※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

612 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/12/21(日) 00:54:28 ID:fdVCnfvR
「まゆり!開けろ!開けるんだ!!」

あ、たっくんだ
お風呂場のドアをドンドン叩きながら私のこと呼んでる
嬉しいな
たっくん、このごろ美由ちゃんとばっかりお話してたから
私のこと忘れちゃったのかと思ってた

「おい!なにやってるんだ!!」

何をやってるかって?ええっとね
たっくんのお部屋にこっそり入って、たっくんの部屋のごみを持ってきたんだよ
たっくんがいらないと思っても、私は欲しかったからもらったんだ
あ、後ね、美由ちゃんにたっくんを返してって言ったよ
たっくんは私の幼馴染だもん
後から来た美由ちゃんが私より優先されるのっておかしいよね
それに、美由ちゃんってば悪い子なんだよ
たっくん以外を見るし、たっくん以外と話すし、たっくん以外に触るんだから
たっくんが好きなら、たっくんのこと以外気にかけない子じゃないとダメ
私みたいに、毎日たっくんのことだけ考えて、見て、触って、話すような子じゃなきゃ認めない
そのことでさっきたっくんと喧嘩しちゃったんだよね
でもでも、追いかけてきてくれたんだよね
嬉しいな、嬉しいな

「開けろ!開けろって!!まゆり!」

どうしたの?なんか怖いよ、たっくん

「早く!まゆり!」

何を言ってるの?ドアは開いてるじゃない

「頼む・・・俺が悪かったなら謝るから、だから・・・!」


「死なないでくれ!!まゆり!」


しぬ?しなないよ。しんだらたっくんにあえないもの


613 :名無しさん@ピンキー [sage] :2008/12/21(日) 00:55:02 ID:fdVCnfvR

たっくんが最近私に優しくなった
嬉しいな
毎日会いに来て、私の世話をしてくれるんだ
美由ちゃんとは別れたんだって
あの日、たっくんが飛び込んできてくれたおかげで私は死ななかった
死ぬつもりはなかったんだけど、ちょっと間違えて混ぜちゃいけない洗剤を混ぜてお風呂に入っちゃったんだって
そのせいで、ちょっと足が動かなくなっちゃった
だからって、たっくんが気に病むことなんてないんだよ
その前にちょっとたっくんと美由ちゃんのことで喧嘩してたり
たっくんに向けてたっくんに嫌われたら生きていけないって言ったりしてたのは
全然関係ないよ
そう私は言ったんだけど、たっくんは真面目な人だから責任を取るって言ってくれた
嬉しいな、幸せだな

たっくん、ずっと一緒にいようね

もしもたっくんがいなくなったら

今度こそ

死んじゃうから