※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

875 :キレた人々 :2009/11/18(水) 00:50:08 ID:ZQE6TSNe
「キミとボクは似ているね」
高校の入学式が終わった後の教室。
あいつから最初に言われたのはそんな言葉だった。
「本当に、キミとは仲良くなれそうだ。今後ともよろしく」
あいつは握手の為か手を差し出した。
俺はあいつの手を握り返すことなく、形だけで返した。
「よろしく」
思えばその時からだったのかもしれない。
すでに壊れてしまった俺の日常が、完膚なきまでに破壊されたのは。


876 :キレた人々 :2009/11/18(水) 01:09:44 ID:ZQE6TSNe
とある秋の日の土曜日。
ゆとり教育世代の俺は、行きつけの市民図書館で適当に本をあさっていた。
あ行から順に、人気どころで芥川なんかを意味もなく読みふけって。
とりあえず、暇つぶし位にはなりそうな厚さの本を見つけ、何時も座って
いる席に移動する。
窓際の日当たりの良い場所なのだが、すでに先客がいた。
「やあ、奇遇だね。こんなところで会うなんて」
黒髪のショートカット。整った顔立ちにスレンダーな体。
さらにボーイッシュな服装のせいで近くに来ないと少年と間違われそうな
美少女。
名前を如月神無(きさらぎ かんな)という。
「おや、芥川かい?ボクもけっこう読んだよ。ボクは羅生門が隙かな」
聞いてもないことをつらつらと述べる。
「内容はどうでもいい。暇さえ潰せればそれで」
こいつがいると静かな休日を過ごせない。
俺は踵を返して貸し出しカウンターに本を持っていった。



877 :キレた人々 :2009/11/18(水) 01:26:32 ID:ZQE6TSNe
「つれないなぁ。キミとボクの仲じゃないか」
一体どういう仲なんだ。
「やあなぁ、キミとボクは同類じゃないか。同じ人間失格だろうに。
おっと、これは太宰だったね」
どうでもいい訂正だ。
しかし人間失格は言いえて妙だな。そこは肯定してもいい。
人間失格。頭のキレたイカレ野郎。
念じるだけで物を浮かせたり、思考が読めたり、透視が出来たり。
そんな領域の俺達は、もう人間じゃないんだろう。

俺は、俗に言う超能力者。頭の壊れた、人間失格。