※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

403 :名無しさん@ピンキー [sage] :2009/08/12(水) 03:59:22 ID:xaTSpVS1
ボニー&クライド型、ヤンデレ率薄、男視点
2レス使います

車に転がり込むと、即座にキーを回し、エンジンをかけた。
まだ昼の2時をまわったばかりで、車の中は夏の日差しで焼けつくようだ。
舌打ちをしながら、「タダで」手に入れたビールを手にした。
「アレ」はもう三途の川に着いた頃だろうか。
「酒飲んでる暇があったら早く車だしてよ。」
いつの間にか助手席に乗り込んだ相棒の女が呟く。
「この辺のおせっかいが通報するかもしれないんだからさ。あと・・・」
何だか文句をつけているが、これには俺にも言い分がある。
車を発進させながら言い返した。
「まてよ。通報されんのはお前がまた突然ぶっぱなしたからだろうが。
手を触っただの触られただのって。そんなんで銃振り回す奴がいるか。」
そう言ってもう一度ビールに左手を伸ばす。
国道をそれた田舎の街道は、通る車はおろか人すら見当たらない。
畑は無く、草原が続いている。建物といえば先ほどの雑貨屋だ。
見飽きた風景と蒸し暑さで、のどが無性に渇いてしまう。
が、缶を握ろうとした瞬間、ヌルっとした感触が手の甲に広がった。
チラと見ると、伸ばした手には白いゲル状の液体がかかっている。


404 :名無しさん@ピンキー [sage] :2009/08/12(水) 04:04:18 ID:xaTSpVS1
あらら、下げ忘れてたかも。ゴメンね。>>403の続きで終わり

「なにすんだよ。」
この状況は初めてではない。だから次の展開も予想はつくが、一応抗議した。
「黙っててよ。あんたの手、洗ってるんだから。」
遮った女の声は妙に緊迫していた。
どうやら、女が俺の手に「タダ」石鹸をかけたらしい。
いつものことだ。もう慣れた。
女はミネラルウォーターを俺の左手にかけてよく泡立てた。
血どころか汚れさえついていない手を、女は何か呟きながら真剣に洗っている。
いつも通りの虚ろな目だが、どこか爛々としている。
「あのババァが触りやがった。畜生。缶なんか触らせるもんか。畜生。
汚い手で飲ませられるか。畜生。」
女が手を洗う間は、カーステさえ操作できない。
抜けたような青空だが、車内の空気はやたらと重い。

やがて、手を洗い終わると、女は俺の手に唾を垂らす。ニッと笑った。
「終わった。これでいいよ。“あんたとあたしの”手はもう大丈夫。」
唾で台無しだが、嬉しそうなので文句はつけない。
そうして、既に諦めた俺はいつもこうして話題を変える。
「ありがとな。それで、いくらだった?」
次は、他の女と抱き合ってみるか。
ニヤニヤしている女の顔を横目にビールを飲む。
いつのまにか、向こうには積乱雲が見えていた。