無用でダメージを与えるため、場合によっては一揆で決着なんてことも充分に起こりうる。

wait値の関係上、「再補充」で回復→「一揆の煽動」でダメージ の順で処理されることに注意。


No.017
計略名 城砦の補強 対象の地形効果を増加させる。この効果はゲーム終了まで継続する
値段 120金
wait 34
地形効果を増加させるので、防御や回復の効果を持つ地形に使うと効果的だろう。
ただし、当然だが相手がその地形を利用する場合も効果を発揮してしまうので
強化した地形を乗っ取られてしまわないように注意すること。

1つのマスに複数回「城砦の強化」を使った場合の地形強化の上限値は(未検証)
マイナス効果の地形に使った場合は(未検証)
誰か検証求む


No.018
計略名 架橋工事 対象の「河川」に橋をかける。この効果はゲーム終了まで継続する
値段 120金
wait 36
単純に河を通れるようにするだけでなく、「強行軍」と組み合わせて奇襲に使ったり
腰元デッキでの進軍補助に使うなど、様々な用途が考えられる。

「河川に橋をかける」とはいうものの、┛や┗のような形の河マスには橋をかけられない。
対象となるのは縦か横に一直線の河川のみである事に注意。


No.019
計略名 河川の塞止 合戦場の全ての「河川」を干上がらせる。この効果はゲーム終了時まで継続する。但し、天候が「雷雨」の場合には効果は消滅する
値段 120金
wait 38
腰元・僧兵をメインにする際のキーカード。
特に一部マップでは河川が邪魔になるため、このカードが無い腰元単は詰みかねない。

天候が「雷雨」になると、枯河川にいる武将は捨て札となってしまう(「水軍の将」を持つ武将は除く)
これを利用した徳姫の「なみだ雨」とのコンボは強力。


No.020
計略名 火牛の計 対象の地形に火を放つ。火は時間の経過とともに燃え広がり、火の燃えている地形に配置されている武将はターン終了時に兵力が減少する
値段 200金
wait 40
効果的に火を放つためには「夜目の索敵」との併用が必須だろう。

普通に使っても相手に逃げられるだけなので、ダメージが目的なら「篭絡の奸計」などと組み合わせる必要がある。
逆に、相手が移動せざるを得ない状況を作り出すことで陣形を崩したり、意図的に遭遇戦を狙うといった使い方もある。


No.021
計略名 隠密行動 対象の武将は、攻撃を仕掛けるまで姿が見えなくなる
値段 120金
wait 42
非常に強力なカードで、特に対人戦においては必須といってもいい一枚。

姿が見えないということは、 相手から攻撃を一切受けない ということである。
守りにおいて大将に使うも良し、攻めにおいて奇襲役に使うも良しの万能カード。
また、井伊直虎などの「隣接する武将を移動不可にする」カードとのコンボは強烈。

「攻撃を仕掛るまで」と書いてあるが、相手に奇襲された場合も当然ながら姿を現してしまうので、相手武将の動きには注意する事。


No.022
計略名 夜目の索敵 ターン終了時まで、対象の武将の索敵範囲が増加する。敵軍の使用している「影武者」「隠密行動」を無効化する
値段 100金
wait 44
テキストでは「索敵範囲が増加」となっているが、実際は「天候にかかわらずマップ全域をオープンにする」効果。
相手の「影武者戦法」や「隠密行動」も無効化するため、文字通りマップ内の全てを見渡す事ができる。
基本的に視界外には手出しできないこのゲームにおいては、ある意味で最強の計略とも言える。

弓や鉄砲に使って遠距離攻撃の補助に使うに留まらず
「強行軍」と組み合わせて一気に敵大将まで奇襲をかけたり
「火牛の計」「暗殺の毒」「野伏の計」と組み合わせてピンポイントで攻撃したり
「神算鬼謀」のターゲッティングに活用したり
とにかく汎用性が高いのが魅力。
デッキに入れて腐ることがまず無いので、あらゆるデッキに投入する価値があるカード。


No.023
計略名 陣営の再編成 対象の自軍武将を破棄し、その武将の所持兵力の2倍の兵力を任意の味方武将に分け与える
値段 100金
wait 46
回復効率が非常に高く、ほとんどの場合において対象を全回復させることが出来る。
雨で戦力にならない鉄砲を破棄し、代わりに別の武将を呼ぶなど戦力の調整にも使える。
また、豪姫・千代などを意図的に破棄する事で攻撃と回復を両立する事も可能。
ただし、破棄した分だけ予備兵力が無くなってしまうという事はしっかりと覚えておくこと。

現状では似た様な条件を持つ「乙女の祈り」が非常に強力であるため、こちらの出番は少ないか。
とはいえ回復効果としてはゲーム中でも最上級に位置するため、デッキへの投入を検討する余地はある。


No.024
計略名 乙女の祈り 対象の自軍武将の「腰元」を破棄し、全ての自軍武将を強化する
値段 150金
wait 25
腰元を破棄することで、合戦場にいる全ての自軍武将の武力と行動が+1される。
カードには書いていないが、効果はゲーム終了まで継続する。
戦闘せずに強化でき、打ち消す手段も少ないため、はっきり言ってそこらの伝令なんかよりもよっぽど強い。
伝令を使用せずに能力が上がるのが最大の魅力であり、これを利用する事で本来ならありえないコンボも実現する。

「陣営の再編成」と同様に、豪姫などを意図的に破棄することで強化と妨害を同時に行えるのも魅力。
欠点らしい欠点がほとんど存在しないカードではあるが、予備兵力にだけは注意すること。


No.025
計略名 暗殺の劇毒 対象の武将を一定確率で捨て札する。成功確率は対象の武将の知行値によって増減する。但し、総大将は効果の対象にならない
値段 150金
wait 50
相手を無条件で捨て札にできるため、非常に強い計略に見える。
が、肝心の発動確率が 知行1:40% 知行2:30% 知行3:20% 知行4:10% 知行5:1%
と非常に低いため、当たったらラッキー程度に考えておくこと。

とはいえ、ノーリスクでの即死効果が強力なのは間違いないので、運試しを兼ねてデッキに入れるのも悪くないだろう。


No.026
計略名 水攻の計 「河川」に配置されている全ての武将を捨て札する。「河川の塞止」の効果を無効化する
値段 100金
wait 52
総大将だろうと即死を狙える非常に強力な計略なのだが、条件が少々厄介。
通常の状態では河川に進軍できないため、まずは「河川の塞止」を使用する必要がある。

わざわざこのカードを使わずとも、「なみだ雨」を持つ武将で代用できてしまうのが悲しい所。
というか、「河川の塞止」+「なみだ雨」+「乙女の祈り(or陣営の再編成)」の方が強力だったりする。


No.027
計略名 和睦の勅命 ターン終了時まで、全ての武将は一定確率で攻撃を仕掛けることができない。発動確率は武将の行動によって増減する。
値段 120金
wait 54
発動確率は  100-(行動値×20)+10(%)  (最低でも10%?要検証)
単純に考えれば行動値が5以上ある武将ならほぼ無効化できる計算になる。
武力が高い武将の多くは行動が低い傾向にあるので、そういった武将の攻撃を封じるには有効である。


No.028
計略名 援軍到来 自軍の予備兵力を回復させる。回復量は3~5の中から無作為に決定される
値段 150金
wait 28
ほとんどのデッキと相性が良い優秀なカード。
「帝の勅命」と比べ、効果の下限値が高い点も評価できる。

特に「乙女の祈り」「陣営の再編成」といった計略を多用するデッキには必須と言っても良いだろう。


No.029
計略名 賊軍討伐の檄文 対象の自軍武将を破棄し、自軍の予備兵力を回復させる。回復量は破棄した武将の知行値によって増減する
値段 100金
wait 58
回復量は破棄した武将の知行値×3と、かなり多め。
とはいえ、予備兵力の数値が直接の戦闘には影響しないこと、
「陣営の再編成」「乙女の祈り」と違い、武将を破棄しているにもかかわらず戦場にプラス効果が無いことを考えると、使い勝手が良いとは言えない。
「援軍到来」でも十分な回復量を持つので、このカードの出番は少ないだろう。


No.030
計略名 望郷の詩歌 敵軍の予備兵力を減少させる。減少量は3~5の中から無作為に決定される
値段 120金
wait 60
「援軍到来」と対照的な効果を持つ計略。
効果は高いものの、予備兵力は直接の勝敗に関わらない為、このカードの優先度は低い。
しかし、「大飢饉」と組み合わせた時の効果は絶大なので、コンボ狙いなら悪くない。


No.031
計略名 大飢饉 全てのプレイヤーの予備兵力を減少させる
値段 100金
wait 62
互いの予備兵力を半分にしてしまう恐ろしい計略。
自軍武将が倒されると逆にこちらがピンチになってしまうので、使用する局面の見極めが重要。
また、少数精鋭のデッキ相手に使った場合は自軍だけが痛い目を見る事になってしまう。

wait値の関係上、「大飢饉」と予備兵力に関連した他の計略を同時に使用するのは効率が悪い。
必ず「大飢饉」を先に使ってから、次ターンで「援軍到来」「望郷の詩歌」などを発動させること。


No.032
計略名 再軍議 全てのプレイヤーは全ての手札を捨て札する
値段 120金
wait 64
「土竜攻め」とのコンボのためにあるようなカード。
相手の士気が4以下の時に発動させることによって士気切れ勝ちを狙える。

士気切れの判定は「カードを引けなくなった時」なので、
相手の士気が5の時に使っても即勝利にならない点には注意。


No.033
計略名 兵糧攻め 相手プレイヤーは次のターンに手札を補充できない
値段 100金
wait 66
効果は地味だが強力で、特に相手の手札が少ない場面であるほど効果が高い。
「再軍議」と組み合わせた手札抹殺コンボは非常に強力だが、
結果的に相手と士気差5ができてしまうことは覚えておこう。


No.034
計略名 孤軍奮闘 このターンに配置予約されている全ての後詰武将を手札に戻す
値段 80金
wait 68
使用するタイミングが非常に重要となる計略。
「乙女の祈り」などを使用された次ターンや、相手武将を倒した次ターンに使うと効果的だろう。

とりあえず序盤に適当に使って、相手の戦力が整うのを妨害するというのも一つの選択肢。


No.035
計略名 看破 このターンに使用された敵軍の「計略」の効果を全て無効化する
値段 120金
wait 0
対人戦では必須ともいえる計略。
ただし、相手がいつ計略を使うかは分からないので
どうしても特定の計略が怖い場面で予防線的に使うのが効果的だろう。

公式ガイドには
「お互いが看破を出し合うと相殺して、看破が無かったことになるため、自分の計略をどうしても通したい時に使う」
とか書いてあるが、実際に お互いに看破を出し合った場合は互いの計略効果を全て打ち消してしまう。
計略を通すためのお守り的な運用はできないので注意。