※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

668 :幼なじみ・フライング・アタック その数年目 [sage] :2009/07/09(木) 19:18:41 ID:kpYAIG/w
がらっ
「お兄ちゃん!」
「のふっ!なら、俺もお前のベッドに突っ込んでやる!行っけーーーーーーーー!」
ドサッ
「ゲボハッ!布団ダイブがこれほど危険なものだったとは……。……お前の布団、良い匂いがするな」
「そっそう!?恥ずかしいよ~キャッ!」
「こういうことになるくらい覚悟出来てんだろな」
「こ、心の準備がアンッ!」
ふにふに
「乳首おっ起てやがって。毎朝こんなに興奮してたのか?」
「だって、一晩中お兄ちゃんのこと考えてたら、切なくなっちゃうんだもん」
「じゃあ、こっちの準備も出来てんだな」
ズチャ
「ひゃあんっ!あっん……うんん、はっはっあぁ~ん!」

「夕日が綺麗だな」
「うん。今日のこと、忘れないよ。恋人になれた記念日だもんね」
「は?何言ってんだよ。俺は据え膳食っただけだぞ」
「え?」

その時、俺の目に写ったのは、夕日を反射して煌めくカミソリと、その光に照らされて赤くなったあいつの顔だった。

~ヤンデレが産まれた瞬間〈とき〉~