※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

427 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 04:52:43 ID:Hg6QrM4A
――――――――――――-


「…ッ」

ここ…は?俺…なんで椅子に座ってんだ?

確か、メイちゃんからのメール見て…それから…
…メール見て…どうだったけな?さっぱり記憶が無い

とりあえず立ち上がらないと…

―ギチッ

両手両足に違和感、これは…椅子に縛られているぞ…

気を失って、目を覚ましたら
椅子に針金で手足を縛られて身動きが取れない…ってか
なんともマヌケな…

手足の針金がしっかりと何重にも括ってあるのを見る限り、
コレをした犯人は、よほど俺が嫌いらしい

とりあえず現状確認を実行

スグ近くに、工事で使うような照明が、俺を照らすように1つ置いてある
周りの様子は殺風景…天井が在るな、建物内ということか…
恐らく建設中のビルか何かだな…
建設中にしては汚いな、あちこちにゴミが散乱している
外の様子は…オレンジ色の空、まだ夕方ということか…
今のところは解るのはコレ位か…な?

えーと…あとは・・・えーと…えー・・・

いかん…、思考がハッキリせんぞ…あーが頭イタイ

「ううう…」

痛いぞ…唸ってしまう位に頭が痛い
恐らく鈍器で死なない程度に一発、頭に貰ったらしい…
いかん頭がズキズキしてきた…

「あ!おはヨ、タロキチ目が覚めた?元気?…って、そんな訳無いか」

後ろから、声がした
俺をこの状況に陥れた犯人だな…
しかし、犯人は俺の知っている人にそっくりな声だなぁ…ははは…はぁ



428 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 04:54:13 ID:Hg6QrM4A

俺の目の前に犯人が回りこんでくる
犯人の顔が照明に照らされて誰なのかが解る…解りたくないが

「メイちゃん…か」
「あれ?私じゃないと思った?」
「いや…でも」
「こんな事をするとは思わなかった?」

正直に言うと『俺にこういうのが、来るとは思わなかった』なんだが…
この際何だっていいだろう…もう事は起きてしまったのだから

目の前のメイちゃんの見た目こそ表情は穏やかだが
穏やかな表情の奥にはメイちゃんの内側からの、黒いモノを感じる

「タロキチは…
 私が兄さんを好きなのは解ってたみたいだけれど、
 私が『どれだけ』兄さんを好きなのかは知らなかった?
 考えもしなかった?」
「…考える価値すらねぇな」

メイちゃんの動きが一瞬止まる

―バシィィィッ!!

メイちゃんが力一杯、俺の頬を叩いた
乾いた音が、周囲に響き渡る

痛ッってぇえええ!!!! だが、声には出さないで、やせ我慢…
あー…今ので少しは、目が覚めた…意識がハッキリしたが…頭痛い



429 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 04:55:33 ID:Hg6QrM4A

「…価値がない?どういう事?」
「そのまんまの意味だ」
「この状況で、そんな事が言えるなんてね…言葉に気をつけた方がイイと思うよ」
「うるせーよバカ」

―バシィィィッ!!

2発目、さっきとは反対側の頬、もちろんフルパワーで
痛てぇ…顔が腫れてきやがった、でも折れない
挑発して、本音と狙いを聞き出せればいいのだが…
危険な賭けではあるが

「兄さんから聞いたよ、アヤちゃんと付き合ってるって…
 でも、いつもの兄さんなら、女の子に告白なんか…出来やしないのに
 兄さんはアヤちゃんに告白してしまった!」
「…なんでだろうな?」

―バシィィッ!!

3発目…
クソッたれ…痛てぇ…

「…本気で言ってる?そんな事ないよね?タロキチがコレに一枚噛んでるのは
 知ってるよ。兄さんが何故告白する気になったのか、何故告白を決心したのか
 全部…全部タロキチの所為…兄さんがアヤちゃんの事を好きと思い込ませて
 背中を押して告白させたりなんてするからッ!!」
「…俺は思い込ませてなんか」
「うるさいッ!!」

―バシィィッ!!

4発目か…1番力が入ってた気がする
なるほね…俺の行動は筒抜けだったワケか
俺がこうなったワケが大体理解出来た



430 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 04:56:59 ID:Hg6QrM4A
「このままでは、兄さんが…兄さんが…私から離れてしまう、
 私の居場所が…兄さんの傍に居ていいのは私だけなのに…奪われてしまった 
 私は…私は…そんなの耐えられない、いいえ耐える必要なんてない
 奪われたなら奪い返せばイイだけの事、簡単なこと
 奪い返すついでに、邪魔モノを駆除しなくちゃ…わるい虫は駆除しないと、フフ」
「…」

おいおい、ヤバイぞこれはヤバイぞ…
頑張ったら説得出来るか…な?
 
「…メイちゃん」
「何?」
「アツシは兄で、メイちゃんは妹だ…」
「だから?私は兄さんが好き、それだけの事!法律なんて関係ない
 私はタダ兄さんが好きなの、コノ思いは誰にも邪魔させない!
 タロキチ…次、変な事言ったらいい加減……」

もはや説得が出来る状態では、無いようだ…

しかし、俺をココまで椅子に固定する必要はあるのか?
俺に文句言うだけなら…ココまでする必要は無いハズ
一体何故だ?

「あ、もうこんな時間…はやく家に帰らないと、アイツを始末出来なくなる
 待っててね兄さん、兄さんには私しか居ないって教えてあげるから…
 タロキチにも邪魔されないようにしたし…
 じゃあね…タロキチ、全部片付いたら迎えに来るからね」
「ちょっと、待て!!メイちゃん!」

椅子に固定した理由は、邪魔されたくないからか…

俺の呼びかけをヨソに、足早にメイちゃんが去っていく
俺は、その背中を見つめるだけ

クソッ…俺の軽はずみな行動、俺の自己満足な行動の結果がコレか…



431 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 04:57:51 ID:Hg6QrM4A

ココで、事の成り行きを唯待つしか出来ないのか…

はぁぁぁ…

…いや、まだ俺は諦めん!何とかしなければ!!
とりあえず、ココから脱出しないと

「うおおおおおおお!!!」

雄たけびを上げて思い切り力任せに椅子から脱出を試みる
 
「ぬぅああああああああ!!」

何としても、アツシを、メイちゃんを、アヤちゃんを助けるんだ!!

俺は何度も何度も椅子からの脱出を試みた
針金から抜けれないなら、椅子自体を壊せば!
この椅子は木製だな…やってやれないことはない!!

―バキッ

1時間程格闘した後
ついに椅子の肘掛の左側が折れた、よしコレで左手が自由になった
早速右腕、両足の針金を外せるぞ

よし!コレで!!…針金は意外と簡単に外すことが出来た
ん?ふと目をやった折れた左の肘掛は
折れたにしては断面が半分ほど
まるでノコギリで、途中まで切ったような断面だ

予め折れ易くしておいたのか…何故?

左腕の針金を外し肘掛の破片を、置いて…あ、何か書いてあるぞ
この文字はメイちゃんの文字だな、何て書いてあるんだろうか…



432 :題名のない長編その五 第6話:2009/08/13(木) 05:01:27 ID:Hg6QrM4A

『今、コレを読んでるって事は、
 私が…酷い事しちゃったんだよね
 先に謝っとく、タロキチゴメンね
 私が正気を失って凶行へ走る前に
 まだ私の理性がある内に
 我侭だけど

 タロキチ お願い
 
 助けて 

 私と兄さんとアヤちゃんを』

そうか、お願いか…コレは、まだ可能性はあるって事だよな?
こんなお願いなら、いくらでも聞いてやるよ!
待ってろよ!!急げ俺!!アツシの家へ!!

俺は長時間座っていて固まっていた足の筋肉を軽く伸ばし
アツシの家へ向かうべく建物の外へと飛び出した