※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

312 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:08:14 ID:gA0Krdgw
「早く昼休みにならないかしら…」
多くの生徒が惰眠と、喪失感を味わう五月。
だらけきった教室の中で、ただ一人、七尾だけが目を爛々と輝かせながら、授業を受けていた。
今は四時限目。この授業が終わったら昼休みだ。
彼に会える。たったそれだけのために、彼女は学校に来ていると言っても過言ではない。
空腹は最高の調味料、と言うのと同じで、恋にとって焦らしは最高の調味料なのだ。
だがしかし、最高の調味料といえども、過ぎたるは及ばざるが如し、とはよく言ったものだ。
まったく分針が進まない。秒針は世話しなくグルグル回っているというのに、
分針はさっきから四十分の所で止まっている様に七尾には見えた。
後五分で昼休みだが、その五分が異様に長い。
早く動け、分針!七尾はそう時計に向けて念じる。
七尾が念じれば念じるほど、彼女の金色の髪が、まるで炎の様にメラメラと揺らめいた。
黒板の前にいる教諭は、それが見えるだけに、彼女に対して問題をあてなかった。
あてたら最後、とんでもないとばっちりを受けそうなのは、目に見えていたからだ。
教職という、聖職者の位にいる人でも、やはり自分の身がかわいいのは当然のことの様だ。
七尾の念が通じたのか、遂に昼休みになった。
多くの生徒が、級友達と机を合わせて弁当を食べる中、
七尾は弁当を持って、二つ隣の教室の前に立っていた。
この中に彼がいる。
七尾は息を整えると、勢いよくドアを開けた。



313 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:08:45 ID:gA0Krdgw
「幸斗、き…今日、お弁当作り過ぎて余っちゃったから、あんたにあげるわ。
べ…別に、あんたのために作ったんじゃないからね」
幸斗と七尾の関係は、七尾が高校に上がる前のことまで溯る。
買い物をしに東京に来た時、彼女に目を付けたクズのチンピラ達が絡んできたのだ。
大声を上げようとしたが、チンピラに口を塞がれ、路地裏に連れて行かれた。
このままでは輪姦される、と思ったが、声を出そうにも出せない。
七尾は自分の不幸を呪いつつ、目を閉じた。
しかし、いつまでたってもなにも来ないので、目を開けてみると、角材を持った男がそこにいた。
「大丈夫ですか?」
そう言って、男は手を差し伸べた。
七尾は見惚れてしまったが、つい照れ隠しで、
「なに勝手なことしてんのよ!」
と怒鳴って、その場から立ち去ってしまった。
後になって、七尾はそのことを後悔した。
均整な顔付きといい、チンピラ達をのしてしまう強さといい、優しさといい、
それら全てが、七尾のストライクゾーンど真ん中だったからだ。
家に帰ってから、七尾はそのことを思い出すたびに枕を濡らした。
高校に上がってからも、七尾は鬱屈として高校生活を楽しまなかった。
しかしある時、七尾は二つ隣の教室から、男が出てきたのを偶然見付けた。
急いでその教室の生徒に、男の名前を聞くと「川原幸斗」と教えてくれた。
まるで漫画の様な展開に、七尾は運命を感じた。
そして、今まで信じてこなかった神様に、初めて本気で感謝した。



314 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:09:34 ID:gA0Krdgw
その日以来、七尾は幸斗のために弁当を作っている。
いろいろ愛情を込めたせいか、弁当は余り物と言うには矛盾するくらいの量になっている。
幸斗は七尾が来ると、露骨に嫌な顔をした。
「あの…、七尾さん。僕、ずっと前から言ってますよね?弁当は自分で作るからいらないって」
幸斗がこう言うと、
「あんたねぇ、私がせっかくお弁当を分けてあげるって言ってるのよ!
男だったらつべこべ言わずに食べなさい!」
と、七尾が返すのが日常茶飯事となっている。
周りからは夫婦漫才と揶揄されるが、七尾は夫婦と言われるたびに、
お腹の中がキュッとなる感じがした。
正直、七尾は幸斗が好き…いや、愛していた。
頭が良くて、強くて、かっこよくて、優しくて、かわいくて…全部あげたら限がないが、まるで、
名前の通り、この世の幸せを全て集めたかの様な男性だ。
もし、彼が自分のことが好きだと言ってくれたら、襲い掛かっている。間違いなく、絶対!
そう思いながら、妄想の中で幸斗を押し倒している七尾を、
幸斗の一言が強制的に現実に引き戻した。
「あんなのを毎日食べてたら、僕が死んじゃいますよ!」
さすがにこの一言には七尾もショックを受けた。
全ては幸斗のためにやってきたことが、彼を苦しめていたとは、七尾は思っても見なかった。
結局彼のことを分かってないと思った七尾は、目に涙を浮かべ、
「い…いいわよ。分かったわよ!
せっかく私が好意でお弁当をあげてやってるのに、
食べないって言うなら、もうお弁当が余っても、あんたには絶対あげないんだからね!」
と、つい捨て台詞を吐いて出て行ってしまった。
教室に戻ってから、七尾はそのことを後悔した。



315 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:10:06 ID:gA0Krdgw
「どうすればいいのかしら…」
七尾は悩みながら下駄箱までやって来た。
弁当を作らなかったら、幸斗の教室に行く大義名分が消える。
それだけはなんとしても阻止したい七尾は必死で考えた。
ふと顔を上げてみると、幸斗が下駄箱で靴に履き替えていた。
近付いてみると、幸斗は口を動かしていた。七尾は幸斗の口の動きに全神経を集中させた。
「さすがにあれは言い過ぎたかな…」
と、聞こえた。
あれとはお弁当のことだろう、と察した。
あれは自分が悪いのに、幸斗は自分以上に悩んでくれてる。
やっぱり、幸斗は優しい。七尾はそう思った。
再び幸斗の口の動きに全神経を集中させる。
「本当にもう少し弁当の量が減ってくれれば、喜んで食べるんだけどな…」
それを聞くと、いてもたってもいられなくなり、七尾は幸斗に声を掛けた。
「それ、本気で言ってるの?」
「えぇ、本気…って、うわぁ!な…七尾さん。いつからそこにいたんですか!?」
驚かれて少しショックを受けたが、驚いた時の幸斗はすごくかわいい。
「あんたが間抜け面でブツブツ呟いてた時からよ。それに、人を幽霊みたいに失礼ね」
だが、それを悟られない様にあえてそっけなく言った。
ここであえて、胸を強調する様に腕を組んだ。一般の高校生より遥かに発育した胸を、
これでもかとばかりに幸斗に見せ付ける。
それを見た幸斗は、慌てて目線を下にして、
「…で、なにか用ですか?」
と、言った。照れる幸斗もかわいい。
自分のアソコがぐちゅってなった。彼に聞こえたかも、と心配になった。
「き…今日、私と一緒に帰りなさい」
とりあえず、いつもの様に彼を誘った。彼と帰りたいというのもあるが、
彼を狙っている女に牽制するのが本当の狙いだ。
「あの…いつも思うんですけど、あなたの家、隣のアパートなんだから、
一緒に帰る必要ないんじゃ…」
でも、いつも彼はそのことを察してくれない。鈍すぎるのも考え物だ、と七尾は思った。
こうゆう時は、あれしかない、と七尾は目に涙を溜め、無言で幸斗を睨み付けた。
これで大体の願いを幸斗は聞いてくれる。
「わ…分かりましたよ…。一緒に帰りましょう…」
案の定、彼は承諾してくれた。
「まったく…、一緒に帰りたかったら最初からそう言えばいいのに…」
嬉しさを隠すために、あえてまたそっけなく言った。心の中ではガッツポーズを取っていた。



316 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:10:41 ID:gA0Krdgw
家に帰ると、七尾はベットに突っ伏した。
「幸斗…幸斗ぉ…」
七尾は自分の胸に手を置き、空いた手をアソコに導いた。
今日は思わぬ収穫があった。
幸斗と一緒に帰っている時、偶然幸斗の手が自分の小指に当たったのだ。
あの時はつい怒鳴ってしまったが、本当はとても嬉しかった。
初めて、幸斗に触れられた。その事実が、七尾の恋情を加速させた。
自分の胸が潰れるくらい揉みしだく。乳首は硬くなり、摘むと頭の中が破裂しそうになった。
本当は、幸斗に揉んでもらいたい。吸ってもらいたい。嬲ってもらいたい。
そう思うが、幸斗は一向に自分のこの気持ちに気付いてくれない。
「つらいよぉ…苦しいよぉ…もどかしいよぉ…」
うわ言の様に呟いて、七尾はアソコに当てた手を動かす。
陰唇の周りを撫で回し、感度を上げていく。
次第に自分の陰核が勃起しているのに気付いて、それを摘んだ。
一瞬、気が遠くなった。体が痙攣して、愛液がほとばしる。
放心状態になったが、かまうことなく膣の中に指を入れる。
三本、最近になって中に入れられる様になった指の数だ。
中に入れると、膣内が蠢き始め、指に絡み付いた。
まるで、自分が幸斗に犯されている様な感覚に陥った。
枕を噛んではいるが、どうしても声が漏れてしまう。
「ゆ…幸…斗ぉ……わ…私がこんな身体に…あっ…なっちゃったのは、
ん…ぜ…全部ゆ…幸斗の…せ…せいなんだからね…。せ…責…任…あふ…と…取りなさい……」
指を動かすスピードを加速させる。自分の中のなにかが、
どんどん込みあがってくるのが自覚できた。
「んぁ…ん…も…もう…駄目ぇ…」
愛液と尿を撒き散らし、七尾はそのまま果てた。



317 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:11:19 ID:gA0Krdgw
七尾にとって、六月は祝日がない分、幸斗と一番多く接する事のできる月だと認識している。
ただし、行事がないので発展も期待できない月だとも思っている。
要するに、中途半端な月なのだ。その様な月は、自分が行動を起こすべきである。
そう考えた七尾は、この日ついに行動を起こすことを決心した。
昼休みになって、七尾はいつもの様に幸斗の教室に向った。ただ、いつもと違うのは、
「今日から、私もここで食べるわ」
そう言って、有無を言わさず空いている机を幸斗の机にくっつけたことだ。
幸斗と昼食が食べられるのは嬉しいが、その隣に座っている男が邪魔だった。
名前は知らない。いや、別に知る必要はないが。
昼食の件になると、その男がしきりに話し掛けてきたが、それを無視し、
「そういえばさ、あんた、彼女とかいるの?」
強引に幸斗に話題を振った。
空気男をあしらえるし、現在の幸斗の周辺を探ることが出来るので一石二鳥、と考えたのだ。
「いませんけど…、なにか…?」
期待通りの答えが返ってきたので、七尾は満足した。
幸斗に弁当を持ってきたり、一緒に帰ったりなどして、彼を狙う女達に牽制を掛けてはいるが、
中にはそれを掻い潜る強者がいるかもしれないので、直接聞かないと確信が持てなかったのだ。
「やっぱりね。あんたみたいな奴に女がいるはずないか」
安堵の気持ちを隠すため、あえて憎らしく言う。
「それ、地味に傷付きます…」
幸斗が目に見えて落ち込んだ。
彼を落ち込ませるのは本意ではないが、今は我慢。
ここで折れたら、今まで進めてきた『IILE計画』が無駄になる。
ちなみに二つのIは焦らす(irritate)のI。
Lは最後(last)のL。Eは食べる(eat)のE。
要するに、「焦らして焦らして最後に食べる」という意味だ。
文法がおかしい?そんなことは別にどうだっていい。
とにかく、今は非情に徹する時なのだ。
一番辛いのは自分なのだが…。
「そう言う石川さんにはいるんですか、彼氏?」
さっきまでいい具合に無視していた空気男が、横から口を出してきた。
こいつ、なかなかいい質問をする。
空気男から残り香に格上げしてやろうかしら、と七尾は思った。
「私に見合うような男はこの学校にはいないわ」
この際、はっきり言っておいた方がいい。
この学校には自分の身の丈を顧みない馬鹿が多い。
この男が、それを言い触らしたら、断る手間が省けるのでそれはそれでいい。
そしたら、この男の格を、残り香から刺激臭ぐらいに格上げしてやってもいいと思う。
しかし、私の答えに、幸斗と残り香は顔を見合わせて笑った。
幸斗は別にいいとして、残り香が笑うのは気に食わない。
やっぱり、この男の格は空気…いや、この際だから無味無臭でいいや。
「あの~、もう一つ聞きたいんですけど、なんでいつも幸斗に弁当持ってくるんですか?」
無味無臭がしつこく聞いてくる。答えなくてもいいが、無視するとしつこそうなので、
「前から言ってるでしょ。作りすぎて余ったから、仕方なくこいつにあげてるって」
特別に答えてやった。無味無臭の分際で教えてやったんだから、ありがたく思って欲しい。
「それって毎日の様に起こることですか?
それに、なんでよりによってあげるのが幸斗なんですか?」
こいつ、本当にしつこい。それに痛い所を突いてくる。馬鹿なくせに。
「そ…それは、知らない奴にあげたら、そいつが盛って襲い掛かってくるかも知れないじゃない」
とりあえず、当たり障りのない様に答える。
「つまり、石川さんは幸斗のことをだいぶ前から知っていたと…」
無味無臭がなにやら確信に迫った様な聞き方をしているのは気のせいだろうか。
「そ…そう言うことになるわね…」
とりあえず、肯定の答えしか出来なかった。
「ふ~ん…」
一瞬、無味無臭が笑った様に見えた。もしかして、この後の展開を予知したのだろうか。
だとしたら、この無味無臭は超能力者なのかもしれない。馬鹿なくせに。
昼食を食べ終わると、七尾は自分の教室に帰った。
今回はいろいろ収穫があった、有意義な昼休みだった、と七尾は思った。



318 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:12:17 ID:gA0Krdgw
七月になった。多くの学生にとっては期末考査などの試練の時であるが、
七尾にとってもある意味試練の時であった。
「IILE計画」も最終段階に入ったのだ。
今まで幸斗に対して冷たい態度を取ってきたが、それももうすぐ終わる。
決行は終業式の日。
場所は放課後の屋上。本当は校舎裏と言うのもよかったが、あそこは蚊が多いので止めた。
幸斗に自分の気持ちを伝える。そして、夏休みを彼と過ごすのだ。
本当は幸斗自身からの告白のほうがいいのだが、彼は恥ずかしがり屋だから無理だろう。
私自身が動かなければならない、と七尾は思った。
本当は今すぐにでも告白したいが、我慢する。
焦らして焦らして、最後に美味しく食べる。そのためなら二週間など耐えられる。
大丈夫、幸斗は逃げない。七尾は楽観的に考えていた。
だが、テスト期間に入った、ある日の昼休み。
いつもの様に幸斗の教室で弁当を食べていると、幸斗が急に切り出した。
「二人とも聞いて。実は僕、付き合うことになったんだ」
箸が止まった。おかしい。幸斗は誰とも付き合っていないと言ったのに。
「マジかよ!?誰とだよ?」
「このクラスの中山美優さんだよ」
中山美優…。七尾の頭の中でその名前が反響した。
「幸斗、お前、美優さんと付き合うのか!
俺はてっきり、石川さんと付き合うもんだと思ってたぜ!」
無味無臭の言う通り、私もそれが当然だと思っていた。
だが、幸斗が決定的なことを言った。
「だから、そんなんじゃないって言ってただろ。
僕と七尾さんはあくまで友達。そうですよね、七尾さん?」
「そ……そう…よ…。わ…私達は…あくまで…友…達…よ…」
違う!本当は、こんなことを言いたいのではない。だが、口から出てきたのは、
自分の思っていることとは反対の言葉だった。
「それから七尾さん。明日から弁当作ってこなくていいから」
ショックに打ちひしがれている七尾に、幸斗の言葉が追い討ちをかける。
「えっ…!どう…して…!?」
「明日からは美優さんが弁当を作ってくれるって言うから。今までありがとう。七尾さん」
それだけは駄目。そんなことになったら自分の存在意義がなくなってしまう。
分かってる。分かっているのに、口から出てきたのは、
「えぇ…私もこれから早起きしなくて清々…するわ…」
いつもの様な、憎憎しい言葉だった。
この後、幸斗はなにかを言っていたが、まったく聞き取れなかった。
いや、実際は聞こえていた。でも、頭の中が強制的にその言葉を遮断したのだ。
放課後になって、幸斗の後を付けて下駄箱に向かうと、
そこでは幸斗と楽しそうに話す美優の姿があった。
本来ならば、その隣にいるのは私なのに…どうして…?どうしてどうしてどうしてどうしてっ!
どうして彼はあんな女を選んだの!?私のほうが、彼のことを誰よりも知っている!
彼のことを誰よりも一番愛せる!彼のためなら死ねる!彼のためなら誰だって殺せる!
分からない!理解できない!!納得できない!!!
彼は私と結ばれるべきなのだ!結ばれなければならない!!結ばれる運命なのだ!!!
その様な自問自答を繰り返す。考えれば考えるほど、七尾の思考は闇の底に堕ちていった
「………そうか……そうだ…そうだよ…これは…幸斗は、私を試してるんだね…。
私の愛が本物か…試してるんだね…。そうだよね…そうに決まってるよね…。
彼は私のことが好きなのに…あんな泥棒猫とくっつくわけないもん…。
あっはははは…分かったよ、幸斗…私…やるから…。
あなたの望む、合格点を必ず出すから…頑張るから…待っててね…ふふふ…あっはははは…」
淀んだ瞳でそう呟くと、七尾はふらふらとした足取りで、家に帰っていた。



319 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:13:07 ID:gA0Krdgw
終業式の日になった。本当はこの日に幸斗に告白をするつもりだったけど、
もうそんなことはどうでもよくなった。
ただ単に、告白の日が、試練の日になっただけだから。
終業式が終わり、生徒達が教室に帰る中、七尾はまっすぐに美優の元に向った。
「美優さん。お話があるんですけど…」
七尾はそう言って、美優の手を引いて歩き出した。
「ちょ…ちょっとどうしたんですか!?」
「ここでは話しにくいので、付いてきてください」
美優の言葉を半ば無視して、七尾は体育館から少し離れたトイレに美優を招き入れた。
「あの…こんな所で、いったいなんの話があるんですか?」
「美優さん。あなた、幸斗と付き合ってるんですってね…」
七尾の唐突な質問に、美優は少し驚いた。
「えっ!えぇ…そうですけど…」
驚いた中にも、どこか嬉しそうに美優は答えた。
当然だ。お前は今、幸斗というこの世でもっとも崇高な人間と付き合っているのだ。
お前の様な、薄汚く、下劣で、下等な泥棒猫が付き合うにはもったいないぐらいに!!
でも大丈夫。今すぐ起こしてあげる。
お前が見ている幸せな夢から、本当の現実の世界に戻してあげる!!
「嘘……ですよね…?」
「はぁ…?」
七尾の言葉が理解できないらしく、美優は疑問の声を上げた。
「あなたが…幸斗と付き合ってるなんて…嘘なんですよね…?」
七尾は今度ははっきりと、美優に言った。
「なに言ってるんですか、七尾さん。私は彼から直接…」
凄まじい音が響いた。七尾が美優の言葉を遮る様に、美優を壁に強く押し付けたのだ。
「つ…な…なにするんですか!?七尾さん!?」
「ふざけたこと…抜かさないでくださいよ、美優さん…。
私…知ってるんですよ…。あなたが勝手に幸斗にくっついているだけだって…。
それで彼と付き合ってるだなんて…誇大妄想にも程があります…」
「こ…誇大妄想なんかじゃ…」
再び、美優の言葉を遮る様に、風を切る音が、美優の耳元で聞こえた。
見てみると、どこから取り出したのか、七尾の手には包丁が握られていた。
「ひっ…」
美優の口から悲鳴がこぼれ出た。
「もう一度…聞きますね…?あなたが幸斗と付き合ってるなんて……嘘……ですよね…」
ゆっくりと、平坦な声で、美優に語りかける。
「あ…あなたの方が、誇大妄想じゃ…」
風を切る音。再び壁に包丁を突き立てられた。
「ひっ…」
「私はそんなことを聞いてるんじゃないんですよ?
もし…また関係のないことをほざいたら…今度は…」
七尾はそう言うと、包丁を引き抜いた。包丁の切っ先は、美優の首に向けられていた。
もしも、意に適わないことを言えば殺す、と七尾は暗に言っていた。
美優は歯の根が合わず、ガチガチと歯を鳴らした。
「……は……はい…そう…です…わ…私は……う…嘘を…つ……吐いて…いました…」
美優が目に涙を溜めながら、途切れ途切れに言った。
「やっと正直に言ってくれましたね。それじゃあ、今言ったことを、
幸斗にも言ってくださいね」
包丁の切っ先は、未だに美優の首に向けられている。
「ひっ……わ…分かり…ました…。今日…放課後に……幸斗さんに……ちゃんと…言います……」
美優は、強制的に幸斗と別れざるを得なかった。
七尾は悲しみに沈んでいる美優に、淀んだ瞳を向けた。
その瞳には、勝利を確信した喜びだけではなく、狂気も含まれていた。



320 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:13:48 ID:gA0Krdgw
ホームルームが終わると、七尾は幸斗の教室に向った。
教室を覗いてみると、幸斗が机に突っ伏していた。
どうやら、雌猫はしっかりと言ったらしい。
本当は屠殺してやりたかったが、そんなことをしたら、身体があの雌猫の血で穢れてしまう。
身体が獣臭くなったら、きっと彼は嫌がるだろう。
私は今、試験を受けているんだ。合格点を出さなければ、私は捨てられる。
必死に考えて、出した答えが、これだ。きっと、彼も認めてくれるだろう。
もう一度、教室を覗いてみる。
幸斗は未だに机に突っ伏して動かない。
試験のためとはいえ、あんな雌猫に振られたのだ。心優しい彼は、傷付いているのだろう。
でも、大丈夫。今すぐにでもこの私が慰めてあげる。
あの雌猫も出来なかったことを全部してあげる。
七尾は教室の中に踏み込み、まっすぐに幸斗の元に向った。
「ぶざまねぇ~、幸斗」
まずはいつもの様に憎らしく声を掛ける。
「七尾さん…。今はしゃべりかけないでください…。すっごくへこんでるんで…」
顔を上げた幸斗は目の辺りを赤くしていた。
泣き顔の幸斗もすごくかわいい。今すぐにでも抱きしめて慰めたいが、我慢。
「数週間前まではあんなにへらへら気持ち悪いくらい笑ってたのに、
その落差を見ると、笑いが止まらないわね」
それにしても、よくもまぁこんなに思ってることと違うことが、
ペラペラと言えるのだろう?自分でも不思議に思った。
「まったく、いつまで泣いてんのよ。男でしょ、あんた」
もしかして、自分にはSっ気があるのだろうか。…どうしよう、少しぞくぞくする。
「だったら、少しぐらい慰めてくださいよ」
彼が…彼が私のことを必要としてくれている。あぁ…どうしよう…アソコが湿ってきた。
「慰めてほしいの?慰めてほしいんだ?そんな年して…。あっ…あっはははは…」
でも…まだ駄目…。後…後少しだけ我慢。
「いいわよ、慰めてあげるわ。私の家に来たら、好きなだけねぇ…」
そう、好きなだけ…あなたのことを愛してあげる。
「いや…いいです。もう少し、こうしています。心配してくれて感謝します」
彼はなにを遠慮する必要があるのだろう?
もしかして、まだあの雌猫のことを思っているのだろうか。
「あんたねぇ…。いつまで、あの女のこと引きずってんのよ!?
あの女はあんたのこと捨てたんでしょ!?だったらあんたもあの女のこと忘れなさいよ!」
だとしたら、全力でそれを断ち切らなければならない。
人間である幸斗が、あんなのとくっついちゃいけない。獣姦になってしまう。
「………」
幸斗は黙り込んでしまった。悩むことなんてないのに…。
確かに獣を慈しむのはいいことだけど、甘やかすと獣は付け上がるんだよ。
現に、幸斗は優しくしていた雌猫に引っ掻かれたじゃない。
やっぱり、私が教えてあげなきゃいけない…。
「あぁ~、もう!決めたわ!私、なにがなんでもあんたを慰めてあげるわ!来なさい!」
強硬手段だけど、幸斗を引っ張っていくことにした。実力行使だけど仕方がない。
教室の入り口まで引っ張っていくと、
「な…七尾さん。分かりました。一人で歩けますから。だから、手を離してください」
と、言ったのでしぶしぶ手を離した。
「まったく…分かればいいのよ」
本当はもっと手を握っていたかったのだが、まぁいいか…。
だってこれからもっといろいろ触るから…。



321 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:14:19 ID:gA0Krdgw
「お茶入れるから待ってなさい」
初めて幸斗を家の中に入れた。
幸斗の匂いと私の匂いが交じり合って、まるでセックスをしている様な気持ちになる。
あぉ…どうしよう、もうショーツもグショグショだ。
私は自分のアソコに手を…いけないいけない。またトリップしていた。
こんな所で失敗したら、それこそ今までやってきたことが水の泡になる。
気を取り直して、まず、淹れたての紅茶の中に、この日のために買ってきた睡眠薬を入れた。
底に沈殿しないように丹念にかき混ぜる。
…あぁ…私のアソコも幸斗のモノでめちゃくちゃにかき混ぜて欲しい。
私は握っていたマドラーを自分のアソコに…いけないいけない。
…なんだか、自分がだんだんアホの子になっている様な気がする。
実物がすぐ目の前にいるのだから、後少しなのだから耐えなければ…。
馬鹿なことをしすぎて、少し待たせてしまった。
紅茶を持っていくと、幸斗は俯いて黙っていた。
「あんたねぇ…まだ落ち込んでんの?しつこいと、誰にももてないわよ」
聞かなくても分かるのだが、とりあえず聞いてみる。
「いいですよ別に…。今年の夏は家で寝て過ごしますから…」
そう言って、幸斗は紅茶を啜った。
「美味しいかしら、それ?」
飲んだのを確認した七尾は幸斗に言った。
「えぇ…、美味し…」
幸斗はそこまで言うと、持っていたティーカップを滑り落とした。
「あら…、ずいぶんと早く効くのね」
まさかこんなに早く効くとは思わなかった。いい薬だな、と七尾は思った。
とりあえず、薬が効いて眠っている幸斗を引っ張り、ベットの上に乗せた。
万が一のため、逃げられない様に両手足を縛っておく。
これで準備完了だ。
「さぁ幸斗…いっぱい愛し合いましょ…」
七尾はそう言うと、自分の服を脱ぎ始めた。



322 :ヤンデレ×ツンデレ ◆AW8HpW0FVA [sage] :2009/04/22(水) 21:15:15 ID:gA0Krdgw
始めて見た幸斗のそれは、縮こまっていて、あまり大きくなかった。
「刺激を与えたら、大きくなるかしら…」
なけなしの性知識で、とりあえず幸斗のそれを扱き始めた。
少しすると、幸斗のそれは少しずつ硬くなり始め、
一分も扱くと、最初の時よりも遥かに大きくなっていた。
大きくなったそれを見ると、いろいろ試してみたくなり、
まず胸で挟んで扱いてみた。しばらくすると幸斗のものから知るが出始め、
それがぬちゃぬちゃと水っぽい音を立て始めた。
七尾は幸斗の先っぽから出てくる汁を舐めてみた。
独特な味がしたが、嫌いじゃない。むしろ、幸斗から出たものなのだから、もっと舐めたい。
そう思い、七尾は胸で扱くのから、手で扱くのに変えた。
「な…なにを…してる…んっ…ですか…」
しばらく扱いていると、幸斗が目を覚ました。
「なにって、見ての通り、慰めてあげてるんじゃない」
そう言って、七尾は止めることなく扱き続けた。
「や…止めて…ください…。こんな…度の…過ぎた悪ふざけは…」
この期に及んで、やっぱり彼は鈍いなぁ…。七尾は再びそのことを再認識した。
「あんたねぇ…、ここまでしてるってのに、まだ悪ふざけだって言ってるの?
まったく、あんたって本当に鈍感ね…あんたのことが…好きだからやってるのよ」
お仕置きとばかりに、扱く速さをあげた。
扱く速さをあげた直後、幸斗は我慢できなくなったのか、射精した。
幸斗から吐き出された精液が、七尾の身体に飛び掛る。
「あらあら、こんなにたくさん出して…。そんなに溜まってたのかしら?」
そう言って、手に付いた精液を丁寧に舐めた。なんとも言えない味が口の中に広がる。
「そんな、この学校に好きな人はいないって言ってたじゃないですか!」
彼は私の言ったことを信じていた様だ。正直なのはいいことだけど、
やっぱり正直すぎるのもどうか、と思った。
「あんなの嘘に決まってるじゃない。私はあんたのことが好きだったのよ。
私のことを助けてくれた時から…ずっとね」
「でも…いくらなんでも別れてすぐにこんなことをするなん…うぐっ…」
幸斗が、またあの雌猫のことを言い出そうとしたので、七尾は抱きしめてそれを遮った。
「あの女のことはどうでもいいの。私はあの女の様に途中であんたのことを見捨てたりしない。
あんたのためだったら、どんなに恥ずかしいことだってしてあげるから、
あんたの気に入らない所、全部直すから、だから…だからお願い…。私のこと…抱いて…」
やっと自分の言いたいことが全部言えた。幸斗に自分の思いを全部伝えることができた。
そう思うと、七尾は自分の目から涙が流れていることに気付いた。
幸斗が苦しそうだったので、少し離れてあげると、
「ありがとう…。僕も…あなたのことが…好きです…。今まで気付かなくて…ごめん…なさい…」
と、言ってくれた。
七尾は嬉しくなって、再び幸斗を抱きしめた。
その後、七尾は幸斗の縛めを解くと、幸斗に押し倒された。
胸を吸われ、揉まれ、アソコを舐められ、最後に処女を捧げることもできた。
少し痛かったけど、最後はとても気持ちよかった。
今、幸斗は私の隣で疲れて眠ってしまっている。
私は、幸斗の唇にキスをした。


ねぇ幸斗。私、合格よね。合格したんだよね。
合格したから、これからずっと一緒にいてもいいんだよね。
私、もう幸斗から離れないよ。だから、幸斗も私から離れないでね。
もし、幸斗が私のこと嫌いになったら、私…死んじゃうから…。
だから、ずっと一緒にいようね。死が二人を分かつまで、ずっと…ずっと…ずっと…。