※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

912 :相反する2人 3話 [sage] :2009/11/20(金) 00:27:20 ID:i9ytejrS
入学式から三週間がたち、やっと学校生活にも慣れてきたころだ。

高校生活が始まると同時に、両親が長期出張に行ってしまい、自炊はどうしようと考えていたが、奈々枝が「ボクが朝昼晩ご飯を作ってあげるよ!」と言ってくれた。

気持ちはありがたいのだが、幼馴染みだからといって、さすがにそこまで世話になるのは申し訳ない。
「いや、さすがに奈々枝も毎日メシ作るのは、大変じゃないか? 俺のことは、気にしなくていいぞ。」 遠まわしにやんわりと断ったつもりが、
「・・・ボクが作ったご飯、食べるの嫌?」
涙目の上目遣いで今にも、泣きそうな声で俺に問い掛けてきた。



913 :相反する2人 3話 [sage] :2009/11/20(金) 00:28:59 ID:i9ytejrS
考えてみてもらいたい。
道のド真ん中で、超絶美少女と見た目がよろしくない男がいて、男の方が、女の子を泣かしているように見えたら・・・

考えたくもないな。
奈々枝を泣かした後の惨劇なんて、容易に想像出来る。
・・・仕方ない。
「わかった。メシのほうは、お願いしてもいいか。」 「う、うん!! ボクに任せておきなよ!」

「でも、1つだけ条件がある。」


914 :相反する2人 3話 [sage] :2009/11/20(金) 00:33:19 ID:i9ytejrS
「条件?」 「あぁ、毎日メシを作って貰うのは、悪いから1ヶ月に一回だけ、俺が出来る範囲で、どんな雑用もしてやるよ。」
「・・・、それ、ホント?」 「あぁ、宿題だろうが、掃除だろうが、何でもござれだ。」
「・・・今の言葉に嘘はないよね。」

なんで、そんなに疑り深いんだ? コレぐらい当然だろう。 「あぁ、嘘はないよ。」
そう言うと、先ほどまで泣きそうだったのが、今はすっかり元気になってやがる。
・・・これは、1ヶ月後が末恐ろしいな。

まぁ、でも途中で諦めるだろう。 俺なんかのメシを毎日作るのは、苦痛だろう。

それよりは、好きな男に弁当とかを作ってやるのがいいと思うな。

俺みたいな男にこんな優しくしてくれるのは、やはり昔のことを気にしているのかな…。

だとすれば、あんまり無理はしないで欲しい。


915 :相反する2人 3話 [sage] :2009/11/20(金) 00:34:21 ID:i9ytejrS
昔のことは、気にしなくていいし、俺と朝昼晩ずっと一緒にいるのも苦痛じゃないかな。

まぁ、途中で奈々枝が諦めても、家の近くにある奈々枝の好きな「甘味堂」で好きなだけ、デザートを食べさせよう。

・・・今のうちに、自炊を覚えておくかな。



916 :相反する2人 3話 [sage] :2009/11/20(金) 00:36:31 ID:i9ytejrS
しかし、俺の認識は、甘かった。

奈々枝は、1日も手を抜くことはなく、宣言通りに、毎日メシを作りにきてくれているのだ。

しかも、味は格別、種類が豊富、体に良いものなど、工夫して作ってきてくれている。

・・・ここまでしてくれるのは、予想外だったな。
多分、ゴールデンウィークにある宿題のためだろう。

噂では、うちの学校のゴールデンウィークに出てくる宿題の量が途轍もなく多いらしい。

まぁ、いいだろう。
毎日、こんなに上手いメシを作ってくれているんだ。

頑張るしかないか。

ハァ、やれやれだぜ。