※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

138 :Chains of pain :2009/04/11(土) 00:07:00 ID:8TBwVrSe
背中に激痛が走る……
それは声すら出せない程の激痛だった。
確かに僕は七海の下敷きになった。だがその程度でこんなに大きな
痛みが生まれると思えない。
……ではなぜ? 理由……わからない。
けれども過去にもこのような事があった気がする。
あぁ……あれは忘れもしない……

「ごめんなさい……ごめんなさい、お兄ちゃん……」
背中が熱い。
痛いという感覚はこんなにも苦しいものだったのか。
「ごめんね……本当にごめんね……だから、あたしを嫌いにならないで……」
「……大丈夫だよ。本当に大丈夫だから」
胸が痛い。
こんな所に怪我を負っていたのか? いや、そんなはずは無い。
これは熱くない。いや、僕にとってはもっと辛い。
……呼吸が出来ない。なんでだろ?
「ごめんなさい……背中……痛いんだよね? ごめんなさい……」
暗い顔をされると僕の胸は痛み出すのか?
「ねぇ、お兄ちゃん……お兄ちゃん! 何か言って! 嫌いにならないで!」
どうやらそうらしい。
「お兄ちゃん……」
泣かないでくれ……僕は優花の涙も暗い顔も嫌いだ……
僕は優花に悲しみを与えたくなんて無い! 
……だから、優花。
「…………お兄ちゃん!?」
……もう、泣かないでくれ。
「うん、大丈夫だから……優花は何も悪くないんだ」
優花の体温が服を通してでも伝わってくる。
……あれ? なんで泣き出すんだよ?
「もう……泣かないでよ……」
だんだん痛みが引いていく……そうだよ、笑ってよ……優花。



139 :Chains of pain [sage] :2009/04/11(土) 00:07:47 ID:8TBwVrSe
ほんの一秒未満の失神。
いや、そんなものを失神と呼ぶ方がおかしいかな?
「…………春斗君……大丈夫……?」
あぁ、一応大丈夫だよ。
それより泣いているのかな? 七海……
痛かったのかな? それとも僕を気遣ってくれているの?
「……七海こそ大丈夫?」
「…………う、うん……」
そっか、なら良かった。本当によかった。
正直、誰も泣くのを見たくない。
……あの時に知った痛み。
それは恐らくどんな傷よりも深くて治りが遅いことを僕は知った。
優花の涙……七海の涙……人の涙……つまり、心の傷。
治療薬なんて存在しない。
あったとしたらそれは偉大で、どんな賞でも足りないぐらいだ。
僕は見たくない、人の悲しみを……
頼む、だから泣かないで、笑顔でいてよ……
「ねぇ、春斗君……このままでも良いかな?」
「このままって?」
七海の手が僕の頬をなぞる。
「七海? 何をして……」
反射的にその手を払ってしまう。
「……ははは……冗談だよ?」
なんで目がうつろなの?
「僕は起きたいな……」
「ごめん、ごめん……」
起き上がった七海が手を差し伸べてくれた。


140 :Chains of pain [sage] :2009/04/11(土) 00:08:12 ID:8TBwVrSe
遅い。
もう既に鈍間な針は九を指していた。
「……お兄ちゃん、あのメモは嘘だったの?」
最悪な展開が頭の中に次から次へと浮かんでくる。

「じゃあね、七海。また明日……」
扉を開けようとするお兄ちゃん。
「……帰らないで……」
あの女が後ろから抱きつく。
「な、七海!? ど、どうしたの? もしかして風邪に……」
「ばか、春斗君のバカ。本当にどうしようもない馬鹿」
状況のつかめないお兄ちゃん。
頬を赤く染めて瞳を閉じるあの女。
「……これが風邪に見えるの?」
「えっと……なんていうか」
「……スキ」
目を見開くお兄ちゃん。
「だから、大好きだって言ってんの!」
「……冗談だよむぐっ……」
唇が重なり合い……二人の時間は……止まる。

「……って、イヤーーーーーーーーーッ!」
思わず叫んでしまっている。
どうやら思っていたよりも想像力が豊かなようだ。
しかし、そんな事が起こる可能性は無きにしも非ず。
こうしている間にも春斗は……
「ただいまーーーっ」
って、帰ってきた!!
「あっ……お兄ちゃんお帰りーーっ」
いつものように駆け出す。一秒でも早く春斗の顔が見たいから。
そして食べてもらうんだ、あたしの気持ちを。

……今日は春斗の大好物……カレーなのだから!!