日経255miniについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

取引の基本

  • 日経225ミニは、日経平均(日経225)を売買する取引である。
  • 日経225ミニは、日経平均がこの先高くなるとおもったら買い、安くなると思ったら売ればよい。
  • 日経225ミニは、最低取引単位を「枚」と呼び、一枚は日経平均株価指数の100倍である。(つまり日経225先物取引の取引単位を10分の1に小口化したものが日経225ミニである)
  • 日経225ミニは、呼値の単位(値段の刻み)が5円単位である。
  • 日経225ミニは、証券会社に証拠金を預けなければならない。
  • 日経225ミニは、株券の受け渡しがないので、損益のお金を受け渡す差金決済になる。差金決済が認められているので、証拠金が足りていれば自由にデイトレードができる。
  • 日経225ミニは、決済期限があり、決済期日は3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日となっている。
  • 日経225ミニは、少ない資金で大きな金額の取引を行うことができる(レバレッジを効かすことができる)。

感じを掴むために少し計算してみると…


日経255miniは日経平均株価の100倍の取引である。したがって1枚買うということは日経平均が10,000円だとすると、100万円の取引ということになる。FXでいうと1万通貨の感覚だろうか。4万円の証拠金で100万円の取引をするわけであるから、レバレッジでいうと25倍といったところか。

日経平均はたとえば一日に100円くらい動く。100円動くということは、日経255miniは100倍なので、1万円動くことに相当する。ということは、為替レートが1円動くことと、日経平均が100円動くことが、1枚の取引量あたりの損益勘定でほぼ等しいと考えればよいということになる。500 円動けば5万円の損益である。

まだよくわからないのは、FXの有効比率や追証、強制ロスカットに相当する仕組みである。どうも、毎日の終値で清算されるようで、そのときに残った金額が必要最低証拠金を下回った場合、翌日正午までに追証を入れないと強制執行されるようである。