※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「題名のない短編その八十二」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

題名のない短編その八十二」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

+22 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/03/30(水) 16:02:02.20 ID:02S9gyjE [1/3]
+小ネタ
 
+
+確か、半年くらい前かな。男と女では共に遊べないと君に言われたのは。だから、僕は男に近づこうとした。
+長い髪に未練はなかったし、君の横を走れるように頑張った。体育の時間を思い出してくれれば分かるだろう?
+背は、残念だが伸びなかったな。だが、バスケをする事は出来る。君より高く跳べるからな。
+だから、君に話そうと思った。一緒に遊ぼう。もう足を引っ張りはしない、と。
+何故だろうね。君の隣には共に遊べるとは思えない娘が居たよ。
+彼女に合わせて本を読む君はすごく新鮮だったさ。彼女にあげた四つ葉のクローバーの栞なんて気が利いてるね。彼女、肌身離さず持っているよ。
+ところで、僕は次に何をすれば君の横に立てるのかな。彼女のように本を読もうか? 家庭的という意味ではどうにでもなる、クッキーとお弁当どちらが好きかな?
+僕は僕に未練はないからな私と言うのも悪くない。
+それとも、彼女のように父親を殺せば良い? それを悔やんで手首でも切れば良い?
+おや、初耳と言った表情だね。僕には関係ないけど。
+ああそうだ、君にプレゼントがある。栞だよ。三つ葉のクローバーのね。
+普通でも構わないから君の隣に場所を用意してくれ。
+そうでないと、特別な場所まで奪いに行ってしまうよ
+