※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

384 :名無しさん@ピンキー [sage] :2009/08/11(火) 01:52:13 ID:5yK1CkM4
今日は冬美が俺の家に遊びにきた。
リビングに入るなり座り込んで、床に敷いてあるカーペットをなでまわす冬美。
「うわー、ここで裕貴くんはテレビを観たり、音楽を聴いたり、ご飯を食べたりしてるんだね?なんか感動しちゃう!」
この前、来たときも同じ事を言ってたよな。まぁいいんだが。
冬美は立ち上がると薄型のテレビに近付き、テレビの角をつんつんと指でつつく。
「もー、毎日裕貴に見つめられてて羨ましいぞー!がおー!」
これもこの前言ってたよね。うん。がおー、て。
「ね、ね。裕貴くん裕貴くん!」
「ん?なんだよ?」
「うにゅにゅー」と妙な声を出しながら俺に抱きつく冬美。ついで鎖骨に舌を這わせてくる。
「こ…、これが伝説の裕貴エキス…」
「やっすい伝説だな、おい」
「なんという謙遜!そんな日本人的なところも好きだーーー!そしてベッドチェック!」
言い終わるより早く、冬美は隣の部屋に駆け出し、―――転んで床に鼻チューをかます。
「おっ、おい、大丈夫かよ?」
ガバッと身体を起こし、ニヤ~っと笑う冬美。やけに嬉しそうだ。
「んふふ。私が心配で心配で仕方ないみたいだね。んふふふふ」
ある意味な。
冬美はベッドのある隣の部屋に入ると、枕元を凝視する。虫眼鏡で。
「うむむむむ……」
枕の匂いを嗅いだり舐めたり話し掛けたり、マットの柔らかさを確認する為に飛び乗ったり、掛け布団を脚で挟んだり。
もう良いだろうと俺は冬美に言葉を投げる。
「で、採点結果は?」
「うん!さすが私だけの裕貴!満点だよ!お姉ちゃんへの愛が感じられました!」
そうです。これがうちの実姉です。