スルーネック、24フレット、ソリッド、フロイド・ローズ・トレモロユニット。

初めてのオーダーギターです。
hideの影響でモッキンバードが好きだったのと、FOREST-GTが好きで、
その2つを融合したシェイプを作りたいなぁと昔から思ってたのがやっと実現しました。
MockingbirdとFORESTでMocking Forestという単純な名前にしたんですが、
昔からこの名前で考えてたので他の名前は浮かびませんでしたw

FOREST-GTの万能さとANLELOPEの低音とどっちも好きだったので、
木材はバックにANTELOPEと同じアルダー(ANTELOPEのボディは全部アルダーです)
トップにFOREST-GTと同じアッシュ(FOREST-GTはマホガニーバック、アッシュトップです)
ネックと指板は材も形状もFOREST-GTと同じで、ピックアップはANTELOPEと同じにしました。
今回の塗装もオリジナルで「キャンディアップルレッドで木目が見えるシースルーにしたい」とかワガママ言いましてw
キャンディというのは塗装を重ねるものなので木目を見せるなんて不可能だったんですが、
DIR EN GREYのDieモデルのギターにシースルーメタリックレッドみたいな色があって、
それを参考に店員さんと色々考えた結果、木材をバーナーで炙って木目を強調して、
下地となるメタリック系の塗装を木目が見えるくらい薄めにして、その上から赤を噴いたらそれっぽくなるんじゃないか
という案が上がり、そのまま工場にお願いしてもらって、何種類かサンプルを作ってもらってやっと決まったというw
カラーサンプルに時間がかかって、色を決めたときには先にギターが出来上がってましたからw
完成したギターはキャンディなのかどうか微妙なところですが一応シースルーキャンディアップルレッド
ということにしてあります(^^;
見る角度によって木目の見え方が変わるのが気に入っています。

音は狙い通りで、FOREST-GTとANTELOPEの中間といった音です。
弾きこむにつれて中域が強調され抜る音になりました。

愛称はモッキンフォレスト。