※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

501 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 20:08:07 ID:S13vgeDg


502 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/09(火) 21:45:45 ID:mUE1aMSf
GJ
委員長に反応したのは俺だけじゃないはず

しかしあれだな、読み手もずいぶんと変わったけど書き手も変わってきてるな
なんというか、ノベゲー風が多いというか

503 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 01:02:26 ID:NSUmFfdy
私は一向に構わんッ!!

504 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 01:25:16 ID:E2X3Fhsw
おいどんも構わんでごわす!!!

505 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 01:57:54 ID:l4TEquzJ
GJ!!
おいおい、姉上様何教えてんだよ!?

506 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 19:53:28 ID:h/bqAUCp
ヤンデレ家族マダー?

507 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2008/12/10(水) 21:26:32 ID:D7g0devE
ええい、ヤンデロイドシリーズはまだかっ!

508 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 21:32:09 ID:/J0T4MN6
慌てる乞食は儲けが少ないと云ふ

509 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 21:42:35 ID:fcWEIgA6
作者の事を考えて発言しようぜ
最近作者を文章製造機とでも考えてる奴大杉

510 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 22:31:43 ID:CYPlr6kA
>>509だな、今は師走だけに忙しいだろうしな……のんびり待つか。

511 名前:飼いならす、飼いならされる ◆wzYAo8XQT. [sage] 投稿日:2008/12/10(水) 23:27:29 ID:Y37HkJWJ
俺は、俺に触れようと伸ばされた彼女の手を定規で打った。
「いたっ」
「ダメだって言ってるだろ」
「ごめんなさい……」
彼女はしゅんとして俯いている。首輪につけられた鎖がチャリ、と鳴った。
俺と彼女は二人、こたつに入って勉強会をしている。ありふれた、幸せな光景。ただ一つ異質なのは、彼女の首には首輪がつけられ、その首輪から伸びた鎖で柱につながれている、ということだ。
彼女は「普通」ではない。どう普通ではないかと言うとあまりに長くなるので省くが、酷く大雑把に表現すると、彼女は愛情表現が過剰すぎるのだ。そう、一般から見たら「異常」とすら思われるほどに。
だから俺は彼女から俺に向けられるスキンシップを規制した。その結果がこの首輪だ。
彼女がどんなに身を乗り出しても、せいぜい俺の手に触れることぐらいしか出来ない。しかし俺はそれすらも彼女に許可しない。彼女と俺の触れ合いはすべて俺の手の中にあるのだ。
彼女がどんなに望もうとも、俺の許可なしではそれは与えられない。支配者の喜び。自分の中に、黒い愉悦が生まれるのを感じる。
彼女はまるで犬のようだ。鎖でつながれ、ご主人様の許可を待つだけの、犬。
こんな可愛い彼女を犬にできるなんて、俺はなんて果報者なのだろうか。
「わ、私のこと、嫌いになっちゃった? ご、ごめんなさい! 嫌わないで! 嫌いにならないで!」
俺がちょっと難しい問題に突き当たり、頭を悩ましていると、彼女は突然ヒステリックに取り乱した。
ああそうか、俺が叱ってすぐに無言で難しい顔をしだしたから不安になったのか。まったく、犬でももう少し忍耐がある気がするけどな。
俺は溜息を漏らしながら彼女の潤んだ目を覗き込む。
「犬の癖に待ても出来ないのか? そんな駄犬に御褒美はやれないな」
そうして、俺はまた問題文に目を落とす。彼女の息を呑む音が聞こえる。カタカタと小さく震える音も。深い悦楽で、俺の口が歪に歪みそうになる。ああ、お前は最高の彼女――いや、犬だ。
数時間して、勉強に一区切りつけると、俺は彼女の鎖と解いて彼女の家を出た。「待て」と命じつけた後に。



512 名前:飼いならす、飼いならされる ◆wzYAo8XQT. [sage] 投稿日:2008/12/10(水) 23:28:14 ID:Y37HkJWJ
「先輩……博昭先輩!」
下校中、後ろから呼び止められた。
後ろには、いつの間にかかつての部活の後輩がいた。俺は三年。紅葉の散ったこの季節にはもう部活はとっくに引退していた。
「お久しぶりですね!」
俺を見つけて走ってきたのか、頬は若干上気しているし、息は荒い。お久しぶりというが、少なくとも先週にも会っていたはずだ。
その旨を告げると、「えへへ、うっかりしてました」と彼女ははにかんだ。
彼女は何かにつけ俺に接近してくる。なんらかの好意的な感情を俺に対して持っていることは明らかだ。
だが、俺には飼い犬がいる故にその思いに答えることは出来ない。――とてつもなく嫉妬深く、病的で、俺に近付くものは泥棒でも警察でも構わず吠え散らすような躾けの出来ていない犬が。
当然後輩も俺に彼女がいることは知っている。何せ、彼女は引退前は毎日のように部室まで俺を迎えに来ていたのだから。知らないはずも無い。
それをわきまえているのか、後輩は直接的なアプローチはしてこない。ただ俺と一緒にいられるという立場に甘んじているのか、それとも俺に対する好意というのは単に親愛や尊敬の情だというだけなのか。

珍しく、学校が終わると真っ先に俺に寄ってくる彼女がいないので、俺は後輩と二人で下校した。家の前で別れると、参考書の類を揃え、彼女の家に向かう。
彼女の家には彼女しかいない。だから俺は呼び鈴すら鳴らさず、鍵のかかってない玄関を抜け、彼女の部屋の戸を開けた。
赤かった。
夕焼けや俺の目の錯覚などではなく、部屋中を染めつくす血によって。
「あ、ひろくんきたー。ねえねえ、ひろくんにまとわりつくきったない野良猫駆除したよー。私とってもいい子でしょー? 褒めて褒めてー」
彼女はニコニコしながら俺ににじり寄ってくる。その手に握られているものは何だ。やめろ、そんなもの俺は見たくない。
彼女が手に持っていたもの。それは殴打によって晴れ上がっていて分かりにくくなってはいるものの、紛れもなく後輩の生首だった。彼女は、それの髪の毛を掴んでぶら下げていた。
場違いにも、犬が自らの捕らえた獲物を主人にアピールする様が思い出された。
ああ、俺はどうやら根本的に間違えていたようだ。
彼女をうまく飼いならせている。そう思いあがっていた。まさしく、それは完全に思い上がり以外の何者でもなかった。飼いならせない。飼いならすだなんてとんでもない。こんなモノ、俺ごときが飼いならせるはずがない。
――ああ、そうか。そうだったのか。
俺は彼女を飼いならしているつもりだったが、その実は――

「いい子、いい子」
俺は血にまみれた彼女を抱きとめ、そっと頭を撫でた。

513 名前: ◆wzYAo8XQT. [sage] 投稿日:2008/12/10(水) 23:29:01 ID:Y37HkJWJ
>>489を見てつい(ry
続かない

514 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 23:38:11 ID:VN0XrVUS
これは恐い

だがそれがいい

515 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 23:58:23 ID:WviTm0LQ
ヤンデレ「男くんのためにトレーニングして体型絞ったし、髪伸ばしたし、お化粧も覚えたetc……。デ・ニーロアプローチなんて目じゃない!」

|ここで二人の認識に大きな溝

男「彼女は俺が求める物を全て持って生まれてきたようだった」

516 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 00:25:33 ID:DHdPX4rV
GJ!
俺の理想のヤンデレだ…

517 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 19:45:19 ID:llhyMJYi
GJ

518 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 21:41:40 ID:Lu7UB0fR
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081204-00000014-rnijugo-ent

・「発情期の雌猫が」。突然の罵倒にビクッとすると、隣のクラスのヤンデレ…。
・なぜそんなにも懸命に尽くそうとするのか? それはヤンデレが愛情深いからなのだそう。
・ただその分、嫉妬深いといわれています。
・ヤンデレを飼っている男性が、女性を部屋に入れたとすると、嫉妬する。襲いかかる可能性だってあります
・愛情が深いほど、嫉妬心も深いとな…。

519 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 21:53:57 ID:5EDW78kU
発声練習だけでは収まらず、執念で遂に擬人化したオウムが泥棒猫を抹殺し、愛する飼い主を逆レイプ。
まで妄想した。

520 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 23:21:45 ID:NWg/r+C4
数日待ってください。書いてきます>病みオウムSS

521 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 00:01:05 ID:NWg/r+C4
猫以外の動物はけっこう嫉妬深いイメージ
ヤンデレは「愛がないのに発情してる」ってののしる意味で泥棒猫ってライバルを表現するのだろうか

522 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 00:02:39 ID:5EDW78kU
これは期待wktk

523 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 00:12:30 ID:uosYZKSS
ヤンデレっぽい動物というと猫が浮かぶんだけどなあ、怪談とかでもよく出てくるし。
まあそれとこれとは違うといえば違うんだが。

524 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 01:59:15 ID:5YSQXMAi
うちの猫(♀)は水道工事のオヤジが上がってきても爆睡してるくせに、
従妹が泊まりにきたときは毛を逆立てて寄り付かなかった。

嫉妬されたと思いたい

525 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 01:59:21 ID:peMJR1Jw
サ〇エさんの歌のように昔から人のモノを盗むからじゃないか

526 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 06:29:14 ID:Rr5MCYZ6
>>519-520
擬人化スレでやれよw


527 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 06:48:48 ID:rfbHsdru
この手のシチュ系のスレは被ることが多いから
ヤンデレメインなのか擬人化メインなのか
どちらにするのかは作者が判断して投下先決めればいい。
外野がどうこう言うことではないと思われ。

528 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 11:44:17 ID:raB5quqb
擬人化した狂暴な♀動物が逆レイプする【十四匹目】
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1225189442/

こんなスレもあるんだぜ?

529 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 15:58:27 ID:9G8ICf6q
ヤンデレによる全戦争行為への武力介入を開始する

530 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 19:19:44 ID:kDqm96VM
>>529
(((゜Д゜;)))ガクガク

531 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/12(金) 19:38:10 ID:RVnPt7/w
まさに愛は地球を救う、だな

532 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 00:07:05 ID:tEtRuQ4S
ヤンブレラが製作したヤンデレウイルスが研究所内に汚染
ヤンデレハザードが発生したが、感染した場所が悪かった

感染した地域は研究所の隠れのみにしている
女子校


約300人の女の子がヤンデレウイルスに感染、ヤンデレ化したと思われる
日本警察はヤンデレバスターズに出動要請。
政府が下した決断は…… ヤンデレの殲滅

それは300人の女の子を皆殺しにして、全ては隠滅する予定だったが
ヤンデレバスターズに裏切り者がいて、部隊は半壊滅状態。
それを救助するために、新たなヤンデレバスターズ部隊が派遣されることになったが……




続かない

次はどうせ、県内が全て感染地域でヤンデレ化するオチだしw



533 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 00:57:03 ID:JbEw8e+t
Y(ヤンデレ)ウイルスですかw

効果:感染者は一人の男への異常な愛を持ち
それによって様々な影響がある(男には危害を加えない)
女性ホルモンの多量分泌から外観が美しくなる。

むしろこれは全世界にバラ撒くべきだろ。

534 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 02:02:24 ID:Fy62xmXW
だがヤンデレが別々の男を好きになるとは限らんからな…
むしろ地獄絵図が見える

535 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 08:05:32 ID:z2xamz91
そんな作られた愛なんていらん

536 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 10:18:13 ID:j999FvRl
ヤンデレに『これって婚姻届だよな』って言ったらどうなるの?

537 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 10:47:25 ID:UJCpgIEa
ヤンデレの前で女友達と一緒に石破ラブラブ天驚拳やってみたい

538 名前:トライデント ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:30:41 ID:ARqPzft2
では投稿致します

539 名前:お隣の彩さん ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:33:12 ID:ARqPzft2
第2話『依存対象』

人は平等ではない。
親がいる子供、親を失った子供では
その後の子供の人生は大きく変わっていく。
例え、それが最初から両親の愛情を受けずに育った子供なら尚更だ。

人生に勝ち負けはないと思うが、私にとって人生とは惨めな自分を思い出せる過酷な日々だった。
私、桜井彩は孤児である。
両親は私が生まれてから、すぐに交通事故で亡くしたと聞く。
特に両親は駆け落ちするように付き合ったおかげでどの親戚も私を引き取ることを嫌がり、

赤子の私を孤児院に預けた。親がいない子供が行く先はまさに地獄であった。
物心を覚えた私は孤児院の職員に厳しく躾けられ、ただの世話というよりは機械的な作業であったと思う。
それは他の孤児院の子供たちも一緒で、彼らは自分らの給料以上のことは動かない。
厳しく躾けられるのは自分達の仕事を減らすためにある。
言うことを聞かなければ、子供に暴力を振るい、逆らう人間は食事を抜きにする。

職員の気分次第では暗くて狭い部屋、懲罰室に何日も閉じ込めたりする。
彼らは子供たちにとっては悪魔だった。
孤児であった私の安らぐ場所はどこにもない。通っていた学校などは最も私の嫌いな場所の一つである。
無邪気な子供は何も知らない。何も知らないからこそ、自分の言葉に責任も持たず、刺々しい事を言ってくる。
両親のいないというだけでバカにされ、のけものにされる。

何か欠点さえあれば、それを口実に強者は弱者を叩く。叩く側は勝利の美酒に酔い、負け犬はひたすら泣き続けるしかなかった。
特に一番嫌だったのは、運動会と参観日などと言った行事であった。
私には誰も声援を送ってくれる人なんかいないし、他の子供たちが親と仲の良い光景を見せつけられると
自分が不幸のどん底にいることを感じさせる。
誰にも優しくされることもなく、私は一人寂しく生きていた。

抜け出したかった、孤児院は経営者の無謀な経営方針のおかげであっさりと潰れ、
真っ先になんとかしなくてはいけない孤児の子供たちを見捨てて、自分達はさっさと逃げた。
債権者から追求を避けるために。
孤児院がなくなったおかげで私は強制的に孤児院を追い出される形になった。

とはいえ、その頃は高校生だったので、誰も引き取る孤児院や人がいなかったから、一人の生活を余儀なくされた。
通っていた高校を中退して、一人で生きるためにアルバイトで生計を立てた。
更にその仕事先でも、高校中退で孤児院出身の私の世間体は悪く、誰からも相手にされなかった。
そのような人生を歩んでいたせいだろうか、私は自然と人という生物は信用しなくなった。

温もりさえ求めなければ、何かに期待しなければ裏切られることはない。
私は私の心を防衛するために孤独でいる。愛情を求めずに、ずっと一人で生きていこう。

そう、決心したはずなのに。

私は、彼と出会ってしまった。
周防 忍さんに。


540 名前:お隣の彩さん ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:35:26 ID:ARqPzft2
うにゃーーーーーー!!
私は引っ越してきたばかりの家で奇声を発していた。
だって、だって、信じられる? 今日は凄いことがあったんだよ。
いつも、一人だった私に優しくしてくれた人がいたの。
悪徳引越しセンターどもが私の荷物を捨てるように投げた柄の悪い男のせいで一人途方に暮れていたのに。
困っている私に周防忍さんが声をかけてくれたの。
『手伝います』
って。

最初は信用できる人じゃあないと思っていたけど、そうじゃなかった。
あの重たそうな荷物を周防忍さんはほとんど一人で運んでくれた。私のためにだよ。
私のために忍さんは引越しの手伝いをしてくれた。それだけで充分に嬉しかった。
きゃは。
わたし、忍さんなんて。名前で呼び捨てしているし。
うんうん。
落ち着け、私。

忍さんと私は今日初めて出会ったんだから、名前で呼ぶなんて……。
心の中だけなんだからね。
本人の前で忍さんなんて言った日には、私は多分恥ずかしいあまりに体が溶ける。
ううん、体の8割の水分が流れきってしまうはずだよ。
それにしても、私は忍さんに冷たい態度を取ったから、嫌われているかもしれない。
初対面であんな突き放すようなことを言っていたら、普通は好感度だって下がるよね? 某内閣支持率も急落に下がる。
ど、どうしよう。

とはいえ、忍さんに助けてもらったから、ちゃんとお礼をしよう。心を込めて謝罪すれば、私の想いに気付いてくれるかな?
今日、生まれた淡いな想い。
人を好きになる。
いつも孤独であり、人間不信に陥った私が異性を好きになるなんて夢にも思ってなかったけど。
その想いだけで私の胸が自然と温かくなる。床の上をゴロゴロと反転して、
うにゃ、うにゃ、うにゃ、と奇声を発しながら私は久しぶりに心地良い時間を過ごした。
だから、就寝する頃になってある事に気付かなかった。

「どうやって、寝ましょうか」
荷物生理してないダンボールだけが積み重ねた部屋を見て、私は呆然と立ち尽くしていた。
今日の出来事を何度も思い返して、妄想の渦に流れ込んでいた罰が当ったのでしょうか。
お布団はこのダンボールの中に埋もれている。
探し出すのは困難であり、引越し作業で体力を使い果たしているから無理に等しい。
私は途方に暮れていた。
疲労のおかげで正常の判断を失っていたと言ってもいい。

「今夜は忍さんと一緒に寝たいな」
と、一人で呟く。
そう呟いてから、私の行動は早かった。
『女の子は行動力なのよ!!』
どこかの誰かが残した言葉だ。
その言葉の意味を知る時がやってこようとは。

恋する女の子は受身だけじゃあダメなの。攻めて、攻めて、攻めて、攻めまくらないと
恋愛という乙女の命がけの戦いに勝利することはできないんです。
そう決意すると家を抜け出し、
忍さんの家のインターホンを鳴らした。
私は精一杯の勇気を振り絞って言った。

「泊めてくれませんか?」



541 名前:お隣の彩さん ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:37:28 ID:ARqPzft2
今日、出会ったばかりの女性にいきなり、『泊めてくれませんか?』と言われた時、
正常な男性はどういった反応を返せばいいんだろうか。常識的に考えても、恋人ではない男女が
一夜を過ごすのは倫理的に許されるわけがない。もし、間違いを犯せば彩さんを悲しませることになる。
「ダメでしょうか?」
彩さんが消費者金融のCMのごとく潤んだ瞳で俺を見つめている。そんな瞳で見つめられたら断ることができない。
「わかった。泊めましょう。今日だけですよ」
「はい。ありがとうございます」
と、俺は軽い気持ちで彩さんを部屋に入れた。

人生で初めて女性を自分の家に招いたことにある一種の感動と緊張感が俺の中で生まれていた。
彩さんは相当な美人な分類に入り、本来の俺ならお近づきすることもできない人だ。
その人を俺のちらかっている部屋に泊まるというだけで何か興奮する。
テレビとタンスなど日常品やベットを置けば、部屋一杯になる狭い部屋だ。
クッションの敷いた場所に彩さんを座らせて、俺はお客様を歓迎するためにキッチンにお茶の葉を探していた。
ちらりと彼女の姿を覗くと。
彩さんは嬉しそうに俺の部屋を眺めていた。
「あの何か飲みます。お茶しかありませんけど」
「ああ。いいですよ。そんなに気を遣わなくても」
「そうですか」
「あの周防さん?」
「うん?」
「今晩は同じ布団で一緒に寝ていいですか?」
「なんですと!!」
突然の彩さんの衝撃発言のおかげで俺は猫を被るのを忘れて叫んでいた。
年頃の女性が一緒に寝るのは間違いなく危険な発言だ。俺の中の狼が覚醒しそうだ。
「そんなのは絶対に駄目ですよ」
「うにゃ……駄目なの?」
「ううっ。確かに一人分の布団しか家にはないけど。彩さんはベットに寝てもらって、俺が床で寝るつもりだったけど」


542 名前:お隣の彩さん ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:38:33 ID:ARqPzft2
「そんなの駄目ですよ。私のせいで周防さんが床に寝るなんて。そんなのダメなんですから」
「でもな」
「でももヘチマもありません。一緒に寝た方がきっと温かいですよ」
確かに彩さんと一緒に寝れば、今日の夢心地は良く、明日は爽やかな朝を迎えることが出来るかもしれない。
天使のような微笑を浮かべている彼女の期待を裏切ることもしたくはないし。ここは誘惑に負けてしまおう。
「わかったよ。一緒に寝ましょう:
「うにゃーーーー!! ありがとう」
彩さんは嬉しさのあまりに俺に抱きついていた。背中には彼女の手がぎっちしと包むように抱き込んでいた。
予想すらもしなかった行動に俺は自分の顔から首まで真っ赤になってしまうのがわかる。
異性の接触は思っていた以上に全体的に柔らかくて気持ちいい。
更に自分の心のどこかで安心できる癒しみたいなを感じていた。
彩さん効果だな。
「あの抱きつくのは彼氏さんにしてあげたらいいのでは?」
「彼氏?」
「彩さんは彼氏いるんでしょう?」
「そ、そ、そ、そ、そんなのいませんよ。ううん、いないよ。私、今まで男の子と付き合った経験なんて全然ないですから!!」
「そうなの」
「そうなんですよ」
そうか、彩さん彼氏いないのか。良かった。って、俺ごときが彼女なんかに相手にしてもらえるはずないのに。
なにが良かっただ。
「あの、周防さんは……その、彼女とかいるんでしょうか?」
「え、えっと、生まれてから今まで女性と交際経験なんてありません。ぐすん」
「そうなんですか!!」
と、俺が彼女がいなかったことに凄い喜びを彩さんは感じていた。更に抱きついている手に強い力が込められる。
「大丈夫ですよ。周防さんなら素直で優しい彼女ができますよ」
「そうかな」
「私が保障しちゃいますよ」
彩さんみたいな女の子から彼女ができると断言されるってことは俺に気があるというのはほぼ絶対的にありえないわけで。
少し悲しい気持ちになってきた。
「ではもう寝ましょうね」

543 名前:お隣の彩さん ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:40:06 ID:ARqPzft2
就寝。
シングルベットで二人で寝るのは狭くて窮屈だった。
俺と彩さんの肩が触れ合い、腕と腕の感触が男と女とでは温度差が微妙に違う。
女性の温もりは誰かを包み込むような優しさに満ちており、俺の心にやすらぎを感じさせる。
どうして、今日会ったばかりの人と一緒に寝ているのだろうかとか、些細な疑問などどうでもよくなる。
だけど、隣で彩さんが寝ていると思うと寝付けることができなかった。
仰向けになって天井ばかりを見る時間が増える。
「周防さん、起きてますか?」
「はい、起きてます」
と、俺は彩さんの顔を見ようとせずに曖昧な返事で返していた。
「引越しの手伝いをしてくれて本当にありがとうございます。感謝してもしきれません」
「その事は彩さんが困っていたし、助けなきゃと思っていたわけであって」
「誰にでもできませんよ。困っている人を助けることなんて。周防さんは私を見捨てることだってできた。
けど、それをしなかったのは周防さんが優しい人だからだよ」
「優しいねぇ」
「うんうん」
自分は本当に優しい人なのだろうか。俺は今日出会ったばかりの彩さんを助けようと思ったのは
困っている彼女を助けられないことを後で後悔したくなかったからだ。
「それだけじゃないです。寝る場所がなかった私をこうやって泊めてくれたし。それに……一緒に寝てくれました」
「シングルベットは狭いけどな」
「うふふっ。周防さんが傍に居てくれるから、とても温かいですよ」
彩さんが優しく微笑する。確かに二人の距離は密着する程に近づいている。
昨日は互いに知らぬ人であり、今日は出会ったばかりなのに。本気で摩訶不思議な体験をしているな。
「夏だったら、こんな風に寝たら暑苦しいだけだが」
「そんなことはありませんよ」
「そうか」
「周防さん?」
「うん?」
「ふつつか者ですが、よろしくお願いします」
「ああ。俺からもよろしくな」
「で、周防さんにまたご面倒をかけることになるんですが」
「何かあったの」
「興奮したら、ちょっと鼻血が」

えっ?  鼻血って。


544 名前:トライデント ◆J7GMgIOEyA [sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:41:39 ID:ARqPzft2
以上で投下終了です



545 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 16:52:00 ID:Q8HIaJUX
>>544
GJ!まだよんでないけどとりあえずGJ

546 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 17:08:15 ID:Q8HIaJUX
>>544
読み終わって再びGJ!

547 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 17:33:57 ID:k1uKj/Un
good job!!

548 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 17:51:37 ID:jgZmUCKD
>>544
正に俺の理想のヤンデレだ・・・GJ!!

549 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 17:57:33 ID:UJCpgIEa
GJ
!
これからどう病んでいくかwktk

550 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 20:42:56 ID:bC7t8Aj1
乙!


551 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 22:07:07 ID:E+XhNyzv
最近よくコカ・コーラを飲むんだが、コーラをコップに注ぐ時なぜか氷を入れてないと嫌なんだよな

552 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 00:22:41 ID:/orquzC0
お前に氷入りコーラだす女がいたら気をつけろよ

553 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 00:23:48 ID:+bsboBlw
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

554 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 01:16:34 ID:zzgAnyX1
コーラが?

555 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 03:15:26 ID:3FOxxmPI
コーラに入れる氷は、作るときにラムネ菓子を適量入れておくと大人の味わいだぜ!!!!

556 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 06:14:10 ID:ZJBmsLnM
>>555金持ちな泥棒猫に飲ませて赤恥をかかせるのか。
ホントにヤンデレは容赦ないぜ。

557 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 10:02:28 ID:/VlbnucL
モットーが勝負とか心とか才能とか半歩先とか成仏とかXO醤とか。
そんなこと言い出す若い子達が包丁投げたりサメやダチョウと戦ったり、犬を殺したりします。
出てくるキャラはコスプレ好きとかゴスロリとか中仏ハーフとかそんなのばっかです。女装もあるよ。
メインヒロインも血まみれになりながら生肉食べたりします。そして出てくる女の子はすべて爆乳。
前作の最後で死者が出ちゃったのでヒロインと主人公は手を取り合って高飛びしました。

それが鉄鍋のジャン

558 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 11:47:08 ID:TtfUSnXO
料理漫画じゃなかったのか・・・・

559 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 12:01:53 ID:7LJzo0q+
物は言い様だなw

560 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 12:55:40 ID:wPJKRBrB
・「泥棒が」とショットガンで迫られる
・熱烈なビデオレターを何度も送る
・男の幼馴染に刃物を突きつけた上にビルから突き落とす。
・男の友人をトレーラーで追い回す
・男の友人と幼馴染を誘拐、拉致、殺害(友人は重傷)
・「私にはあなたが要るのさ」
・「一つ屋根の下で暮らそう」と提案するも拒否される
・笑いながらビルから落下

それがダークナイトの嬢カー

561 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 14:18:13 ID:CooFlo12
>>557
なんだろうこのモヤモヤした気持ち…

562 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 15:33:04 ID:s4pPpVcs
一酸化二水素のガイドライン中止。

563 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 16:34:00 ID:T3U6oU8b
DHMOですね

564 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/14(日) 23:09:48 ID:jM4V278G
逆に考えてみよう
すべてのヤンデレは一酸化二水素を摂取している
つまり一酸化二水素を女性に与えればヤンデレになるのではないだろうか
早速学会に報告してくる

565 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 00:30:08 ID:Htc8in9w
泥棒猫の母親を抹殺するため、ヤンデレに送り込まれた人型ロボットヤーミネーター、Y-800。
シュワルツェネッガーが筋骨隆々としていたのと同じくらい胸が大きいが、最終的にはプレスされて死んだ。

子供時代の泥棒猫を抹殺するために送り込まれたヤーミネーター、Y-1000。
Y-800の失敗によって、弱点を反省した結果貧相な体つきに。最期は溶鉱炉に突き落とされて破壊された。

以下黒歴史↓
なかったことにされたヤーミネーター、Y-X。
バットマンのCベイルがジョンコナーなので出番が来そうにない新Y-800

566 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 09:34:29 ID:YRRCiIsV
>>565
レス内容は馬鹿馬鹿しいが、ヤーミネーターという単語に言い知れぬときめきのようなものを感じた。

567 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 11:57:50 ID:EayzVPwT
ヤーミネーチャンとか…
ガキの頃はやったターミネーチャンの改変。
K君の姉はよくK君に鉄拳制裁していた。
その様を見た何人かが「ターミネーチャン」と言い初めて流行った。


568 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 13:46:10 ID:1Mdadp/H
自分語りうぜえ

569 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 18:48:24 ID:tDVa7aLa
>>568
で?

570 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 19:01:55 ID:JPrhzK3J
>>569
察してやれよ
ヤンデレは自分の好きな人以外はすべてどうでもいいから自分語りをうざく思うだろうし
仮にヤンデレの好きな対象が自分語りしていたとしても
「それは私だけが知っていればいいの!私たち二人だけの秘密なの!こんな泥棒猫がいるような場所で言わないで!」
ってなるだろうし
どっちにしろ、ヤンデレにとって都合が悪いわけだ

571 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 20:28:26 ID:Htc8in9w
「誠越えしても心が自分に向いてればいい」
「なに、初恋じゃない? 関係ない」
「ファーストキスなんかいらない」
「誰が好きだったとしても、振り向かせてみせる」
「なんで非童貞なんだよ! 私以外の女を抱いちゃダメぇぇぇ!」
「え!? はじめてのチューじゃないの!? お仕置きが必要みたいね」
「これが初恋じゃないの!? 童貞でも心が中古じゃダメぇぇぇぇ! 女殺す!」

572 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 20:34:57 ID:1Mdadp/H
>>570
自演乙

573 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/15(月) 23:49:55 ID:15cLkSWG
>>571
ご立派(褒め言葉

574 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 00:21:34 ID:ynMH5ncy
>>569
こ!

575 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 00:41:06 ID:sjMatI1A
>>571
誠越えって何? あの男のクズを上回る女性遍歴の持ち主ってこと?
ちょっと意味合いが想像できん単語だなあ。

576 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 00:48:05 ID:wTYK+bW0
誠の親父がいるだろ

577 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 02:08:36 ID:WpWGyWY1
すみません、質問なんですけど「いない君といる誰か」という作品はまだ完結されてないんでしょうか?

578 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 02:45:02 ID:5QrbnSwF
過去ログ嫁

579 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 11:35:16 ID:0aUVjz5x
>>576
あのレベルならなおのこと『心』なんて言葉の響きが空しくなるんだが。

580 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 22:08:02 ID:LJbDn/nh
つか、ワイヤードってまだなのかな? ずっと待ってんだけどな・・・

581 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 22:09:26 ID:6BK6Ilgk
まだまだうるせーんだよ

582 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/16(火) 23:29:51 ID:5QrbnSwF
作者乙

583 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 00:23:33 ID:Nd3xUFU7
嫌な流れだな・・・
年末だからか?

584 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 01:10:26 ID:hAI2gg+1
お客様気質(笑)

585 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 01:35:34 ID:/7MJD3UQ
「嫌な流れだなぁ……年末だから?」
また、お兄ちゃんにメールが来た。

【クリスマス空いてますか?】

何処で調べたかは知らないけど、お兄ちゃんにメールで愛の告白なんて百年……ううん、
この世が終わったってお前に資格はないんだから。
とりあえず、この糞生意気なメールの履歴と内容を素早く消去する。
「ついでにメールの受け取り拒否を設定しておいてあげる」

私って何て親切なんだろう。だって、下手にお兄ちゃんに近づいたら、階段から転げ落ちて
怪我するような不幸に見舞われてしまうかもしれない。
「そう、お兄ちゃんに近づいた人って、何故か不幸な目に遭うのよね。私が注意してあげないと」
お兄ちゃんに話しかけたり、触ったりして平気でいられるのは私だけ。ずっと昔から……。

隣の幼なじみの子、やたらとお兄ちゃんにベタベタまとわりついて仲良くしていた。
3年前、交通事故で大怪我したっけ。
お兄ちゃんに初めて告白した子。
クラスの全員に嫌われて、虐められて……最後は登校拒否になって転校していった。
その頃からかな。お兄ちゃんも女の子の告白を断るようになったのは。
仕方ないよね。だって、お兄ちゃんは私以外の女の子には、貧乏神になっちゃうんだもん。

「あれ?俺の携帯?」
お兄ちゃんがお風呂からあがってきた。
「うん、お兄ちゃん。また出しっぱなしだったよ。お父さんやお母さんに見られたら困るような
メールが入っているんじゃない?賢い妹が見られる前に避難させておきました~」
「馬鹿、そんなの入っているわけ無いだろ」
「だって、お兄ちゃんもてるんでしょ~」
「俺の恋人はサッカーなの。それに、お前が思っているほど俺はもてないよ」
「そっかぁ。残念。もてる兄をもっていれば、妹としても自慢できるんだけどなぁ」
「悪いな、もてない兄で」
「仕方がないなぁ、恋人ができるまで私が恋人の代わりになっててあげる」
「馬鹿、やめろ、俺っ、裸だぞ」

ふふっ、私に抱きつかれてお兄ちゃん焦ってる。可愛い。
いつまでも、ずっと、私が恋人になっていてあげるね。
お兄ちゃんが多の女の子とくっついて……貧乏神……ううん、死神にならないように。

>>583へのレス

586 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 12:35:02 ID:PtpcVTOy
>>583に嫉妬

587 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 18:24:38 ID:NvTuxHJW
「あの泥棒猫が憎い憎い死ね死ね」

「あの女を殺していいのは私だけ」

「女さんの魅力を一番分かっているのは私だ。
敬意を表して、彼女の死に水は私が取ってやる」

588 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 19:13:49 ID:oe0aX7+P
それなんてベジータ

589 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/17(水) 23:34:25 ID:X8dqwOKt
「あんたがNO.1よ…」

~和解~

590 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 05:02:22 ID:K0PjllMa
ヤンデレの物語とは、ある意味泥棒猫と結ばれようとする話だよ。

ヤンデレ>>>生きている者と死んでいる者の壁>>>泥棒猫

怒りを我慢するから憎いのであって、ぶち殺せば泥棒猫を主人公以上に好きになると思うよ。


591 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 08:06:54 ID:ecRD/r0c
もうなんかヤンデレから離れ始めてるな

592 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 08:20:42 ID:sNt0kDZI
>590うぜえ

593 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 10:43:15 ID:8vFXx+m5
とりあえず死ね死ねしとけばヤンデレだと考えていそうだな。

594 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 14:35:04 ID:5/DFFOx5
殺す殺す詐欺

595 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/18(木) 17:20:00 ID:zV8w6KYs
機械と彼をこよなく愛す女技術者。
最初は戦闘機械の着装者として接していたのだが、次第に愛着が湧いてくる。
それと共に機械のデザイン等も変わってくる。
スーツ式→着脱式開放型→着脱式一体型→生体改造。
最後、最終兵器彼氏となった男と開発者の女技術者は駆け落ちすることに…

と突っ込みどころ満載のネタで流れ変えてみる。 

596 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 01:13:36 ID:MAXL5Z/3
週刊新潮に面白い記事が。
インドのある男性が嫉妬した元彼女に薬盛られて動けない間にちんこ切断され
彼女は切り取ったちんこ持って逃走。

597 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 03:15:40 ID:i8qLx/c3
阿部定事件を思い出す…。

598 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 09:08:06 ID:uRAZkXWZ
女性の犯罪率って全体の2割くらいなんだが、殺人とかの暴力事件ってのはその中でもかなり珍しいらしい。
多いのは麻薬と窃盗。
たまに女性が殺人とかを起こすとそれだけで大きなニュースになるのはそのせい。

599 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 17:11:55 ID:HNVCl+76
なるほど

600 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 20:41:36 ID:SQWVIM9q
>>595
>機械と彼をこよなく愛す女技術者。

一瞬某フェアリイ空軍大尉を連想したぜ

 

601 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 22:09:02 ID:wq1erpvs
ヤンデレが愛しの彼に付きまとう泥棒猫(彼女)を始末しようとするんだけど、
逆に返り討ちにあってボコボコにされたあと泥棒猫が変に気をつかって傷の手当とかしてもう彼には近づかないでとか言うんだけど、泥棒猫の強さと優しさに感動して今度は彼女に惚れてガチ百合に目覚めるヤンデレが見たいです

602 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 22:10:26 ID:O3gr+5aT
ヤンデレは一途さも魅力だと思うよ

603 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/19(金) 22:52:07 ID:2jsbQBxE
>>601
XCAでもやってろ

604 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 00:29:06 ID:hU7gELmS
>>601
病んでるほど(彼氏に対して)愛してない。デレてない。
もはやそれはただのいやあるいは

605 名前:601[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 01:02:05 ID:6jPlUKqo
皆から言われてちょっと考えたんだが、俺が言ったのはヤンデレじゃなかったな・・・もっと一途で純粋だった気がする
保管庫見て勉強するわ

606 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 01:58:07 ID:460gRkhm
オレはヤンデレは自分のことをヤンデレだなんて思ってないと思うんだけど

最近の自分のことヤンデレって言ってるやつ何なの?

607 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 02:01:23 ID:qqrNPySK
メンヘラ

608 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 06:05:16 ID:idmLZwz7
バカ

609 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 11:27:03 ID:vI8oM7o4
ヤンバカと聞いて

610 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/20(土) 14:12:11 ID:WTX42Iv7
>>609
ただのバカでよろしい

611 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 00:51:42 ID:xOkGEuh3
ヤンデレ自称すると死亡フラグ立ちそうだね


612 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 00:54:28 ID:fdVCnfvR
仲良しなヤンデレと泥棒猫から発想を得たので投下します


「まゆり!開けろ!開けるんだ!!」

あ、たっくんだ
お風呂場のドアをドンドン叩きながら私のこと呼んでる
嬉しいな
たっくん、このごろ美由ちゃんとばっかりお話してたから
私のこと忘れちゃったのかと思ってた

「おい!なにやってるんだ!!」

何をやってるかって?ええっとね
たっくんのお部屋にこっそり入って、たっくんの部屋のごみを持ってきたんだよ
たっくんがいらないと思っても、私は欲しかったからもらったんだ
あ、後ね、美由ちゃんにたっくんを返してって言ったよ
たっくんは私の幼馴染だもん
後から来た美由ちゃんが私より優先されるのっておかしいよね
それに、美由ちゃんってば悪い子なんだよ
たっくん以外を見るし、たっくん以外と話すし、たっくん以外に触るんだから
たっくんが好きなら、たっくんのこと以外気にかけない子じゃないとダメ
私みたいに、毎日たっくんのことだけ考えて、見て、触って、話すような子じゃなきゃ認めない
そのことでさっきたっくんと喧嘩しちゃったんだよね
でもでも、追いかけてきてくれたんだよね
嬉しいな、嬉しいな

「開けろ!開けろって!!まゆり!」

どうしたの?なんか怖いよ、たっくん

「早く!まゆり!」

何を言ってるの?ドアは開いてるじゃない

「頼む・・・俺が悪かったなら謝るから、だから・・・!」


「死なないでくれ!!まゆり!」


しぬ?しなないよ。しんだらたっくんにあえないもの

613 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 00:55:02 ID:fdVCnfvR

たっくんが最近私に優しくなった
嬉しいな
毎日会いに来て、私の世話をしてくれるんだ
美由ちゃんとは別れたんだって
あの日、たっくんが飛び込んできてくれたおかげで私は死ななかった
死ぬつもりはなかったんだけど、ちょっと間違えて混ぜちゃいけない洗剤を混ぜてお風呂に入っちゃったんだって
そのせいで、ちょっと足が動かなくなっちゃった
だからって、たっくんが気に病むことなんてないんだよ
その前にちょっとたっくんと美由ちゃんのことで喧嘩してたり
たっくんに向けてたっくんに嫌われたら生きていけないって言ったりしてたのは
全然関係ないよ
そう私は言ったんだけど、たっくんは真面目な人だから責任を取るって言ってくれた
嬉しいな、幸せだな

たっくん、ずっと一緒にいようね

もしもたっくんがいなくなったら

今度こそ

死んじゃうから




ヤンデ・・・レ?
ヤンデレ成分が極少になことをお詫びいたします

614 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 01:12:37 ID:KohrDFPl
>>613
自傷行為に走るタイプか。
いいと思います。

615 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2008/12/21(日) 01:13:23 ID:B6ZyfQhu
>>612
久々にゾクゾク来た
ありがとういいくすりです

616 名前:615[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 01:14:16 ID:B6ZyfQhu
ご、ゴメンネ

617 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 02:20:23 ID:wDZKkWLk
男「そこもとは素直クールの妹、かのツンとて粗略にはなさるまい。城を出て我が菩提を弔ってくれ」
女「ありがたきお心なれど、わらわは男管領様の妻、どこまでもお供します」

618 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/21(日) 13:25:12 ID:7Ug9CUxa
>>600
早くFAFに行けwww

619 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 01:03:19 ID:r8LzR/W3
静かだ……
Xdayに向けて皆忙しいのか

620 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 13:26:00 ID:suHcCMCj
嵐の前の静けさだな

621 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 14:47:25 ID:apFP+hYL
荒らし…?((゜д゜;))ガクガク

622 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 15:41:15 ID:sf2Otdzc
>>621
呼んだ?

誰かひぐらし原作知ってる人詩音がヤンデレなのかどうか説明付きで教えてください

623 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 18:21:11 ID:tnO2VRTj
他所でやれ

624 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 21:05:18 ID:+7XLxyIq
>>622
笑った。さすが荒らし。
よいこは真似しないでね

625 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 22:01:46 ID:zILVfweb
他所でやれ

626 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 22:39:37 ID:Jf3mBDhm
頭の中ではヤンデレが思い浮かびまくるのに文章にできないぜ

627 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 23:52:07 ID:sf2Otdzc
>>623-625
悪ノリだったなすまん

628 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/22(月) 23:53:33 ID:Jn59817y
SAWのジグソウ的要素を加えたヤンデレだと、誰を監禁してゲームに興じるのだろうか?

おはよう、女さん。
ここが分からないだろう。教えてやる。この地下室でお前は死ぬ。
お前はいつも我が物顔で私たちの仲に割り込む。だが”泥棒猫”は鏡の中に何を見るか?
私に言わせれば、今のお前の姿は怒りと恐怖が混じり、ひたすら哀れだ。
お前は今日、自分の死を見るか、上手く逃げ出すか・・・

629 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 00:21:58 ID:uY5x6PpG
一般的にいってヤンデレの最終目的は男との夢の生活で
ライバルの排除なんて手段にすぎないわけだから
そんな風に、獲物を目前にして舌なめずりしていたぶったり
無駄に関わりあって時間をかける必然性がほとんどない気がするけどな

「ただ殺すだけではあきたらん!」なんて持って行き方はあるかもしれないが
それにしても、SAWみたいなことまでするなら
既にそのゲームが目的になってしまってて、ヤンデレとしてはなんか違わね?

630 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 00:23:22 ID:Ed2ySbMD
わざわざ言ってるんだから触れるなよ

631 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 10:37:58 ID:RIMa4jvA
今頃病んだサンタ娘がプレゼントの荷造りしながら大好きなトナカイくんにどうやって今もうずいて止まないプレゼントを渡して、ひとりじめするかを考えてるんだよなぁ。

もしくは逆に病んだトナカイ娘がサンタくんから白いプレゼントを貰うかを考えてたり

632 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 21:12:29 ID:+c+4d1wJ
女だけでなく主人公もぶっ壊れていて
周りの女が死んでいく
→実はある女のせいだと分かる
→男「実は僕も好きだったんだ。嬉しいよ、こんなに愛してくれるなんて。でも殺人は控えようね。」
→数日後
女「〇〇を殺したわ。あなたにやたら話し掛けて目障りだったから。スクイズみたいに腹かっさばいてやったわ。」
男「へえ…なかなかオツなことをするじゃないか。よしよし(なでなで)」
女「えへへ」
男「でも警察とかも怪しむだろうからしばらく我慢してね。その代わり縛ったりして楽しんでもいいよ。」

みたいなのを考えたが文章化不可。

633 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/23(火) 23:33:26 ID:JMHcbQxa
>>632
>>629を十回ぐらい読んだ方がいいと思う

634 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 02:31:59 ID:g0lzs8Ir
>>629
つまり君は病んでさえいれば障害が何も無いラブラブなヤンデレでもよろしいと申すか。

…文章化したときに盛り上がりがないよママン…

635 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 05:05:42 ID:UiKR7vYR
>>634
障害が何もないラブラブなヤンデレで何の問題があるというのだ
盛り上がりなんて、最初からクライマックスですよ

636 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 05:17:37 ID:Jt+6KoWl
イブの朝一から股間の盛り上がりとかいっていい?

637 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 07:29:13 ID:8x+G3Hg7
ほう。なかなかのセンスだ

638 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 11:16:36 ID:ksL8Dfrg
視線を感じる
無言電話
下駄箱に想いのたけを綴った無名の恋文
よく話していた(?)女子の失踪

そしてある日我慢できなくなった女は主人公の家に忍びこみ・・・>>632へ

やっぱり文章化しても盛り上がらないかorz
書けないけど。

639 名前:クリスマスが今年もやってくる[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:49:06 ID:aGZLMkj+
携帯ですが投下します。
初めてなので、いろいろとご指導をお願いします。

640 名前:クリスマスが今年もやってくる[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:50:46 ID:aGZLMkj+
あなたはサンタクロースにどんなイメージを持っていますか?
一般には、赤い服に白い髭をたくわえ、白くて大きな袋を持ったおじいさんでしょうか?
でも、本物は違うんですよ。本物は赤い服じゃなくて黒っぽい藍色の服を着てるんです。
なんでも、近頃は不法侵入で捕まってしまう仲間もいるので、見付かりにくい服を着ているそうです。
それに、白くて大きな袋なんて持っていません。彼が持っていたのは黒い鞄でした。
中に入っているのは、プレゼントの、宝石がついたアクセサリー等や、仕事に使う秘密道具。
最近の家には煙突なんてお洒落なものがないので、いろいろ道具が必要なようなんです。
そして極めつけに、サンタは白いお髭のおじいさんじゃなくて、若いお兄さんなんです。
おじいさんサンタはもっぱら、どの家をまわるかなどの計画を練る係で、実際に配るのはお兄さんみたいな若者なんだそうです。

641 名前:クリスマスが今年もやってくる[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:52:27 ID:aGZLMkj+
どうしてこんなに詳しいのかって? 実は私、去年のクリスマスにあったことがあるんです、サンタに。
嘘じゃないですよ。ちゃんと本人に確認をとったんですから。それにプレゼントも貰いました。一生の宝物です。
この一年間、大切に育ててます。といっても、育て始めたのは二ヶ月前なんですけど。
世話は大変だけど毎日がとっても楽しいです、ホントにサンタには何度お礼を言っても足りません。
だから、捜しました。彼を。
そしたら、すぐに見つかりました。探偵ってすごいですね。みなさんも人捜しするときはお願いしたほうがいいですよ。
沢理 惣佑(さわり そうすけ)22歳、独身、彼女無し。家族は父母と妹が一人。現在は家族とは別居し、アパートで一人暮し。
サンタとしてのお仕事がないときはコンビニでアルバイト。サンタってクリスマスの日以外にも、働くんですね。
彼を見つけたときに、私は一つ、アイディアを思い付きました。とってもステキなサプライズを。

サンタはいつもプレゼントを配る側、だから今回はもらう側になってもらいましょう。

642 名前:クリスマスが今年もやってくる[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:53:58 ID:aGZLMkj+

今夜はクリスマス。きっと彼の帰りが遅いはず。そのすきに部屋に入ってパーティーの準備をしたいと思います。
彼がアパートを出たのを確認したら彼の部屋へ。幸い、部屋の鍵は入手済み。すぐに入れました。
料理は得意なので手料理です。伊達に一人暮しを五年もやってません。飾り付けは苦手ですが頑張ってみました。
プレゼントもちゃんと用意しました。彼が帰ってきたらどんな顔をするでしょうか? 今から楽しみです。

643 名前:クリスマスが今年もやってくる[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:55:01 ID:aGZLMkj+
今年はあげる側の私ですが、今年もプレゼントをもらいたいです。なので、ちょっと料理に一工夫をしてみました。
ああ、そうだ。彼が帰ってくるのを待っている間に、私の宝物にお乳を与えておきましょう。
もしかしたら、彼もこうやって私のお乳を飲むかもしれません。そう考えるだけで胸が張ってきます。
果たして彼は気に入ってくれるでしょうか。このプレゼント《家族》を。

ああ、今年もクリスマスがやってくる。

644 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/24(水) 23:59:53 ID:aGZLMkj+
以上です。
こうして投下してみるとクソ文でしたorz
もっと上手くなって出直したいとおもいます。

645 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 00:06:01 ID:6miUWsnu
GJ

646 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 03:43:50 ID:pej+gs/V
>>644
GJ

647 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 11:39:23 ID:aSUmwkx6
>>644
GJ。

男もぶっ壊れているのだとやっぱりヤンデレは成り立たないのかな・・・。

648 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 11:43:42 ID:eKif6H2j
>>644
GJ

お茶会は男も壊れてる。
というか、あの作品は登場人物大体壊れてるな。

649 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 11:58:39 ID:2BvqwYcV
『書く』って思った時にはすでに行動は終っているからだッ!!
『書いた』なら使っていいッ!!

書きたいなら書けばいいじゃない。そしてそれからどうするか考えればいいじゃない

650 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 19:56:01 ID:YO9k43GO
不法侵入者でレイパーということか?

651 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 20:30:29 ID:oJJR4NWC
>>650
それと泥棒ですかね
泥棒に入ったら女と遭遇。勢いでレイプってイメージで書きました
やっぱり書き足りてなかったですね

652 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 20:51:53 ID:2BvqwYcV
いや、十分伝わってたよ

653 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:10:23 ID:oJJR4NWC
すみません、厚かましいとは思いますが、どうやったらもっといい作品が書けるか、アドバイスをいただけませんか?
どんな細かいことでも構いません。
目指している作品は『黒の領域』と『恋人作り』、それに『真夜中のよづり』です

654 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:21:10 ID:mlz2ua5D
日本語や文章がおかしいのはそれだけで読む気が失せる
読者を置いてけぼりにする白々しいノリも読んでて苦しい

655 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:24:00 ID:BbeV9TIh
エロパロ板の作品に文章力を求めるのはどうかと思うが

656 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:37:21 ID:YO9k43GO
色々な作品に触れてみるとか?
洋画ドラマやサスペンスはヤンデレ男が多くてオススメ。


657 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:42:27 ID:mlz2ua5D
そりゃあ読んでて関心するような文章は求めないけど、
正直、例えば同じ接続詞を何度も使わないとか最低限の事は出来て欲しい
中学生レベルの話だから。良い作品を書きたいと思うならさ
趣味だから自由と言ってしまえばそれまでだが

658 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 21:52:08 ID:pTqasxnP
読者の心情を想像して書くとか。こう書けば読んでる人はこう想像するだろうって具合で。
私の読解力の無さと想像力の欠落からきてるのだろうが、作者の想像したものと自分が(読んで)想像したものが違うなって自分でわかるときがあるし。
違うかもしれないが、作者がイメージを文にするのに対し、読んでる人は文からイメージを作るからね。
なんか偉そうに言ってごめんね。これも653君を愛してるからなの。


ごめんね。

659 名前:プロット?[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 22:06:22 ID:QZc/9ee+
ある少年が女性に恋をする。
大人の色香、どこかに弱さを感じさせる強い性格、そして、何故か妖しさを感じさせる美貌…。
少年は女性に愛されたいと願った。
例えこの身が傷つこうとも。

ある少女は幼なじみの少年の事を愛している。
あまのじゃくな性格も、時折見せる孤独な微笑みも、そして、その少年という存在を…
少女は少年の全てが欲しいと願った。
例え何を失っても。

ある女性は少女に溺れている。
その愛くるしい瞳を、その穏やかな声色を、そして、その一途な想いを。
女性は少女を一途に愛している。
例え誰かを殺す事になっても。


誰かこんな感じのお話を書いて下さい。

660 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 22:16:51 ID:oJJR4NWC
いろいろなアドバイス、ありがとうございます。
言われたところを見直して、次はもっといい作品を書きたいと思います。
これからもお世話になりますが、よろしくお願いします。

661 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 23:10:17 ID:YO9k43GO
男と仲のいい ゆっくりしていってねにまで嫉妬する。
あれは饅頭なのに

662 名前: ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:43:29 ID:mVrqxCHs
遅ればせながら、クリスマス短編投下します。

663 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:44:01 ID:U0/jVdTY
支援

664 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:44:36 ID:mVrqxCHs
『ヤンタクロース・サンタガール』

「あの……できれば、この状況について説明していただきたいのですが」
滋郎(じろう)は、非常に困惑していた。
それは十二月二十五日の朝。独り淋しい生活を続ける滋郎が、いつも通り独り起床した時のことである。
「あの……朝食をおつくりしましたので……まずは、食べてください」
顔を赤くしながら応える少女。
もちろん、生まれて二十三年間の間、女性と付き合うことはおろか、手さえ握ったことの無い滋郎には、実に覚えの無い人間だった。
知り合いではないことに加え、なぜ、知らないうちに家に入り、エプロンをかけ、朝食を作っているのか。
皆目見当もつかない。
まあ、相手からは敵意は感じられないし、説明してくれるということなのだろうから、と、滋郎は椅子に座った。
テーブルの上に、少女は食器を置いていく。
「おお……」
思わず、滋郎は声を漏らした。
家の冷蔵庫の中の適当な賞味期限ギリギリの食材たちが元になったとは思えないほどの美味しそうな朝食ではないか!
「あの、いただいて、いいんですか?」
「はい。そのために作ったんです」
一応、訊いた。不法侵入者にこういうことを言うものかと思うが、少女はそう言った犯罪的な、泥棒的な何かと無縁の存在に思えた。
だって――どっからどう見てもサンタだし。
ずずっと、薄め(滋郎の好みの加減だ)の味噌汁を啜り、一息つき、言う。
「サンタさん、なのかな?」
「あ……」
少女はもともと赤くしていた顔を、さらに赤くした。来ているサンタ装束と同じような色に染まっている。
訊いちゃだめなことだったのだろうか。滋郎は一瞬だけ罪悪を感じたが、やめた。冷静になるべきだ。
「はい。そうですね、言い忘れていました。わたしは、サンタガールをしています。『サンタ=マリア』と申します」
「はぁ、それはご丁寧に。でも、なんたって僕の家に。それに、深夜にプレゼントを渡すとかならまだしも、もう朝ですけど」
「そ……それは」
内気そうな少女、マリアは、もごもごと口篭もり、言った。
「わたしが……プレゼント、なんです」

665 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:45:06 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

時はさかのぼり、十年前のクリスマス・イヴ。
その時、マリアは十歳。滋郎は十三歳であった。
マリアは、当時現役サンタクロースだった祖父につれられ、トナカイそりで聖夜の空を疾走していた。
「うわぁ……。おじいちゃん、人間界には、こんなにいろいろな『光』があるんですね」
「ほっほっほ。マリアは人間の『光』が見えるのじゃなぁ。こりゃ、将来大物サンタになるのう」
「人間の『光』?」
「そうじゃ。わしらサンタは、プレゼントを渡すことで、彼らの『光』をすこしずつわけてもらって生きるんじゃよ」
「そうなんですか……。すっごく、綺麗な光ですね」
「マリア、綺麗な光と、汚い光は。その違いは、見えているかの?」
「綺麗と、汚い……? 確かに、個人差があります。子供が綺麗で、大人は汚いです」
「一概にそうともいえんがのう。確かに、大抵はそうじゃ」
「どうして、同じ人間でも、違うんですか?」
「それはのう、この『光』は、人の『願い』『執着』『夢』そのものだからじゃ。大人になるに連れ、人はそれらの呪縛にがんじがらめにされていってしまうのじゃ」
「悲しい、ことですね……」
「じゃが、例外ならある。『恋心』じゃ」
「恋……?」
「恋をしている人間の光は、そのどれもが美しいのじゃよ」
「……」
「わしも、ばあさんと出会ったときは、それはそれは……」
また始まった。と、祖父ののろけ話には耳を塞ぎ、マリアは空を駆けるそりから身を乗り出し、地上の光をみつめた。
たくさんの光がうごめいて、まるで蛍。しかし、ぱっと見ただけでは気付かなかったが、綺麗な光は、目立つが実際は少ない。
殆どは闇のようなどす黒い光だった。
「……あ、あれは」
マリアは、その中に妙なものを見つけて、思わず手を伸ばしてしまった。
「あ――」
ひゅう。
マリアの小さな身体は、簡単に空に投げ出されてしまった。
「ばあさんとの情熱的な恋は、わしの『幻惑』能力抜きには語れんじゃろうな。お前にも遺伝していれば~」
祖父は、未だ嫁とのラブストーリーに陶酔していた。


666 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:45:37 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

ぼふん。
雪がクッションになり、マリアは殆どダメージを受けずにすんだ。
しかし、雪の塊に全身をつっこませてしまったため、せっかくの子供用サンタ服がびしょぬれだった。
「おじいちゃんにもらったのに……」
ぐずぐずと、涙を流すマリア。
「おい」
そこに、1人の少年が現れた。
「……?」
「びしょぬれじゃないか。雪遊びもほどほどにしろよ」
少年は、悪態をつきながらも、自らの上着を脱いでマリアに差し出した。
「寒いだろ。これ、やるよ」
「え……。でも」
「やるって」
強引に押し付け、少年はさっさと走り去った。
「おーい、マリアー!」
サンタクロースがそりで駆けつけたのは、それから少ししてからだった。
そこには、びしょぬれではあったが、この上なく幸せそうな顔をした孫の姿があったという。

♪ ♪ ♪

「で、その時の少年って言うのが、僕、と。そういうことですね」
滋郎は、正直困っていた。確かに、いい話だ。いい話ではあるが、さっぱり身に覚えが無い。
「人違いでは?」
「いいえ。サンタのデータベースでちゃんと確認しましたから……。滋郎さんが、あのときの男の子で、間違いありません」
そう言うと、マリアはプレゼント袋をごそごそと探り、子供用の上着を取り出した。
「これ、お返しします」
「え、いいですよ。あげたんだし。今更もらっても、僕は着られないし」
そりゃ、マリアにも使い道はないのだろうが。滋郎はココロの中でそう付け加えた。
「それで、君はこの上着をわざわざ返しにきてくれたんですか?」
「あ、の……その……」
「?」
「プレゼントは、わたし自身だと、さっきも言ったと思いますが……」
「うーん。すみませんが、いまいちピンとこないというか……」
「恩返しがしたいんです……。家事でも、なんでもします。ご迷惑はおかけしません。この家に置いてください」
マリアは、そう言って床にひれ伏した。
「ちょ……ちょっと! やめてください!」
「……?」
「何年も前の恩じゃないですか。それに、当然のことをしたまでですから、感謝してもらっただけでも嬉しいですよ」
「しかし……。それでは、わたしの気がすみません」
「うーん」
滋郎は、しばらく考えて、応えた。
「なら、来年のクリスマスまで、家で家政婦さんをしてもらう、というのは?」
「は、はい! ありがとうございます! 頑張ります!」
「お礼を言われるとは思わなかったけどね……」
一年という長い期間が、若い娘なのに苦にならないのだろうか。滋郎は、断られると思って提案したのだ。
まあ、言ってしまったものは仕方が無いと、滋郎はマリアを受け入れることに決めた。


667 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:46:07 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

それからの滋郎の生活は、刺激的で楽しいものとなった。
滋郎は御神グループ系列の、なかなか良い会社に努めており、将来はなかなか明るい部類だ。
そんな彼に唯一足りないのは、女性に好かれること(彼は『いい人』で止まるタイプだった)と、家事の能力。
マリアは、そのどちらも満たす存在だった。
マリアは献身的に滋郎に尽くし、精一杯の愛情を注いだし、滋郎はそんなマリアを大切に扱った。
二人は、間違いなく幸せだっただろう。
が、唯一、かみ合わない点があった。
滋郎は、マリアの愛に全く気付いていなかったのだ。彼は、あくまでマリアの目的が『恩返し』なのだと思い込み、彼女に手を出さなかった。
それでも、二人の間には何も問題は生じなかった。
そういうすれ違いがあろうが、マリアは滋郎のそばで暮らせることだけが幸せだったからだ。
しかし、約束のクリスマスは、待ってはくれなかった。

♪ ♪ ♪

「そろそろ、クリスマスですね」
食卓で、マリアはそう切り出した。
「そうだね。君はいつもサンタの衣装だから、見慣れてしまってどうにも気付かなかったよ」
滋郎は、ははっと笑う。その笑顔を見て、マリアも幸せを感じていた。
「そっか……。もう、クリスマスか。君とも、そろそろお別れなんだ。淋しくなるね……」
だから、滋郎がぽそっとそう漏らしたことにも、気付かなかった。


668 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:46:38 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

そして、クリスマス・イヴ。滋郎はこんな日にもしっかり出勤し、仕事を終えて家に帰ってきた。いつもより遅かった。
「お帰りなさい、滋郎さん。今日は、クリスマス・イヴだからちょっとだけ豪華なお食事を用意しました」
「うん、いい匂いだね」
マリアと滋郎は食卓につく。すると、深刻そうな顔をして、滋郎はこう切り出した。
「明日で、お別れなんだね。淋しくなるな」
「え……」
予想だにしていなかった――ココロの中から、自然に消してしまっていたことが、マリアに突きつけられた。
「ありがとう。こんな僕のお世話をしてくれて。本当に、感謝してるよ」
「……で、でも、わたしがいないと、滋郎さん、困って……。やっぱり、これからも、ずっと……」
「君は若い女の子だ。自分の時間を大切にしなきゃ。……大丈夫、僕もこれから何とかやってくから」
「でも……」
「今日ね、会社の女の子に、告白されたんだ」
「……!」
「その女の子は、本当にいい子だよ。僕も、彼女となら暮らしていけるんじゃないかって思ってる」
「でも……でも……」
「僕は、君みたいに綺麗で優しくて、頭も良くて、何でもできるような、そんなすごい女の子を、僕なんかにとらわれたままにはしておけないんだ。だから、分かって欲しい」
「……」
「今まで、ありがとう。僕なんかを心配してくれて。僕は、なんとかやっていくよ。もう、君に心配かけないように。……本当に、ありがとう」
マリアは、もう何も言い返せなかった。
滋郎は優しい。だから、マリアも好きになった。
だが、だからこそ、マリアを無意識に傷つけていた。
ただの家政婦にとっては。ただ、世話を焼いてくれている優しい人にとっては。その言葉は、滋郎の自立や感謝を表す、誠実な言葉だったろう。
だが、マリアにとっては死刑宣告以外の何ものでもない。
「……少し、時間をください」
マリアは、うつむいたまま部屋をでた。


669 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:47:08 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

「本当に、これでよかったのかな」
滋郎は、マリアの悲しげな顔をみて少し後悔した。
しかし、これでいいのだとも思っている。勇気を出して告白してくれたあの子に応えるためにも。
そして何より、優しいマリアが、彼女自身の幸せをつかめるようになるためにも。
「そのためには、僕は邪魔だから」
ふぅ。溜め息をひとつ。
無理矢理追い出す形になったのは、やはり申し訳が無かった。
もう少し、何か別の方法をとることはできなかったのだろうか。
「……。帰ってきたら、もうすこし。もうすこし、話をしよう」
マリアに幸せになって欲しいのは、本心だ。マリアを、ついにできた恋人のために追い出す口実などでは、決して無い。
しかし、さっきの宣告は、そういう風に伝わったかもしれない。即ち、「女が家にいると彼女が勘違いするから、もう出て行けよ」と。
「だとしたら、ひどい奴だな、僕は」
だから、帰ってきたら。もっと誠実な言葉でマリアを説得するつもりだった。
だが、待っていることすらマリアを傷つけるのではないのか。
誰かが言っていた。「こういうときは、追いかけるべきだ」と。
滋郎は立ち上がった。


670 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:47:39 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

ふらふらと、マリアは当ても無く街を彷徨った。
彼女のサンタ服も、この繁華街ではもう珍しくない。似たような格好の、あらゆる店の店員が自らの店のクリスマスセールを宣言していた。
疲れきった街。
この街に、もう光など見えない。昔はもっと輝いていたのに。
いや――。
(わたしが、もう……サンタの力を失ってる)
マリアは、なんとなくそう思った。去年、人間界に居候を始めてから、マリアは明らかに弱くなった。
(人間になっている……わたしは)
思えば、人間に対する恋心というのは、普通サンタは持たないそうだ。
人間とサンタは違う。人間とチンパンジーが恋をしないように、似てはいても結局は交わらない。
おそらく、滋郎もその理由で、マリアのアプローチに気付かなかったのだろう。
だが、マリアの心は、違った。マリアは確かに滋郎に恋をしている。
そして、人間ゆえのあらゆる苦悩が芽生えているのだった。
執着、願い、夢、欲望。その全てが、人間らしい活力だった。同時に、人間を縛る鎖だった。
(滋郎さん……)
この十一年間、マリアはずっと滋郎を見てきた。
サンタの能力である透明化と、透視を利用して、空から、あるいは窓から、あるいはどこか遠くから、あるいは、すぐ隣から。
ずっと、ずっと。どこにいても、何をしていても、気がつけば滋郎のことを目で追っていた。
滋郎を観察しつづけるにつれて、その恋心は深くなっていった。
根っからの善人の滋郎は、誰よりも輝いているように見えた。少なくとも、マリアにとっては、これ以上ない、輝ける存在だった。
ずっとずっと。見つめつづけた。
起きるときも、食べるときも、風呂に入っても、笑っても、悲しんでも、転んでも、なにをしているときでも、いつも隣にいた。
触れることができなくても、満足だった。
マリアにとって、なにより嬉しいのは滋郎の自慰行為をいくらでも観察できることだった。
マリアは滋郎の自慰を観察しながら、自らも快楽をむさぼった。
時には、あの時もらった上着の匂いをかぎながら――あるいは、股に擦りつけながら。その手触りを、滋郎自身の代わりにして。
ずっと見つめるうちに、同じく滋郎を見つめる存在に気付くこともあった。
滋郎は優しい男だ。確かに、好意を持つ女も多いだろう。それはマリアにはよく分かっていた。
しかし、理解はできても納得はできない。
マリアは、滋郎に必要以上に近づく女を排除しつづけた。故に、滋郎はいつだって独り身だった。
時に、陰湿に、時に、強引に。マリアは、社会的に敵を抹殺しつづけ、滋郎の貞操を守った。
また、自分の貞操を守ることにも必死だった。
国家資格が必要で、高給取りのサンタガールは、サンタの世界では非常によくもてる。
祖父が見合いの話をだしてくることも少なくなかったし、親は何度も下らない男達を紹介してきた。マリアはそれらを実に巧みに退けた。
全ては、滋郎を観察しつづけるため。
そしていつか、結ばれるためだった。
「それなのに……。それなのに……」
マリアが滋郎を『見つめる』ことができなくなったのは、退職して滋郎のもとに転がり込んでからだ。
マリアの暴走する欲望が実に人間的なレベルに到達したその時、マリアは力を失い、透視もなにもできない、ただの人間となったのだった。
しかし、マリアは滋郎とともにいられるだけで満足だった。それ以上望まなかった。それが大きな油断だったのだ。
目を離した一年で、滋郎は女に目をつけられ、ついには告白されてしまった。
今まで女性に縁がないが故に、押しには弱いだろう滋郎。
「助けないと……」
ぶつぶつと呟きながら、マリアは夜の町を歩いてゆく。
「待っててください、滋郎さん……。今、目を覚まさせて上げます……」


671 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:48:10 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

(やっちゃった……! ついに、憧れの滋郎君に告白したぞ……!)
裕子は、はっきり言って浮かれていた。ついに、人生をかけた告白が成功したのだ。
彼女の失恋率は100%。全ての恋が、告白の時点で破れている。
容姿のせいではない。彼女の異様な不器用さのせいだ。
彼女は人付き合いが余り上手ではなく、口下手だ。それに、身持ちも硬い。
それらがたたって、二十七歳となった今までずっと処女だった。
(これでやっと処女卒業できる! その相手は、しかもあのいかにも童貞な滋郎君……! この年になって処女童貞のカップルって、むしろ国宝級よね……。あたしたし、絶対幸せになれる。そう、これはサンタさんがくれたプレゼントなのよ!)
ああ、サンタクロースよ。ひげのおっさんでいいから処女奪ってくださいなんて願ってすみませんでした。あれは思春期の過ちですから!
空に向かって、裕子は手を合わせた。
「あなた、滋郎さんの同僚のかたですよね」
妄想に浸っている間に、急に後ろから声を掛けられ、裕子はとっさに奇行をやめ、とりつくろう。
「え、ええ。そうよ。それが何か?」
「少し、お話があります」
――大切なお話ですから、人気のないところに行きましょう。誰かに聞かれては大変です。
人気のないところに行く。男に誘われるならまだ警戒するが、相手は女。それも、若くて美しい女。裕子は警戒心を全く持たなかった。


672 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:48:40 ID:mVrqxCHs

♪ ♪ ♪

「いい格好ですね」
「あ……あんた、なんでこんなこと!」
縄で縛られた裕子を、美しい女――マリアが、生ゴミでも見るような目付きで見下ろしていた。
「何故? 決まっているじゃないですか。あなたが滋郎さんを誘惑した、淫売だからですよ」
「い、淫売ですって!? そんな侮辱……げふっ!」
マリアの蹴りが、裕子のみぞおちに直撃した。
「淫売は淫売らしく、下のお口で会話したらどうなんですか?」
マリアは、裕子のスカートをめくり上げると、さっと下着を取り去ってしまう。
「や、やめっ……むぐっ!」
そのまま裕子の口に、丸めた下着を押し込んだ。ざらざらした、布の舌触りにうめく。
その上に猿轡をはめ、マリアは立ち上がって、言う。
「さて。ここは非常に人気のない場所ですね。大変ですよ、こんな所に女性一人でいては……ねぇ、皆さん?」
『皆さん』? 裕子が不審に思って視線をそらす。
すると、どこからか男達があつまり、裕子を取り囲みはじめていた。
「ん―!! んー!!」
裕子は精一杯わめくが、言葉にはならない。
「皆さん、この女性は二十七歳にもなって処女だからコンプレックスを持っていた、不幸な人です。どうか、皆さんの聖なるつるぎで、その不幸を貫き壊してあげてください」
「んー!! んー!!!」
もう、ここまでくれば裕子にもこの先の展開が予想できていた。
しかし、予想はついても回避できない未来がある。これはそういう類いのことだ。
(ああ、神様……!)
裕子は涙を流しながら、ついに諦めた。
「駐在さん、こっちです! 今、女性が襲われています!」
と――その時、天の助けが現れたのだ。
男達は、ちぃ、と言い残し、どこかしらに消え去った。
が、いくら待っても警察はこない。おそらく、今現れた男の仕掛けたハッタリだったのだろう。
「大丈夫ですか、裕子さん」
そう言って、猿靴差をはずす男。どう見ても、その男は裕子の知った顔だった。
というか、彼は……。
「滋郎君……!」
「はい、危なかったですね」
「滋郎君……怖かったよぉ!!」
ひしと抱きつく。
「でも、滋郎君。なんでここに?」
「探している人がいて……。見失ったんですけどね。サンタの服をきた、綺麗な女の子です」
「サンタ服の……綺麗な子……?」
「はい。見ていませんか?」
「その子は……あたしを襲って……」
「襲った……? そんなまさか」
「いえ、あの子、普通じゃなかったわよ! きっと、滋郎君に恨みがあるんだわ! だから恋人になったあたしを狙ったのよ!」
怒りに打ち震えながら、裕子はまくし立てた。
「滋郎君、気をつけなきゃだめよ……。なんなら、今夜はあたしと一緒にすごさない?」
「それは……」
「こうやって、平気なふりしてるけど、あたしも正直不安なのよ。その……リンカン、されそうになったし」
「それは……確かに、ほうってはおけませんね。いいですよ、裕子さん。僕の部屋に泊まっても」


673 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:49:11 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

(マリアさんなんだろうか。やっぱり……)
滋郎は、考えていた。
裕子の話をきくと、たぶん裕子を襲ったのはマリアなのだろうと推測できる。
しかし、あの優しい女の子がそんなことを……?
(僕が……。僕があんな、ひどいことを言うから……)
非常に、後悔していた。マリアが裕子を襲ったのは、自分に責任があるのではないのかと感じていた。
(もう、このまま帰ってこないのかな……)
そんなの、いやだな。滋郎は、マリアに謝りたいと強く願っていた。
「滋郎君……あたし、こわいわ。一緒に寝ましょう」
「で、でも……」
「今日から、あたしたち恋人同士よ。普通のことよ」
有無を言わせず、裕子は滋郎のベッドに潜り込む。
「滋郎君、抱きしめて……。絶対、放さないで」
「裕子さん……」
裕子は、自らの服に手をかけ、取り去っていった。
滋郎の前に、その裸体が晒される。
(裕子さん、思ったより、すごい……)
裕子の身体は、普段服の上から見たよりも見事で、美しかった。
「滋郎君……あたしたち、幸せに……!」
「裕子さん……!」


674 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:49:45 ID:mVrqxCHs
♪ ♪ ♪

「四回も、中に出しちゃったのね。滋郎君、見かけによらず好きねぇ」
「裕子さんこそ、初めてなのに感じすぎです。こえ、すごかったですよ」
――近所にも聞こえてるかも。
「……ねえ、滋郎君、あたしの身体、どうだった?」
「しょ、正直、おぼれちゃいそう、でした。この世のものとは思えないというか……」
「そうですか。うれしいです」
「え――?」
奇妙なことが起こった。
裕子が、急に口調を変えたかと思えば。その顔が――マリアのものに変わっていたのだ。
「マリア……さん……?」
「はい。そうです。滋郎さんが今まで獣みたいに犯し尽くした女が、わたしです」
「……ど、どうして……? いつから、入れ替わって……?」
「裕子さんを家に連れ込んだ後、ころあいを見計らって、です。滋郎さんと自然に近づける状況があれば、それでよかったですから。それと、裕子さんなら無事ですから、安心してください。死んじゃったら、滋郎さんの日常に支障をきたしますから」
「どうして……」
「まだ、わからないんですか……?」
マリアは、再び――偽の裕子だったときにしたように――滋郎に跨った。
「滋郎さんを、ずっとずっと……見てきたんですよ。愛していたんですよ」
腰を動かし始める。
「ああっ……滋郎さん……滋郎さんなら、わたしが妊娠したら、責任とってくれるって、確信してるんです……あんっ……!」
「うっ……き、きみはっ……」
「ゆ、裕子さんの存在を知って……あ……最初は……殺したくなるほど……あぁ……憎みました……。でも、利用価値に、気付いて……感謝しました」
マリアは興奮状態のまま、膣の収縮で滋郎のモノを締め付ける。
ねちっこく、絡みつくように。
――もう、はなさない。
「これは、人間になって、恋をしたわたしへの……プレゼント、なんです」
思い出したのは、祖父の言葉だった。「恋をする人の光は美しい。そして、美しい光をもつものは、きっと誰よりもすてきなプレゼントを授かるだろう。
すなわち、それは彼女のパーソナルギフト(サンタとしての特殊能力)である『幻惑』で滋郎を錯覚させ、性交に及ぶ機械を与えたこと。これは、今までどおり女たちを排除していては無理な戦法だった。あくまで、恋人の裕子なしには成立しないのである。
そして、もうひとつのプレゼント。
「今日、すっごく危険日なんですよ。こんな日にいっぱい中に出されて……わたし、赤ちゃんできちゃうかもしれません」
マリアは、神に感謝した。
彼女は人間化が進んでいたというのに、サンタの能力たる『ギフト』を使うことができた。これは、殆ど奇跡のようなものだ。
彼女の作戦にはこの幻惑能力が必要不可欠だった。彼女が失った透視や透明化を差し置いてでも復活すべき能力が、これだったのだ。
そして、彼女は賭けに勝った。
裕子の存在、能力の存続、そして、危険日。
これらの要素が揃ったこと。これは、もはや神か、あるいは天国の祖父がくれた、プレゼントだとしか思えなかった。
――そういえば、『幻惑』能力は祖父から隔世遺伝したんだっけ。
(まあ、そんなのはどうでもいいんです)
今は、とにかく、滋郎との性夜を楽しまなければ。
「あ……滋郎さんの、熱い……!! 赤ちゃんできちゃいます……!」
これからは、今までの。十一年間のツケを、たっぷり身体で払わせてやろう。
マリアは、今、幸せだった。

おわり


675 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:52:17 ID:mVrqxCHs
ちょっと淡白すぎたかなと思いますが、よく分からない部分は、たぶん次回投下するもう一つのサンタ物の短編で補完されます。
本来そっちから書き始めたので、サンタの設定やマリアの行動についてなどは、そっちで説明がなされると思うので。

文章も非常に淡白ですが、絵本っぽくしようと無意味に工夫した結果の賛辞です。
次回は改善します。

676 名前:ヤンタクロース・サンタガール ◆.DrVLAlxBI [sage] 投稿日:2008/12/26(金) 00:52:47 ID:mVrqxCHs
賛辞→惨事 でした。失礼しました。

677 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 01:00:59 ID:DRUfW3Yq
>>674
GJ!
大変美味しくいただきました。

678 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 01:03:45 ID:3OaICsMd
GJ!!

679 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:26:47 ID:M6QiPY5I
>>674
GJ!!!

680 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 01:17:54 ID:hNv0s7Dg
GJ!

681 名前:名無しさん@ピンキー ◆m6alMbiakc [sage] 投稿日:2008/12/27(土) 02:54:52 ID:y0ytdvCE
初めて投下させて頂きます。
どうかお手柔らかにお願いします。

682 名前:『Hand in hand』 ◆m6alMbiakc [sage] 投稿日:2008/12/27(土) 02:57:36 ID:y0ytdvCE
狂っている。そうとしか形容のしがたい状況に追い込まれてしまった愚か者、それが俺、大沢 宗佑(おおさわ そうすけ)だ。
「あはははっ」後ろから聞こえてくる、乾いた笑い声が聞こえてくる。しかしながら、その笑い声は俺にとっては恐怖以外の何物でもない。
「くそっ!」今さっきの笑い声にびびり、足がもつれる。
衝撃。
見事なこけ方をかました体には、擦り傷が多く付いているが、そんなもの気にしてもいられない。なぜなら、後ろから追って来ている笑い声の主に捕まるほうが、億倍危険だからだ。
「そーちゃんみっけ!」しまった。そうとしか言いようのない。コケた際にずいぶんと距離をつめられたらしく視認できるほど近付かれていた。
いそいで逃走を開始する。後から再び声がする「そーちゃんどうして逃げるの?」
お前が危険なやつだからだ。声に出さずに即答する。
そもそも、なぜ追いかけられているのか、それすらはっきりとしていない。
何をどこで間違えたのか、それを思い出してみることにする。

§                    §

俺と、相良 風深(さがら ふうか)とは家が隣というそれだけのことだった。
昔から、仲良しだった俺たちは、小学校、中学、そして高校の登下校はほぼ毎日一緒だった。
小学校の頃から、俺は風深の世話役のようなものだった。
まあ、頼られることは正直、悪い気はしなかった。
そんな感じで、高校生活も2年目を迎えた、ある日のことだった。
「好きです」
突然、言われた言葉。断じて、頭に花畑が十個くらい咲き乱れているような幼馴染から言われた言葉ではない。
目の前にいて、聞きなれない言葉を言ったのは、一谷 日出(いちたに ひので)さんだ。
学校の中でも五本の指に入るとさえ言われる、美人から告白されたのだ。実感が湧くわけがない。
「ええっと・・・。こちらもよろしくお願いします。」
とりあえず、実感の湧かないまま了承する。
返事を聞いて、一谷さんの顔に一輪の白い花が咲いたかのように、綺麗に笑った。
「ありがとう・・・。」
か細い声だが一谷さんが返してくれる。
どうにも実感が湧かないが、心臓が高鳴り、痛いくらいなので夢ではないのだろう。
俺はそのままのご機嫌な気持で今日という日をすごした。

§                    §

「よう、ソースケ!!聞いたぞ。お前、一谷さんと付き合うことになったらしいじゃないか!」我が悪友の、裕司が次の日の朝いつも通りの調子で、話しかけてくる。
いったいこいつの情報は、どこから仕入れてくるのか疑問に思うくらい情報が早い。
「お前は、一体どこからそんな話を聞いてきた?学校中に監視カメラでも仕掛けているのか?」あきれ気味に問う。
「まさか!」裕司はとんでもないといった風に返し、続ける。
「そんなものを使うくらいなら盗聴器のほうが・・」「もういい、黙ってろ。」
なんとも変態じみた裕司の声を耳からシャットアウトし、我が麗しの一谷さんに目を向ける。
「おやおや。」ニヤニヤ笑いの裕司が話しかけてくる。
うるさい、馬鹿、黙っていろ。人の考えている途中に口を挟むな。
さすがに声に出すのは躊躇われた。とりあえず、鬱陶しいので振り払う。
「で?風深ちゃんはどうすんの?お前とは夫婦のようなもんじゃねえか?ん?」
しつこく纏わり付いてくる裕司に半分あきれ気味で返してやる。
「だから、俺と風深はそんなんじゃないって。」
「おやおや、毎日一緒なのに夫婦じゃあないと?」
「そうだ。」
うんざりしつつも、返答する。
「ま、せいぜい後からナイフで『グサッ』なんてことねえようにな。」
「はいはい。」適当に返事をして、気持ちの悪い笑い方をしている裕司を、頭の中から排除する。
それにしても、風深にこのことを放すとどういう反応を示すか楽しみだ。
「ねえ。」おっと、どうやらちょうどいいタイミングで、風深が来たようだ。
「なあ風深、俺な・・。」「一谷さんと付き合ってるってほんと?」
こいつ何で知ってるんだ?まさか、裕司の言うように盗聴器を仕掛けているのかもしれない。そう思うと、けっこう怖いな。
少し躊躇いながらも、返答する。「ああ。俺も信じられないがな。」「ねえ、なんで。」
「ん?」何でって聞かれても、何を?「なんで。何で私の気持ちに気づいてくれないの?」
「はあ?」おいおい、俺とおまえは、ただの昔からの友達だろ。何を言ってるんだ、本当に。
その旨を伝えると、何故か風深は涙目になって教室から出て行った。いったいなんなんだ。


683 名前:『Hand in hand』 ◆m6alMbiakc [sage] 投稿日:2008/12/27(土) 02:58:59 ID:y0ytdvCE
・・・・放課後

そのまま風深は教室には、帰ってこなかった。
まあこういう日もあるさ。今日は一谷さんと一緒に帰ろう。

ここは、学校前の坂。俺の左手には一谷さんの右手が握られている。
やわらかく透き通りそうな肌から伝わってくる体温。やばい、なんかドキドキしてきた・・・。
「あ、あの・・・。一谷さん?」どもりながらだが、何とか口を開く。
「えーと・・、一谷さんの家ってどの辺りにあるの?」一谷さんとの親睦を深めようと話しかける。
「そーちゃん。」後から突然話しかけられる。
振り向いた先には、目に光のない幼馴染が立っていた。
「ねえ、そーちゃん。なんで?なんでなの?」
おまえは何が言いたいのかがわからない。「風深、何を言っているんだ?」
風深はにこりと笑い、「そーちゃん。大丈夫。私がそーちゃんをつけ込む泥棒猫には制裁を加えてあげるから。」とつぶやき、包丁を懐から取り出す。
なんだか、危険な感じがする。逃げなければと本能が告げる。
「一谷さん、逃げるよ。」「う・・・うん。」手を握り締めて走り出す。
「そーちゃん。そんな汚らしい女の手なんか握っちゃダメなの!!」
後から狂ったかのような声が聞こえてくる。
包丁を振り回す風深から、逃げようと必死に走る。だが、異様に早い風深の動きは俺たちを捕捉する。
「一谷さん!!!」ふとした瞬間に手から一谷さんの手が離れる。
「あはは!!」遅かった。完全に捉えられてしまった、一谷さんは、銀色に光る刃に切り裂かれて、鮮血を飛び散らせる。
「あは、あははははは!そーちゃん、ねえ、嬉しいでしょ?ねえ?」動かなくなった一谷さんを、蹴り飛ばしながら、ゆっくりと近づいてくる。そう、時間と呼吸の止まりそうなくらいの恐怖が、ゆっくりと。
「くそっ!」
毒付いて、そのまま全力で走る。
近づいてくる風深を押し飛ばし一谷さんに駆け寄る。
しかし、目からは光が消え失せ、鼓動を知らせる脈は絶えていた。
「そーちゃん、何でそんな女なんか庇うの?」「うるさい!!」俺は、怒りを声に乗せて、風深へと振り返る。
そこに立っているのは、もはや親しい幼馴染でも、正気を保った人間でもなかった。
包丁を持った右腕からは、一谷さんの血が垂れ落ち、こちらをまっすぐと見る目からは、後悔の念など浮かんではいなかった。
「そーちゃんはいつもそう。誰かのために怒る。泣く。悲しむ。
私がつらい時だって、同じように悲しみ、励ましてくれた。
でも、そんな女なんかと一緒にいたら、そーちゃんが汚れちゃう。そーちゃんも汚れたくないよね?」
風深が一気にまくし立てる。
「おまえ・・・、狂ってやがる・・・。」俺は心の底からの本音を、言葉に出す。
直後、風深の動き、呼吸、何もかもが止まった気がした。
事実、止まっていた。
「あは・・・・、あはは・・・・、そーちゃんがそんなこと言うはずが無い。
そっか・・・、そーちゃんはもうあの女に汚されちゃってるんだね?そうだよね?
そうじゃなきゃ、私にそんな言葉、言うはずないもんね?ねえ?」
だめだ。もはや聞く耳も持っていない。
「ねえ?そーちゃん?汚れてるのはそーちゃんも嫌だよね?だから、私が責任持って元に戻してあげるから。」近づいてくる。当然、俺は一歩ずつ後ずさる。
「なんで?何で逃げるの?ねえ?なんで・・・。」風深がさらに距離をつめようと走ってくる。
やばいと本能が告げている。俺は、背を向けて走る。
「あはは!」
後ろから、笑い声。
そして、冒頭へと話がつながる。

684 名前:『Hand in hand』 ◆m6alMbiakc [sage] 投稿日:2008/12/27(土) 02:59:53 ID:y0ytdvCE
回想終了。結果、俺はどこで間違えたのかが理解できない。
とりあえず、この地獄の鬼ごっこから逃れることに専念しようと、決心する。
後ろを振り返るが風深が追ってきている様子は無い。
「少し休もう。」疲れているのか、思わず独り言を口から漏らす。
前に向き直ると、そこには風深が立っている。
「な・・・。」「そうだね、鬼ごっこはやめて、休もうか。」
俺はとっさに逃げようとする。
だが、背中を向けた直後に鋭い痛みを感じて、体が倒れていく。
意識が薄れる中、かすかに残る視界には、影を含んだ幼馴染の笑みだった。

§                    §

「ん・・・?」まぶたが開き、微弱な光が差し込む。
薄暗い部屋だった。おまけに、窓ひとつ無い。
とりあえず、ドアを開こうといすから立ち上がろうとする。
だが、出来なかった。できるわけが無い。椅子に縄で括り付けられ、おまけに後ろ手に手錠という、状態だったからだ。
がちゃり、ドアが開く。こんな馬鹿馬鹿しいことをした愚かな奴を目にしようと、開いたドアを凝視する。
居たのは、最も可能性がある、だが、同時に最も居て欲しくなかった奴が立っていた。
そう、風深だ。
「そーちゃん。」風深がさらに続けようとする。だが、その言葉を遮り、言葉を出す。
「何でこんなことをした。さっさとここから出せ。」怒りを抑えた声で、問いかける。
「だめ。そーちゃんは、私とこれから住むの。
でも、そーちゃん、恥ずかしがり屋だからすぐ逃げちゃうでしょ?
だから、こうしたの。そーちゃんも実は嬉しいでしょ?」
なにを言ってるんだこいつは。まったく理解が出来ない。
「冗談ならこの位にしとけ。でないと、警察沙汰になってロクなことに・・・。」「そーちゃん。」
今まで聴いたことのないような、冷たい声で中断させられる。
不意に、ふわりと抱きすくめられる。
「私は、そーちゃんのことが好き。大好き。
だから、私以外のことを考えないで。私のことだけを見て。ね?」
肯定しか許されていない質問だった。

何も言えない俺を、ただ風深は抱きしめていた。
ずっと、ずっと。


685 名前: ◆m6alMbiakc [sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:02:45 ID:y0ytdvCE
投下終了です。
稚拙な文で申し訳ありませんでした。

686 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:08:42 ID:c283yFLf
GJ
次はエロを期待してる
書き手が増えるのは良いねぇ

687 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:12:00 ID:m+Mb33Nu
さがら・・・そうすけ・・・?

688 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:25:27 ID:QziZd2WZ
GJ!!
申し分ないSSでしたよ!!!もっと自分に自身を持ってください!

689 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:38:23 ID:rBMVIG99
>>685
GJ!
文章が素直で読みやすかったです。
もっと掘り下げて語れる設定だけに、長い文章を読んでみたかったかな。
今後の活躍に期待します。面白いSSが書ける人だと思います。
エロ描写にも挑戦してくれると嬉しいかな。

ただ、頑張っているだけにちょっとだけ苦言も。
文章を書くに当たって、ちょっとだけ知っておくと良いルールがあるんです。

(1)「 」台詞の最後に句点をつけない

「おやおや。」のように「」台詞の最後に通常句点はいりません。「…。」等も同様です。
結構、気にする人もいるので、無くされた方が良いかと思います。

(2)台詞の引用、状況の描写の改行に一貫性を持たせる。

改行する部分にかなりばらつきがあり、文章全体が読み辛いものになっていたように
感じられます。
台詞では「」を2度続けないとか、「」の後の情景描写や心理描写を改行後に繋げるとか
すると、読み手も読みやすく助かります。

では、今後も頑張ってください。

690 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 03:51:19 ID:c283yFLf
荒れるだけだから反応するなよ

もういくつ寝るとお正月。
大晦日もやはり監禁で

691 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 05:14:49 ID:74xTZfg/
>>691そして除夜の鐘を監禁されながら聞くのですね、わかります

692 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 08:37:21 ID:Mxsq1x2g
>>691 おめでとう、来年はヤンデレ娘といい年を迎えられるだろうよ

693 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 14:02:00 ID:/gFssgqk
むしろ鐘の中に監禁される。

694 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 17:35:57 ID:PmyEaVGn
>>693
嫉妬に狂った女が蛇になって鐘の中に隠れた男を焼き殺す的な話って何だっけ?

695 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 18:33:28 ID:m+Mb33Nu
ソウルイーター

696 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:19:36 ID:tzlnWr1P
>>689
改善点を分かりやすく挙げていただきありがとうございます。
参考にさせていただきます。

>>694
おそらく安珍・清姫伝説では?

697 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:24:16 ID:8a8854su
ヤンデレの好意を無視し続けるとどうなるかよくわかるお話です

698 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:49:35 ID:LjD7YQ3b
しれっとクリスマスSSを投下します

699 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:50:35 ID:LjD7YQ3b
世の中はクリスマスだったらしい。
俺は年末の忙しさに忙殺され、ケーキなぞ食う時間もなくすでに太陽が昇り始めた高速道路を家へと向かい車を走らせていた。
すでにこの仕事について3年ほどたち、この勤務体制にも慣れてきたが流石に3日も会社で寝泊りを繰り返していると憂鬱になる。
俺一人ではないにしろ、男ばかりの職場なので安らぎもなにもない。
そんな中でやれクリスマスだプレゼントだとはしゃいでいる輩は、俺からすればよく年末に遊んでいられるなといった感じだ。
まあそんな華やかな行事は性に合わないので、逆に今くらいの忙しさが俺にはあっているのかもしれない。
そうこう考えている間に高速道路が終り、国道へと降りた。
そういえばこの近くに新しくコンビニができたなと思い出し、せめて一日遅れのクリスマスを過ごそうとそこでショートケーキを買う事にした。


車を停め、外へと降りる。他に誰も車を停めていなかったが、念のため車の鍵を閉める。
息を吐くと白い湯気が顔の前に立ち上り、すぐに空気と混ざって消えた。冬というもあるが、朝方という最も寒い時間帯だ、いつまでも外にいるのは体によくないと店内に歩を進めた。

700 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:51:22 ID:LjD7YQ3b
よく聞くあのなんともいえない電子音と店員のいらっしゃいませという言葉と共に俺は店内に入った。
店の中は温かく、おでんやら中華まんのにおいがした。そういえばろくに飯を食ってなかったと今になり空腹感を覚える。
なにか簡単に食べれるものも買っていくことにした。
レジの脇にある弁当売り場からおむすびを2つ、シャケとオカカを手にとり、そのすぐ隣にある洋菓子などが並べられているコーナーから売れ残っていたのであろうショートケーキをひとつ掴むと、
それをレジへともっていく。
商品をレジに置き、財布をポケットからだす。ふと顔を上げると店員と目が合った。
店員はなにか俺の顔についているのか、最初の数秒まじまじと俺の顔を眺めていたが、思い出したように商品を清算していく。
たしかに最近は忙しくてろくに寝てもいなかったが、まじまじと見られるとそうとう酷い顔をしていたに違いない。
今日と明日は休みを貰ったのでゆっくり休む事にしよう。
会計で475円ですと言われたので、財布から小銭を探す。ちょうどの代金を払い、袋を持ち店をでようとすると袋の中に買った覚えのない栄養ドリンクが入っていた。
「あの、これ買ってないですが?」
そういうと、うっとりとしたような笑みを浮かべながら、
「いえ、これは私のサービスです。ちゃんと休んでおかないと体壊しますよ?」
「はあ、それはご丁寧にどうも。それじゃいただいておきます」
折角相手の厚意でくれるというのだから貰っておく事にした。それに夜勤明けで断る体力もなかったともいえる。
こんなご時世だから人と人との助け合いが大切なんだろうな、これからはあそこのコンビニをひいきにしようと名もしらぬ店員の優しさをかみ締めながら家へと帰ることにした。
不思議と外の寒さも気にはならなかった。


しかし、家についた俺はせっかくもらった栄養ドリンクやショートケーキも口に入れる事なく布団へ倒れこんだ。
予想以上に疲れが溜まっていたらしい、俺の意識はすぐに夢の中へと堕ちていった。

701 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:52:08 ID:LjD7YQ3b
変な夢を見た、俺に娘ができる夢だ。しかも5歳くらいの娘がだ。
朝から晩まで俺の後をテコテコついてきてなにをするにも一緒である。
娘はとても可愛らしく、俺の遺伝子をどういじくればこんな子供ができるのだろうというくらい可愛らしかった。きっと母親が美人なのだろう。
だが、夢のなかにその母親はでてこず、家の中に俺と娘とでふたりきりだった。
おままごとだったり、お馬さんごっこだったり、とにかく時間が経つのも忘れずっと娘と戯れていた。
しかしふと思い出したように、俺は仕事をどうしたのだろうという気になった。夢の中でも俺は社畜なのかと嫌気がさしたが、
夢の中でも今の会社に勤めていたのだったら他の人に迷惑をかけていることになる。課長にはよくしてもらっているのでなおさらだ。
いまから一度会社にいってくると娘に告げると娘は頑なに拒んだ、小さな瞳を涙で潤ませ、俺の目をみていやいやをするのだ。
母親がこの夢にはいないのでひとりになるのはこの娘も嫌なのだろう。
娘は俺の手にしがみつき、俺を仕事にいかせまいと必死である。さて、どうしたものかとしばらく困り果てていたが、これは夢である。
そうであれば、別に無理に仕事にいくこともないかと先程の決意をあっさりと曲げ、今日はこの娘と一緒にいることにした。
俺が諦めるのを感じ取ったのか娘は俺の手を放し、またさっきのようにコロコロと笑い出した。しかし本当に可愛い、嫁にだすのが今から惜しいと思うほどだ。
色々と気になることもあるが、今はこの娘と戯れる事にしよう。そう思い、俺はまた娘と遊び始めた。

視界がごろんと回転し、夢から覚める。せっかく娘とオムライスを作っていたというのに。
俺はベットから上半身を床に投げ出す格好で目が覚めた。
そのままズリズリと下半身も床に落とし、体が天井へ仰向けな格好になる。
ガバッと勢いよく体を起こす。不味い、時計はどこだ、完全に遅刻だ。急いで目覚ましを引っつかみ時間を確認する。15時21分。
いったいなんでこんな時間まで寝てたんだ、俺は。目覚ましのアラームは、なんで今の今まで俺は寝てたんだ。
俺を起こさなかった目覚ましを乱暴に放り、軽いヒステリックを起こしながら駆け足で洗面所に向かう。
幸いスーツのままで寝ていたので着替えに時間をとられることはない。
あとは髭をそってさえ行けば大丈夫なはず、飯は昨日買ったおむすびがあるはず。
ん?おむすびを昨日買った?そんで昨日はクリスマスで、俺はショートケーキを買って…
ふう、とため息をつく。なんだ、そういえば課長が俺に気を使って2日間の休みをくれたんだ。
だがこんなに血相をかいて飛び起きたりするなんて、やっぱり日ごろの習性ってのはなかなか抜けないもんだ。
いくら休みだと頭に言い聞かせても、体はいつものようにしっかりと動く。
だが、これじゃまるで仕事が俺の人生みたいじゃないか。
確かに、仕事は辛いが給料はいい、だが金を溜めたところで特に使う道もなく、毎日体をすり減らして働く。いつからこんなに夢がない人間になったんだろうな。
「なにやってるだろうな。俺」
だれもいない、寝て起きるだけの部屋で俺は独り言を漏らした。
「なら、やめましょうよ。無理に疲れて生きるより、自由に素直に幸せに生きましょうよ」
突然、誰も居ないはずの俺の部屋から返事が返ってきた。本当に唐突のことだったので、体がびくりとはねる。
そしてゆっくりと声がした方向へ体を向ける、そこには見覚えのない女性が立っていた。
「おはようございます、ゆっくり眠れましたか?」
「きみは誰ですか?どうやってこの部屋に入ったんですか?なんで俺の部屋に?」
もっともな質問が口からでる、そりゃ見知らぬ人間が自分の家に居て、突然自分の後ろに立っていたら驚くだろう。
物騒な世の中だ、なんの目的もなく他人の家に入りはしないだろうし、要件次第じゃ警察を呼ぶ事も考えにいれておいた。
「そんなに矢継ぎ早に質問をされても困っちゃいますが、一つずつお答えします。
まず最初の質問ですが、私は久野巴です。さっきまでコンビニで正社員をしてましたがやめちゃいました。
次の質問ですが、玄関の鍵が閉まってませんでしたよ?そんな無用心だから簡単に部屋に入れちゃいました。
最後の質問ですが、好きだからです、このさい私と結婚しましょう」
一応俺の質問に全部答えてくれたようだけど、どこかずれている気もする。
一部おかしな返答もあったし、なんなんだろう。やはり警察に通報した方がいいのだろうか。
考えるにも、こういう手合いの人間は初めてだ。だから俺はとりあえず
「まあ、立ち話もなんですし。座って話しましょう、コーヒー飲みますか?」
コーヒーを交えて、話し合うことにした。

702 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:53:15 ID:LjD7YQ3b
飯台の反対側に久野さんを座らせ、今後の俺たちの関係をどうするか話し合うことにした。
一応コーヒーはドリップ式で結構値の張るものを使っている。湯を二人分のカップに注ぎながら俺は再度久野さんに質問をした。
「いつから俺の部屋に入ったんです?というより赤の他人の、しかも男の部屋に躊躇なく入るってどういうことですか。若い女性がそういうことしちゃいけないですよ」
「あなたが寝てからしばらくしてからですかね。家の鍵も空いてたので駄目だとは思いつつやっぱり入っちゃいました。
あと、実はなんどか会ったり話したりしてます。たぶん覚えてないと思いますが。だから赤の他人とはいいません。それに私貞操観念硬いですよ、未だに純潔です」
たとえ純潔でも、数回会っただけの男の部屋に入ってる時点で十分軽いのではないだろうかと思うが、どうなんだろう。
それにこの会話のかみ合わなさ、なにか事情があるのだろうか。
コーヒーを蒸らしながら次の質問をする。
「好きってどういうことですか、さっき聞いたぶんには俺に惚れる要素なんて皆無じゃないですか」
「そんな、人を好きになるっていう事に時間とかを持ち出すなんてナンセンスですよ。
しいて言えば最初は生き生きしていた貴方の顔が日を重ねるごとにやつれていくのにですかね。その顔をみていたらぞくぞくしてきちゃって、
どうしようもなくあなたと幸せになりたくなりました」
やっぱりどこか感性がおかしい人だ、と思いながらコーヒーが出来上がったので久野さんにお出しした。
「どうぞ」
「どうも、温かいですね。こんなに温かい飲み物を入れることもできるんですね。真心がこもってます」
そういうと、顔に満面の笑みを浮かべながら、久野さんはコーヒーをすすった。
「そういえばさっきから私が質問に答えてばかりですね、そろそろ私が質問をしてもいいですか?」
まあ、たしかに変な人だけど悪い人じゃなさそうだと思い。俺はその要望に応じる事にした。
「変に俺の過去に突っ込んだ質問でなければいいですよ」
「それじゃあ、なんで私がプレゼントした栄養ドリンクを飲んでないんですか?」
栄養ドリンク?はて、そんなもの貰った覚えはない………と思ったが、確かに貰ったな。あの店員は久野さんだったのか。
「ああ、あの店員さんは久野さんでしたか。家に帰ったらすぐに寝ちゃったのでまだのんでませんよ?」
「やっぱり覚えてないんですね。予想はしてましたが、いつだって私はあなたの目を見て話してるのにそれに気づきもしない。私は寂しいです」
久野さんはおもむろに立ち上がり、それでその栄養ドリンクはどこに置いたんですか?と訊ねてきた。
「それならコートの下のレジ袋の中に」
それを聞くと久野さんは俺のコートをとり、いったん綺麗にたたんでからレジ袋の中の栄養ドリンクを取り出した。
「まったく、私が色々と元気になってくれるように作った特性のドリンクをなんですぐに飲んでくれないですか」
少し怒ったような口調でカリカリとドリンクのキャップを開けてながら、俺の隣に座る久野さん。

703 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:53:54 ID:LjD7YQ3b
開けおわったキャップを飯台におき、グイッと自分の口に入れる。俺に飲ませるためにくれたのではなかったのかと疑問に思っていると、
久野さんの顔が俺の顔に重なり、唇を奪われた。
あまりにとっさのことだったので反応しきれず、そのまま唇をこじ開けられる。
久野さんの舌がドリンクと共に口内に入ってくるのが分った。駄目押しに鼻をつままれる、こばもうととするも、息苦しさから長続きせず、そのまま口の中のものを飲み込んでしまう。
飲み込んだのを確認したのか、鼻をふさぐ指は解かれたものの、唇は重なったままだった。
人付き合いが苦手でいままで彼女なんてできなかった俺が、女性とディープキスなぞできるはずもなく、俺の唇はただ彼女に蹂躙される。
むさぼるように唇を求めながら彼女は俺の口内のいたるところに舌を這わせ、何度も何度も俺の舌を吸い上げた。
ひとしきり、キスをしつづけた後、唾液の糸を引かせながら唇をはなす。それを俺の唾液ごとすするように飲み込んだ。
「飲みましたね?ちゃんと飲み込みましたね?私とキスしてくれましたね?私も初めてだからうまく出来たか分かりませんがとにかくキスしましたね。
いいんですうまく出来たかなんてことは、これから二人で上手になっていけばいいだけなんですから。でもちゃんとあなたからも求めて欲しかったです。
今度はちゃんとあなたからもキスしてくださいね?」
そういうとぽかんと開いたままの俺の口はまた彼女の唇でふさがれた。
求めろといわれても、こんなムードもへったくれもない状況でどう求めればいいのか分らなかったが、とにかく相手の舌に動きをあわせてみようとした。
もとより性欲が強いほうではなかったが、仕事仕事の毎日で俺のなかにも溜まるものは溜まっていたらしく、彼女とのキスで俺の男もその存在を主張しはじめていた。
俺の舌の動きを感じた彼女も、俺を押し倒し俺の頭を両手で抱きしめてきた。心なしかさきほどより彼女の体が熱を帯びてきたように思えた。
いや、駄目だろ。普通であったばかりの男女がこんなことしちゃ、風俗じゃあるまし。常識から逸脱している。
手遅れながらも働き出した理性で、俺の顔に張り付いてる久野さんの顔を引き剥がす。むぅと艶のある声で抵抗されても構いはしない。
「どうしたんです、途中からのりのりだったのに。いきなりやめちゃうなんてムードぶち壊しですよ」
「いやいや、やっぱり駄目でしょう。それに久野さんはこの状況にムードを感じてたんですか?」
久野さんは唇を指で拭いながら、恍惚とした表情で
「久野さんだなんて、他人行儀ですね。巴でいいですよ。それにふたり一緒ならいつでもムード満天じゃないですか?」
やっぱりこの人どこかおかしいですよ、部屋に入り込まれた時点で外に追い出すべきだった。
「もうやめましょう、帰ってください。俺は好きでもない人にこんなことされても嬉しくないです。それにこういうことを軽い気持ちでする人は嫌いです」
「嫌い?私のこと嫌い?そうなの?」
「はい、俺はそういう人が大嫌いです」
そっか、とつぶやき久野さんの顔に笑みが張り付く。昨日俺に栄養ドリンクを渡した時のような妖艶な笑みだった。
「しかたないよね。そう、しかたない。でも大嫌いとまでいわれちゃと流石に傷ついちゃなあ」
笑みを浮かべながらおもむろに尻ポケットを探る久野さん。次の瞬間何かを腹に押し付けられたと思うと、鋭い刺激が走りみるみるうちに俺の意識は混濁していった。
視界が完全に閉じる瞬間に見えた久野さんの瞳は暗く濁り、その色が暗転した俺の意識と混ざっていく。
意識が夢に落ちていく間際、大丈夫絶対幸せにするよ?、という囁きが聞こえた気がした。

704 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:54:28 ID:LjD7YQ3b
ああ、またこの夢か。俺はまた自分の娘と戯れていた。
娘は俺の膝の上にちょこんと座っており、俺はこの娘に本を読み聞かせていたようだ。
そういえばまだ、オムライスを作ってなかったな。時計を見るとちょうどお昼時、よし今度こそ作ろうか。
俺がそういうと、娘は大きくうなずきキッチンへとかけていく。転ぶとあぶないぞと声をかけながらそれを追いかける。
キッチンにいくと、内装こそ変ってないがやはり食器や調理道具が増えている。実際の俺はパスタをゆでる深鍋なぞ買っていなかった。
冷蔵庫を開けると、都合よく卵やその他野菜類が置いてある。流石夢だな、欲しいものが事前にそろっているとは。
娘と一緒に野菜を切りそろえていく、包丁も鉄の出刃包丁ではなくプラスチックの可愛らしい奴だ。
身長が足りてないので、小さな脚立を使いながら器用に包丁を使う娘。こういう手先の器用さは俺に似るのだなと思い、にやりとする。
野菜を炒める段階になり、娘がやりたいといいだすが、流石に火を使わせるのはまだ早いだろうと思いそれを制止する。
渋りながらも了解する娘。このどことない強情さは母親に似たのだろうか?俺はもう少し聞き分けがいいと自分では思っている。
てきぱきと野菜をいためていき、そこに1人前強のご飯を入れる。あとは男の料理でコンソメとケチャップをぶち込む。
出来きた似非チキンライスを皿に盛る。次は卵だねと、娘に卵を割らせてやることにした。
幼いながらも卵を慎重にひびをいれ、カパリと割る。やっぱり器用なところは俺に似たなと、親馬鹿じみた考えが浮かぶ。
夢の中なのにいやに現実感があるなと疑問を抱きながらも娘が割った卵を溶き、再加熱したフライパンに落とす。
高温のフランパンで急速に固まっていく卵を崩しながらフライパンの端によせ、ひょいひょいとオムレツ状にしていく。
昔は自炊もしてたが、最近ろくな飯をくってないなとふと現実にもどされそうになるが、夢の中くらい現実を忘れようと出来上がった半熟オムレツを似非チキンライスの上に乗せる。
さあ食べるぞ、と飯台へとオムライスと運ぶ。娘にはスプーンを二つ持たせてだ。
ここでも一つ気づいたが、俺の家には丸型のクッションなぞ置いてなかった。それも丁度3つ。はて、この娘の母親はどうなったんだろうか?
そんなことを考えていると、娘が早くたべようと膝の上から俺の襟を引っ張っていた。
そうだねと笑顔で返し、いただきますを言う。作法も小さい頃からしっかりとせねばな。
オムライスのオムレツの部分をスプーンで割っていく、こうすれば半熟のオムレツがとろけるように自らの重さでチキンラスを包むはず、はずなのだ……
しかしこのオムレツは半熟ではなく、完全に固まったオムレツに成り下がっていた。きっと余熱で固まったんだなと自分を擁護する。
「パパ駄目だね」という娘の心無い一言が胸に刺さる、こういうぶっきらぼうなところまで俺に似なくていいのに思う。無駄に現実感あるんだよな、この夢。
「パパ頑張ったけど上手く作れなかったよ、でも味は一緒だから食べようか?」
気を取り直して食べようと膝の上の娘の顔を覗き見る。うん、と元気よく返事をした娘の顔が俺の顔を見つめ返した。
眉や顎のラインはたしかに俺に似ているが、この目じりがやんわりとさがりった目元は母に似たのだろうか?
そう思うと何か心あたりがあるように思え、しばらく娘の顔をまじまじと見る。ここまで出掛かっているのに、見覚えがありながらも思い出せない。
もどかしさを覚えながら、頭の上に『?』マークを浮かべている娘の目を見る。この目、目なのだ。きっとこの目が最大のヒントだろう。
そう思いもっとよく見ようと顔を娘の顔に近づけようとした時、
俺の意識は覚醒した。

705 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:55:45 ID:LjD7YQ3b
まずいつもの天井があった、味気の無い俺好みのベージュの天井。この色に惚れてこのマンションに契約を決めたのだ。
しかし色々とおかしな夢ばかりみたものだと思い、体を起こそうとして俺は自分の手足がベットの四隅に貼り付けにされているのに気がついた。
いつから俺は自分を縛り付けなきゃ寝れなくなったのだと思い首を真横に傾けると、夢の一部は夢でなく現実であったと気づかされた。
両手で頬杖を付いた久野さんの顔がそこにはあった。意識を失ったときに見たあの笑顔のまま、今も俺を見つめているのだ。
「起きました?どうです、体の方も調子がいいでしょう?」
「貼り付けられた状態で、どうやって体の状態を確認しろっていうんだよ」
「あ、その口調。敬語じゃなくなってますね。少し私たちの関係進展ですね」
さらに顔を緩ませ、嬉しそうに微笑む久野さん。いや、もう「さん」は要らないな、久野で十分だ。
「でも、もっと進展しますよ。なにせ私たち結婚するんですから、夫婦のスキンシップは大切です。
さっき体の状態なんて分らないっていってましたけど、ちゃんと目に見えるくらい元気ですよ。ほらこんなにいきり立ってるじゃないですか?」
そういうと久野は、俺の分身をさすり上げる。なにか寒いと思ったら、俺は全裸だったのかとその原因に納得する。
しかしいつからこの状態なのか、さすがに凍死はしないだろうが衰弱くらいしていてもおかしくはない。
でも今の俺の状態を見るに、そんな様子は毛ほどもない。久野の栄養ドリンクが本当に効いているのだろうか?
「あの栄養ドリンクになにを入れた?真冬に全裸でいて肌寒いとしか感じないなんて異常だぞ?」
「普通の栄養ドリンクをベースに、巷で話題の精力増強剤を各種混ぜ込んでます。味もちゃんと飲んでも美味しいように結構頑張りました。実際美味しかったですよね?」
あんな無理矢理なディープキスをして飲まされたもの味なんて覚えてるわけないだろう。鼻だってつままれてたしな。
それにおかしいぞ。混ぜ込んだってそれなら普通蓋を開けるときにキャップがガリガリとはいわんぞ。
「普通に工場の人に頼んだらやってくれましたよ?」
頼んだって、さっきから普通普通とこともなげに危ないことを言われてもな。一般人の頼みを聞いちゃいけないだろ、俺の系列の会社に頼んでなきゃいいがな。
「ラベルだって私のオリジナルなんですから、手作りです。さっきは軽いとか言われましたが、これでも軽いとか言いますか?」
たしかにただの一般人がここまでのことはしない、それこそ普通は。だが言動の節々から薄々久野が普通の人間じゃないってことには気づいていた。
いままでの人生で唯一好意を寄せられた人間がこんなアブノーマルな奴だったとは、笑い話にもならない。
「はあ、流石です。思ったとおりです。こんなに大きくてグロテスクだと逆に惚れ惚れしちゃいますよ。これで沢山子供を作りましょう。いえ、授かりましょう」
そういうと、さっきから寒い室内でもその勢いを衰えさせない我が分身をしごきだす久野。
気を失う前に飲まされた精力剤のせいか、かなり敏感に反応する愚息。
「やっぱり興奮してくれてるんですね、じゃなきゃこんない汁が出るわけないですもんね。でもまだ駄目です。ただ何もないところに精子をぶちまけるのは許しません」
そういうと、彼女は俺の体の上にのしかかり、腰にまたがる。
「そこからでも見えます?キスしてからだいぶ時間が経っているのにずっと下着の中がぐしょぐしょです。さっきから切なくて切なくて早く繋がりたいっていってるんです
でもちゃんとあなたにも感じて欲しくてずっと我慢してたんですよ?もうおあずけされるのは沢山です」
下着をわずかにずらし、秘部をあらわにさせそのままゆっくりと腰を落としていく。
先端から徐々に自分が久野の中に包まれていく。彼女の秘部は大量の汗をかいたように濡れぼそり、溢れ出る愛液が触れ合う肌を通して自分へと伝ってくるのが分った。

706 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:56:15 ID:LjD7YQ3b
「感じますよ、ちゃんと感じます。少しまだほんのさきっぽだけなのにこんなに気持ちいいですよ。んぁ、もう一気にいっちゃいます」
すとんと一気に腰を落とす。同時に自分の全てが包まれた感覚になり、それが快美な波となり押し寄せた。
久野の顔は初めての性交で痛みを感じているのか、頬を引きつらせながらか細い声で小さくうめいた。
「くぅ、やっ…ぱり、い…たいです…ね。でも、これ…で繋がった…んですよね。夫婦になったんですよね?」
繋がった状態で体重を俺に預けながら、久野は俺を抱きしめる格好になる。
久野の乳首は硬くなっており、それが自分の胸板に擦れる。
「でも、やっぱり痛いからキスしながらしましょう。それなら私耐えられます。いい…ですよね?」
上目づかいで俺を見つめる。頼りなささげに眉をさげながらそんなことを言われると、俺の気持ちは揺らいだ。
それに初めての性交で、繋がったまま。久野は痛いといってはいるが、さっきから俺の分身は彼女の中で締め上げられており、早く動きたいと脈打っていた。
「わかった…から、動いてくれ。もう…どうにかなりそう、だ」
その顔を見て満足したのか、妖艶な笑みを浮かべた久野は再度俺に唇を重ねた。
すぐさま、舌をねじ込ませ俺の舌を求める。舌を絡ませ吸いたてながら、互いの唾液を貪りあう。
荒い呼吸をしながら、重なり、互いがそこにいるかを確かめ合うように求める。
俺は腰をまるで獣のように久野の膣に突き立て、久野はそれに応えるように受け止めた。
心臓が早鐘のように脈打つのがわかる、それは久野も同様だった。
重なり合った胸の鼓動が、しかと感じられた。抱き合って分ったのだが、久野もやはり女性。その体は柔らかく華奢で手荒く扱えば壊れてしまいそう気がした。
意識すればするほど、自分が熱くなるが分る。俺は欲望に身を任せひたすらに久野を求めた。
自分から行為に及んだとはいえ、やはり痛みがあるのか久野は涙をこぼしながら、俺の体をしっかりと抱きしめてくる。
いったん唇をはずし、大丈夫かと声をかける。
「痛くないのか?駄目ならやめてもいいんだぞ?」
「巴、巴って呼び捨ててください。名前を呼ばれるだけで私は気持ちよく慣れるんです。それだけで我慢できます。だからいっぱい呼んでください」
自分が一番辛いのに、それを隠すように弱さを見せない久野、もとい巴のいじらしさが俺にはとても愛しく思えた。
「クッ、もう限界だ。出すぞ、巴」
名前を呼んだ瞬間、膣の中が勢いよく締まり、射精感がさらに高まる。
「でますか?でるんですね?いいですよ、来てください。私を貴方のものにしてください、もっと貴方の色に染めてください」
ピクピクと肉茎が脈打ちながら、関をきったように精液をはきだす。俺は巴の中で果てていた。
「やっと名前で呼んでくれましたね。でも、これくらいでへばってちゃ駄目ですよ。今までお預けをくらっていたぶんをたっぷり返して貰いますからね」
そういうと、射精して間もない俺の肉棒を抜くことなく、またリズミカルに動きはじめる。
「私もアソコで気持ちよくなりたいので、とりあえずそれまで頑張ってください」
たとえそうなったとしても終わらせる気なぞ微塵も感じさせない顔で、巴は幸せそうに微笑んだ。
その顔を見て、俺はあの夢の娘の母が誰なのか分ったようなきがした。



艶めかしい声を上げながら何度も何度も腰を打ち下ろす。あれからすでに何度射精したかなぞ覚えておらず、何時間この状態かも分らない。
それでも巴は俺を求めつづけた。小刻みに腰を揺すりたて、肉壁をきつく締め上げ、何度も何度も。
「まだ、だめです。もっとください。もっともっともっともっともっともっと、いっぱい赤ちゃん産みます。一生気持ちよくしてあげます。
だからもっと私に愛をください。ふたりで愛を育みましょう。少し遅めの私からのクリスマスプレゼントです。
くふっ、うふふふふふふふあははははははははは」
精力剤の効果なぞとっくにきれていたが、射精を終え息子が萎えるとそのたびに前立腺に指を突きたてられ、何度も何度も性交をし続けた。
射精感はあるものの、精子はとっくに打ち止めになっていただろう。それでも巴は求め続けた。より確実に俺を虜にするため。
「幸せにしてあげます。幸せになります。もうやつれなくてもいいんですよ?もう寂しくないですよ?これからはずっと死ぬまでいっしょです」
俺は幸福がなにかは分らなかったが、確実にいえることはこのままではいつか俺は干からびるということだ。
それでもなんとなく、こんな生き方も悪くないのじゃないか、と思い始めていた。

707 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 03:57:30 ID:LjD7YQ3b
投下終了です。時期を過ぎたネタって冷めたコーヒーなみに美味しくないですよね。
お目汚し失礼。

708 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 04:00:31 ID:c45MDk1A
乙GJ
工場の人いい加減だなwww

709 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 06:31:07 ID:cbSN5lz3
>>707
GJ。好きよこういうの、大好きよ

710 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 08:26:18 ID:804Vi+VM
>>707
GJ!
大好物です
うちにも是非きてホスイ

711 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 13:18:42 ID:Ir4HZHAq
>>707
GJ
冷めたコーヒーでももっと冷たくしてアイスコーヒーとして飲めばおいしいですよね


712 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 20:35:00 ID:Aa5J88xF
誰かクロノトリガー並みマルチエンディングのSS書いてくれないものか・・・

713 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/29(月) 00:56:48 ID:w8tBw/X6
>>707
GJ、続きがあったら読みたいぜ
ヤンデレの敬語はたまらん

714 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2008/12/30(火) 13:48:45 ID:HmI1iUSl

ヤンデレって、ヤンデレになる過程が大事なんだと思うんだよな。

715 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/30(火) 23:24:55 ID:WUkKbHGo
>>714
あなたの気持はすごくわかります

716 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/30(火) 23:51:39 ID:59aJux5c
ヤンデレスレの住人なら初詣のお願いはみんな決まってるよな!

717 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 00:52:21 ID:LI1WqhQ2
少しは女の子にもてますように。ですね、わかります。

718 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 01:12:37 ID:Imb5yBK1
普通の女の子にモテて嬉しいわけないだろ…常識的に考えて

719 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 01:14:23 ID:J5cXBKJz
朝起きたらイケメンになっていますように

720 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2008/12/31(水) 02:36:23 ID:If6V0G+v
朝起きたらベッドに拘束されていて、そのままヤンデレの女の子に逆レイプされますように。

721 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 03:36:44 ID:op0Mou2V
健康

722 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 04:16:57 ID:LI1WqhQ2
>>718
「少しは女の子にもてますように!」
「どうして?私がいるのにどうしてそんな事言うの?ねえどうして?」

というフラグを回収したいのだよ。わかるな?

723 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 07:49:00 ID:mJzKbRJ/
普段はさっぱりしてるんだけど、実はかなり病んでたりする
明るくかっぱつな女の子に監禁されてますように

724 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 10:28:46 ID:7JMY1SBB
俺も監禁されて逆レイプがいいなぁ

725 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 12:39:46 ID:HkWOYGhS
俺は、薬盛られてレイプ→責任とってね。がいい。


726 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 16:49:16 ID:7JMY1SBB
それもすばらしい

727 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 20:21:45 ID:+HVWEYvs
卑劣なヤンデレ

(中略)

千葉でピーナツと暮らしていたあなた、
また千葉の田舎へ戻られたらいかがですか?

728 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2008/12/31(水) 22:44:13 ID:nA0sRVBT
デヴィ夫人やめてください!

729 名前:名無しさん@ピンキー[] 投稿日:2009/01/01(木) 02:08:52 ID:/0LXhUsS
あけおめ!今年こそ監禁されますように! 

730 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 06:23:51 ID:OPHRWBQa
全ての人類は地球と言う名の惑星に監禁されている。

731 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 06:46:11 ID:/VduVH7H
重力萌えとは新しい。
ロケットの歴史を思い出す。

732 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 11:24:38 ID:/3yHLEEe
地球か・・・

なにもかも、皆、なつかしい・・・

733 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 12:48:32 ID:UUoOjEBr
地球姉さんと月妹が海男をキモ引力で引っ張り合うのを想像した。

734 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 20:59:33 ID:Q1ZRHzw2
ヤンデレが活きる正月ネタが思い浮かばない…

735 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 21:16:08 ID:lyxUwZKa
病み巫女?

736 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/01(木) 22:06:36 ID:GrcPYkEl
神頼みならぬ、病み頼み…


訳が解らんなこりゃ

737 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 01:08:33 ID:DXtKf1eI
ヤンデレ×お正月=X

誰かXを解明してくれ!

738 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 01:25:51 ID:5DlT/RoW
そりゃ初詣へ一緒に行くをすっぽかされたのに、寒い風の中唇が割れても男が来るのを待ち続けるヤンデレだろ。

冷たく乾いた風が容赦なく皮膚から水分を奪い取り、
ヤンデレの柔らかい唇がひび割れても待つのだ。


739 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 01:33:33 ID:HXGNFBbU
年賀状がやたら多いと思ったら!

740 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 05:29:48 ID:VF1d/Oyy
「ねぇ、737君。お年玉ここに頂戴?」
と振り袖を開いていくとか?

741 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 09:01:56 ID:jB5Mx4ly
白いお年玉ですね、わかります。

742 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 14:58:23 ID:WVYPPA0+
>>739 全部同じ人からだった……。

743 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 20:19:09 ID:jtLrve4E
しかも郵便局からではなく直接投函されていた

744 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 23:35:53 ID:UgkQUOuY
一人で何通も直接投函とかきめえ
そんな女がいたらすぐさま警察に突き出すよ

745 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 00:03:03 ID:SebtgLWn
>>744
ははは、ツンデレめ

746 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 00:42:56 ID:W2NgNIn5
逆に考えるんだ。
下のお年玉番号で当選する確立があがると。

747 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2009/01/03(土) 01:06:45 ID:W41gAez9
>>746
当選する賞品はすべてヤンデレ自身ですね

748 名前: ◆Tfj.6osZJM [sage] 投稿日:2009/01/03(土) 04:50:02 ID:clWZ+s3E
投下待ちしてる間に自分も小説つくってみました。長編です。投下します。

749 名前:似せ者  ◆Tfj.6osZJM [sage] 投稿日:2009/01/03(土) 05:00:55 ID:clWZ+s3E
第一話 ~始まり~


偽者は本物を越す事は出来ない。
偽者が本物を越す時、それは偽者と本物が入れ替わる時。
似せ者は本物になる事は出来ない。
似せ者は本物を越そうが越さまいが似ているだけのオリジナル。



入学式から丁度一ヶ月が経った。
俺は苦労の末に仁衣高校に入学した。
県内トップクラスの学力を保持、様々なスポーツで好成績を収めるという文武両道の校風、そしてさらに日本トップレベルの仁衣大学へエスカレーター方式で行かれるとなれば、当然、皆行きたがるというものだ。
女子の場合はさらに制服が可愛いことも人気に拍車をかけているらしい。
倍率は10倍以上。去年は二年前に仁衣高校に入学した姉さんとの猛特訓の日々だった。
「はい、次はこの問題を解く!出来なかったら罰ゲームよ」
次から次へと来る問題。そして悪魔のような罰ゲーム。二度と思い出したくない…。
しかしそんな地獄のような日々を乗り越えて手に入れた生活はまさに夢のようだった。何から何まで楽しくて充実している。一ヶ月があっという間であった。
入学してすぐに陸上部に入学した俺は走ることで青春を満喫していた。たった今も練習に励んでいる。
「んじゃ始めっか!」
俺は気合を入れるように呟いた。
一週間前から、朝の授業前に一年部員同士で集まっての自主朝連をしているのだ。
早起きが苦手な俺だが大好きな陸上の為となると話が違う。目覚ましやら携帯のアラームやらを何重にも設定し、体を叩き起こしていた。
みんなで一緒に朝練と言っても、やることは様々だ。体操だけ全員一緒にやり、後は個人個人で好きなようにやっている。
投擲や跳躍などのフィールド種目専門の人間とトラック種目専門の人間が一緒に練習したって仕方がない。そもそも、同じトラック種目専門だって、短距離専門の人間と長距離専門の人間じゃ、鍛え方はまるで違う。
俺はというと…、とにかく、がんがんと長い距離を走っていた。それこそ、ブレーキのない車のように。
きっかけはなんだっけ?オリンピックのマラソンに感動した時だろうか。それとも駅伝のゴボウ抜きというものに強く憧れた時であろうか。案外、幼い頃に読んだ『走れメロス』に影響されてなどといった、くだらない理由だったかもしれない。
とにかく俺は走ることが大好きだった。
とりあえず俺はいつも通りジョグを始める。もう5月だが、まだまだ風は冷たい。しかし、それは、身を凍えさせるような冷たさではなく、朝の肌を適度に刺激する心地の良い冷たさだった。
うん、今日もいい朝だ。


「じゃ最後に全員参加で400mダッシュ。ビリの奴は今日の昼休みに好きな女子に告白」
いきなりそんなふざけた事を言い出したのは俺の悪友の杉下だ。
「俺はパス」
「無理」
人間のインパルスの限界スピードを越しているのではないかと疑うほど、瞬時に俺の意思は却下された。
「あのですね、俺はジョグやらインターバルやらをやりまくった後で、歩くのもキツイので…」
「だから?」
今度は最後まで言葉を発することすら、許されなかった。
周りの奴らはニヤニヤと俺を見ている。この状況が面白くてたまらない様子だ。
そういえば、今日はやたら、俺以外の奴らの練習が軽かった気がする。
「嵌められたな…」
元々、400mとなると長距離専門の俺は分が悪い。さらにこの状況となると…
「おいおい、諦めるのか?俺の知っている赤坂映太という男はどんな逆境にも勇敢に立ち向かう強い人間なのだが、はたして違ったのかな?」
「俺の知っている杉下隆志のイメージ通りの発言、ありがたく受け取っておくよ」
「さぁ、スタートラインにつくがよい」
見ると、既に俺以外はスタートの体勢であった。こういう時、うちの部員は妙に団結するから困る。
「詰みだな」
俺は自らの運命を悟った。
どうやら俺は今日、藤堂優奈に告白する運命のようだ。さてどうしようものか…。