※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

183 :相反する2人 [sage] :2009/12/02(水) 23:24:06 ID:mF+T5XD6
5月になった。
約束の日か・・・。 さーて、一体何を頼まれるのだろうか。

奈々枝には、メシだけではなく家事も世話になっている。
なんつーかなぁ。 アイツには、頭が上がんないね。
よし、地獄の宿題でもなんでも来い。
おじさんがんばっちゃうよ~。
と、アホな事を考えていると、奈々枝が部屋にやって来た。

「また、ボーっとしている。 早くご飯食べて学校行こーよ。」
「うぃ。」

奈々枝は、約束のことを一切口にはしなかった。 部活は、何に入る?などや晩ご飯何がいい?など。

もしかして言いにくいのかなと思って登校中に聞いてみた。「あのな・・・。」 「うん?」
その時、曲がり角から声が聞こえてきた。

「これは、試練だ。 不細工に負けてはならぬという試練と俺は受け取った。
えっ、お前もそう思うだろう? 天宮 奈々枝。」
「やかましいわ。」何だか、失礼なことを言われたので右ストレートをお見舞いしてやった。
「痛いじゃないか。ほんのちょっとした挨拶ジャマイカ。」
うるせー。人が結構気にしてることを言いやがって。
「それは、悪かった。悪気があって言ったんだ。許してくれ。」
尚更、ムカつくわ。




184 :相反する2人 [sage] :2009/12/02(水) 23:28:44 ID:mF+T5XD6
こいつは、保坂 一(ほさか はじめ) 成績優秀、スポーツ万能、髪が長ければボーイッシュな美人にも見えないことはないぐらい顔は整っている。
「保坂君、 おはよー」
「天宮さん。O・HA・YO!」
言動は、おかしいがルックスがかなりいいから、女子のファンは非常に多い。
非公認のファンクラブが出来ているぐらいだからな。

昼食中に俺ら三人で一緒にいたとき周りの奴らが「うわぁ、あの2人絵になるね。」 「うん、美男美女だね。」

という感じで、噂が噂を呼び、わずか1ヶ月たらすでベストカップルに認定された。

俺が奈々枝と2人でメシを食っていたときは、あの2人がカップル?ありえん(笑)とか言われてたのに。

やっぱり、人間は顔ですか。そうですか。
まぁ、保坂はバカだけどいい奴だしな。
俺から見ても2人はお似合いだし、良いんじゃないかなとは思っている。
俺は、奈々枝とは釣り合わないしね。
そして、俺は2人の邪魔にならように距離をとって歩く。

人の恋を邪魔して馬に蹴られる予定は、俺の人生スケジュール表には入っていないんでね。

少し、2人から距離を取りつつ、部活何に入ろうかなぁと考えながら歩いた。
奈々枝が、おれの方を見ていたような気がするが、俺の自意識過剰だろう。