※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

649 :名無しさん@ピンキー [sage] :2009/02/11(水) 15:28:30 ID:AVx+lLu6
日本ヤンデレ物語り。

  『桃太郎』


 昔々、お爺さんとお婆さんが住んでいました。
 お爺さんは山へ芝刈りへ、お婆さんは川へ洗濯に行きました。


 しかしお婆さんは、川へ行かずにお爺さんの後を着けると、山奥でお爺さんの心臓を抜き手で貫いてしまいました。

 そうです。お爺さんは末期癌だったのです。
 もうしばらくすると、お爺さんは症状が表れて苦しい闘病生活が始まります。

 お婆さんは、愛するお爺さんを苦しませたくないと言う、愛故に、お爺さんの心臓を抜き手で貫いたのでした。
 その後、お爺さんの亡き柄を抱え上げたお婆さんはさんは、二人で川に身を投げ、都は鬼に滅ぼされましたとさ。

 でめたし、でめたし。